第73回「心に咲く花会」「心の灯台」〜 いつでも、どこでも 同じ

第73回「心に咲く花会」

「心の灯台」〜 いつでも、どこでも 同じ

今日は、国立病院機構沼田病院での 2020年 最初の「内村鑑三記念 メデイカルカフェ・沼田 2020年」に赴く(添付)。これは、「心の灯台:内村鑑三」を記念した「がん哲学外来」である。『「内村鑑三を敬愛する病理学者:がん学を専門とし、医療の「隙間」を埋めるために「偉大なるお節介」を信条として初めて「がん哲学外来」を開設。」とチラシには、心温かく 紹介されている。本当に勇気付けられる。 筆者の講演、講義、授業「がん哲学」の「理念」は、『「個性と多様性」〜「病気であって、病人でない」〜』であり、「目的」&「概要」&「目標」は、いつでも、どこでも 同じ であり、下記の如くである。

【目的】

「がん」研究の目的は、「人のからだに 巣食った がん細胞に介入して、その人の死期を 再び未確定の彼方に追いやり、死を忘却させる方法を 成就すること」である。「適時診断 と 的確治療」の実現である。「がん改革元年」と呼ばれた2007年の「がん対策基本法」施行を機に、国のがん対策が加速した。2017年には第3期がん対策推進基本計画が制定され、さらなる改革が進められる。がん治療にあたって、より患者の視点に寄り添うことが求められる。「がん」の根幹を追求し、俯瞰的に 物事を総合的に 見られるようにする ことを目的とする。

【概要】

「がん」の根幹を追求しようとする「the study of the diseased tissues」を機軸とする。「がん」の本態が遺伝子レベルで具体的に考えられるようになり、21世紀は、がん学にとってエキサイティングな時代の到来である。 「潜在的な需要の発掘」と「問題の設定」を提示し、「がん学に新鮮なインパクト」を与え、ダイナミックな 魅力ある「がん学の環境」を作らねばならない。これらを通して 実践的な「がん哲学」の涵養を図る。

【目標】

1.世界の動向を見極めつつ 歴史を通して 今を見通せるようになる。

2.俯瞰的に「がん」の理を理解し「理念を持って現実に向かい、現実の中に理念」を問う人材となる。

3.複眼の思考を持ち、視野狭窄にならず、教養を深め、時代を読む「具眼の士」の種蒔く人材となる。 これが、2020年 新年にあたっての 普遍性の原点回帰である。

第71回『一億本の向日葵』~教室の机でいのちを考える~

第71回『一億本の向日葵』

~教室の机でいのちを考える~

今後、学校の教育現場で子供たちががんについて学ぶ“がん教育”が始まっていきます。現在は試験的にパイロット校での授業が行われている段階の地域が多いのですが、2人に1人ががんになる時代の今、子供の頃からがんという病についての正しい知識を学び、がん患者さんとの共生を考える機会の重要性が国から示され、段階的に小、中、高の学校で導入されていきます。

来月の2月には樋野先生によるがん教育の本『がん哲学のレッスン〈教室でいのちと向きあう〉』が発売されます(添付)。顕微鏡を通してがん細胞と向き合い続け、患者さんやご家族と対話や交流を重ねられてきた樋野先生が子供たちに伝えたいことはどのようなことなのでしょう。私も発売を心待ちにしております!昨日、昨年の長野県のがん教育パイロット校(小学校)を担当された先生とお話する機会がありました。一昨年の長野県がん教育研修会での発表時に初めてお見掛けしたのですが、想いを込めてお話しされている姿がとても印象的な先生でした。「齋藤さんたちは、なぜそんなにがん教育に一生懸命になって下さるんですか?」お茶を飲みながら、ふと先生から投げかけられた質問に、私はがん教育の可能性を見た気がしました。どんなにがん教育が進んでも、またどんなに願っても、すべての子供たちが将来がんにならないとは限りません。授業をしている先生や子供たちの親も、がんになる可能性は決してゼロではありません。そう考えた時に、がんを前にして、命を前にして、私たちはみんな平等だなと思うのです。私はなぜ生きているのか、私の価値は?というような哲学的な問い、スピリチュアルペインのような問いを、自分の命や誰かの命のことを教室の机の上に置いた時、答えを持ち合わせている人は誰もいません。だからこそ誰もが先生、誰もが生徒になり得るのです。年齢に関係なく、私たちには感じる力、考える力が備わっています。自分の命について、誰かの命について、自分の頭で感じ、考えることは、その人のしっかりとした幹を育てるのだと思います。樋野先生がお話しされる「曖昧なことは曖昧に考えるのが科学」や「わからない」という返答に愛が存在する、そのような答え合わせのできない問いが学校内にあることも大切ではないかと思うのです。

樋野先生がお声をかけて下さり、新刊に私の体験談を書かせて頂きました。名古屋のシャチホコ記念メディカルカフェの彦田加かな子さんとご長男の英和さんも体験談を書かれています!自分の体験を振り返り、それが誰かのもとに届くというとても貴重な経験の機会を下さった樋野先生に心から感謝しております。春から初夏の間に、長野県の松本で出版記念講演会&交流会を企画したいと思います。詳細が決まりましたら、ご案内させて頂きます。奮ってご参加くださいませ!

ひまわり担当🌻齋藤智恵美

メディカル・カフェ最新情報♪

2020年1・2月メディカル・カフェ最新情報♪

お気軽にお近くのメディカル・カフェにお立ち寄り下さいませ(*^▽^*)

佐久ひとときカフェ

軽井沢あうんの家

八ヶ岳メディカル・カフェ

松本がん哲学みずたまカフェ

第70回『一億本の向日葵』~ひとりの願いと喜び~

第70回『一億本の向日葵』

~ひとりの願いと喜び~

明けましておめでとうございます。私の住む長野県松本市はお天道様がニコニコと顔を出しているような穏やかな年明けとなりました。毎年初詣で訪れる四柱神社で、ペチャっとした顔立ちと毛を生やしたほっぺたがとってもかわいい「松本だるま」を購入しました。ここ数年ずっと見守ってもらっています。皆さまはどんな新年を迎えられましたか?

 新しい年を迎えると意識しなくてもどんな年にしようかな・・どんな年になるかな・・とこれからの一年に思いを馳せますが、病を受取った後は、今までのように当たり前の未来に思いを馳せない自分を体験しました。当然続いていくものだと思っていたこの先の時間が、そもそも保障などされていない時間であることを目の当たりにして、自分の中に変化が起こったのだと思います。私は「道半ばで・・」という、今後完成されることがないという意味を含んだこのフレーズを耳にするたびに「本当に道半ばだったのか。その時点で完成され続けていたと考えることはできないものか。」と考えるようになりました。では、今の私が理想や願いを抱かないかというとそうでもありません。理想も願いも持っています。個人の理想も願いも、社会の理想も願いも、元を辿っていけば一人一人が幸せに健やかに今を生きるためのもので、それを測る量や長さ、形により具体的で個別的なものになるのだと気が付いた時、今の自分と理想や願いの中にいる自分がイコールであるように感じました。それはたとえ自分がこの世を去り、次の世代へと命を引き継いだ後だったとしてもです。一人一人の人が何に心を動かされ、何を喜びや幸せだと感じるのか。たとえ家族であっても、それは本人にしかわかりません。自分の幸せや喜びを感じ、表現すること。それはイコールで繋がった少し先を生きる願いの中の自分への贈り物です。そして、その贈り物は自分の周りにいる人への贈り物でもあり、私たちが誰かに与えられるのは、物や時間だけではなく、自分の存在そのものでもあるのです。

樋野先生が描く「樋野動物園」の理念は、個性と多様性。他者との比較を超えた一人一人の喜びは個性豊かであり、その豊かな個性が集まり、多様性に富んだ「樋野動物園」が、これからの社会の縮図になるではないかと思います。パンダ担当である私も樋野動物園の一員として、無邪気に喜んで 小さなことに 大きな愛を込めていきたいと思います。

 これからもかけがえのない一人一人の喜びや願いが込められた言葉に出会えますように。

ひまわり担当🌻齋藤智恵美

第72回「心に咲く花会」存在意義 〜 人類共通の重要性の確認~

第72回「心に咲く花会」

存在意義 〜 人類共通の重要性の確認~

2020年 Happy New Year ! 

年末・年始は  wife と アメリカのミシガン州の Grand Rapids ―> マサチューセッツ州の South Hamilton に住む 娘達の所で過ごしている。South Hamilton は雪も降り、今年の東京に比して 寒いであろう。 娘の 一生懸命な育児の姿と、wifeの真摯な手伝い には、大いなる学びとなり、心が癒される。「目白がん哲学外来カフェ」代表の森 尚子氏(ゴリラ🦍)から、新渡戸稲造の「見る人の こころごころに任せおきて 高嶺に澄める 秋の夜の月」の短歌と「賀正」が送られて来た(添付)。大いに感動した。年上の孫達は、テレビで パンダ🐼を見て、楽しんでいた。「樋野動物園」の(ゴリラ🦍)と パンダ🐼(齋藤 智恵美 氏)の存在意義の人類共通の重要性の確認の時である。

ハーモニー・ライン(家族性大腸腺腫症患者・家族・支援者の会)代表の方から、講演依頼のメールを頂いた。『順天堂大学名誉教授の樋野興夫先生に 講演「個性と多様性」していただきます。 がん患者や 家族が、病院の外で 医師と話せる場の必要性を痛感し、誰でも自由にきて 自由に帰れる 何でも話せる場として がん哲学「外来」を創設(2008 年)。対話や「言葉の処方箋」を通して 患者や家族を支援する個人面接や講演を精力的に続けている。― 私自身先生の「人生茨の道、されど宴会」という言葉に励まされた 一人です。― 他にも「病気であって、病人でない」など、様々な言葉で 患者に寄り添い、絶望的な気持ちを 前向きの積極的な気持ち(行動)に変える 大きな力があります。もちろん私も皆さんも 毎日の生活の中で様々な悩みに出会うと思います。』と紹介されていた。まさに、「病気(がん、遺伝病)も単なる個性である」の実践であろう。

第69回『一億本の向日葵』~今年の目標と歩み~

第69回『一億本の向日葵』

~今年の目標と歩み~

今年一番初めの「一億本の向日葵」で私は今年の目標を書きました。目標といっても“これを達成したい”というゴールを設定したわけではなく、“自分だけ、という例外を外す”という何とも掴みにくい目標を掲げました。私は今までに誰かの笑顔に励まされた、元気をもらった、喜びをもらったという経験が幾度もありました。その笑顔はコミュニケーションのためのものではなく、その人の喜びに由来したものであり、湧き出るエネルギーを伴うものです。例え、その人のことが苦手だったとしても、通りすがりの人が一人思い出し笑いをしていても、その笑顔は私の気持ちを嬉しくさせました。では、自分の喜びの笑顔はどうなのか。この問いかけにより、私は自分を例外にしていることに気が付いたのです。自分の笑顔が誰かを励ましたり、元気づけたり、喜びを与えることなんて本当にあるのかと疑っていたのです。皆さんはいかがでしょうか?自分の喜びや笑顔が、誰かの喜びになっていることに気付いていますか?だからこそ今年は「私の喜びや笑顔も、必ず誰かに喜びを与えている!」と、“自分だけ”という例外を外すことにチャレンジしたのです。喜びに包まれること、たくさん笑うこと、楽しむことを今までよりももっと大切にしました。最初は自分の喜びを知ることでさえ、練習が必要でしたし、鬱々とした気分の自分をどんな風に励ましたり、喜ばせたりできるか、まるでゲームのようでした。喜びには大げさな仕掛けが必要なわけではなく、時には自分を責める気持ちを解消するだけでも元気が湧いてきました。自分が心や頭の中で自分に対してどんな声をかけているのか。否定的なものが多くなっていたりするとどんどん喜びを感じにくくなることにも気が付きました。自分の声がけが自分を傷付けていることもたくさんあることも知り、周りの人を大事に思うように、自分も大事に思っていいというところにも気づきがありました。そして、今年は昨年よりももっとたくさんの人に助けてもらいながら、毎月の松本がん哲学みずたまカフェ、8月の映画上映会&シンポジウム、リレー・フォー・ライフ・ジャパン信州まつもとの活動に取り組みました。時に迷惑や心配をかけながら、笑って泣いて、励まし励まされ、私と一緒に歩んでくださった皆さん。一人一人の方の変化や笑顔にどれだけ喜びをもらったかわかりません。私の苦手な部分や足らない部分を助けてもらい、感謝の気持ちが湧き上がることも、それを伝えることも増えました。「ありがとうございます」この言葉を伝える機会は喜びそのものでした。この一年を振り返ると、私がうれしい時、周りにはたくさんの笑顔がありました。誰かがうれしい時、私も一緒に笑っていました。悲しい時も、うれしい時も、その感情を共有した瞬間から自分だけが例外なんてことはあり得ないのだと、人と人が接点を持つときにどちらかだけが影響することなどなく、双方に影響を及ぼしながら存在しているのだと実感した一年でした。

今年一年本当にお世話になりました。心より感謝申し上げます。

皆様の健康と喜びが守られますように♪

来年もよろしくお願い致します!!!

ひまわり&パンダ担当🌻齋藤智恵美

第71回「心に咲く花会」クリスマスツリー 〜 みんな仲良く登る 〜

第71回「心に咲く花会」

クリスマスツリー 〜 みんな仲良く登る 〜

「がん哲学外来さいわいカフェ in 茨城・筑西」代表の海老澤規子氏から「がん哲学外来さいわいカフェ in 茨城・筑西 さいわいニュースレター(第 22号)Merry Christmas & 赤鼻のトナカイさん」が送られてきた(添付)。『♪赤鼻のトナカイさん♪・・・現代的意義:あがっぺカフェ懇親会では、樋野先生を囲んで楽しい時間を過ごさせていただきました。その中でも「ほのぼの樋野先生講話」は おもしろく心に沁みて 心温まるあがっぺ特製(芋がら入り)けんちん汁のようでした。 樋野先生:きみ~「赤鼻のトナカイさんの 現代的意義を知ってるかい? 知らないだろう~。 教えてあげるね。「個性を引き出される」ー→「役割&使命感を自覚」ー→「喜び・希望」いつもみんなの笑い者だったトナカイさん、サンタのおじさんに出会い、暗い夜道を照らす光となれる「役割使命」に気づかせていただき、喜びと希望をいただきました。」と紹介されていた。 心優しい文章には、本当に涙なくして語れない!

筆者は、羽田空港国際線旅客ターミナル(Haneda Airport International Passenger Terminal)から Minneapolis-Saint Paul International Airportを経由して、アメリカのミシガン州のGrand Rapidsに到着した。機内で 映画:ライオン・キング(The Lion King)を観賞した。感激した。良きタイミングに、「目白がん哲学外来カフェ」代表の森尚子氏(ゴリラ🦍)から、「上野駅の Christmas treeは、動物と人間がtreeに みんな仲良く登ってました。まさに、樋野動物園でした。」と心温まるメールが送られてきた(添付)。クリスマスツリーに登る「パンダ🐼:松本がん哲学みずたまカフェ代表 齋藤智恵美氏」の姿に心が癒された。まさに、2019年のクリスマスプレゼントとなった。

第68回『一億本の向日葵』~溢れる感情の泉~

第68回『一億本の向日葵』

~溢れる感情の泉~

平成から令和へと新しい時代への変化を感じられた2019年最後の松本がん哲学みずたまカフェを本日12月22日に開催致しました。お一人お一人が大切に歩んで来られたこの一年を振り返り、これからの景色を眺めました。それぞれの方が歩まれた道には、喜びだけではなく、悲しみや葛藤、戸惑いが散りばめられていて、真っ直ぐ歩むことなんてできないこともあったのだと思います。時にバランスを崩しながら、懸命に歩んできた道。どんな形であっても、それを否定できる人は誰もいないはずです。今日、ここにいるその人がただただ愛おしい存在そのものでした。私は今年1年を通して、本当にたくさんの方に出会い、色々なお話を聴かせて頂きました。その中で感じたことは、その人を通して見えてくる大切な人の存在です。自分の経験を通して大切な人と出会い直していくことを、こんなにも実感したことは、今までにありませんでした。その大切な人がすでに旅立っていたとしても、もう一度出会い直し、愛情を受け取っていく。愛情を受け取る時には、自然と心が開いて、例え号泣していたとしても、表情はとても優しく、そして幼く、本来のその人そのものです。

「溢れる感情」

私も時に、涙が止まらなくなって、溢れだす感情に飲まれてしまうのではないかと怖くなることがあります。今はもう会えなくなった大切な人の愛情を今になって受け取った時、感情と涙が泉のように噴き出してきます。どれだけ私は、自分という存在は大切にされていたのだろうと。そして、それを受け取れるタイミングは不思議な計らいによって、いずれやってくることも知りました。誰かを想った時に溢れる涙や感情は、例え悲しみを伴っていたとしても、豊かさそのものです。それは生きる勇気や、生きる力に繋がるものでした。

12月17日に岐阜県不破郡垂井町の垂井北中学校の2年生に向けて、私のがん体験についてお話する機会を頂きました。お話の前には、校長先生の素敵な計らいで、合唱と生徒さんと食べる給食という2つのプレゼントを頂きました。生徒さんと先生から伝わる楽しさやワクワク感。今年の大きな思い出です!この一年、たくさんの人の心に垣間見えた大切な誰かの存在が、私の口を通して「あなたは誰かにとって本当に大切な存在です。」という魂の叫びとして生徒の皆さんに届けられたことを嬉しく思います。

ひまわり担当🌻齋藤智恵美

第70回「心に咲く花会」「真摯な態度 と 切なる思い」〜 医療・人間・社会・福祉・教育の実践 〜

第70回「心に咲く花会」

「真摯な態度 と 切なる思い」〜 医療・人間・社会・福祉・教育の実践 〜

第36回「矢内原忠雄記念 がん哲学外来 本郷通りカフェ」に赴いた(ゆい訪問看護ステーションに於いて)。新しい参加者もあり、大変充実した時であった。モーツァルトに続いて、「ドビュッシー 記念 がん哲学外来・カフェ」開設の話で 大いに盛り上がった。まさに、「人生いばらの道 にもかかわらず宴会」の実践であろう。 『がんと生きる哲学 〜 医師との対話を通して「がん」と生きる方法を考える 〜」』(早稲田大学エクステンションセンター 中野校)に出講した。『楕円形のこころ 〜 がん哲学エッセンス 〜』をテキストに用いて、朗読と質疑、意見交換の時を持った。受講者の皆様の「真摯な態度 と 切なる思い」を共有する学びの時であった。まさに、「人生の目的は、品性の完成」である。

筆者が、代表を務める「リンチ症候群研究会」の第6回「リンチ症候群研究会市民公開フォーラム」(順天堂大学に於いて)に出席した(添付)。多数の医療者、患者が集い、「遺伝性がん」についての最新の知識、情報の「学びの場」である。「医療者の2つの使命」である「純度の高い専門性(診断・治療)と 社会的包容力(人間的な責任で、手を差し伸べる)」の実践である。 2019年12月22日は、放送大学埼玉学習センターでの講演「がん哲学 〜 教育・対話学の確立 〜」である(添付)。今年最後の講演として『「内村鑑三・新渡戸稲造」に学ぶ医療・人間・社会・福祉・教育の実践」』を語る。

第67回『一億本の向日葵』~大切な時間~

第67回『一億本の向日葵』

~大切な時間~

12月14日付の東京新聞に、がん哲学外来のドキュメンタリー映画『がんと生きる 言葉の処方箋』の野澤和之監督のインタビュー記事が掲載されました。メールに添付頂いた記事の小さな文字と社会に投げかけるようなメッセージを目で追っていましたら、ある一文が私の胸にグッと迫ってきました。

入院していると夜中二時、三時に目が覚める。とっても不安ですよ。寂寥感というか。あの孤独感はがんの問題じゃない。言ってみれば、存在の理由ですよ。あるでしょう、さみしい時が。愛する人や家族がいてもいなくても。人間という動物の孤独感。それはあって当然。(12/14付東京新聞「あの人に迫る」より引用)

「存在の理由」

「人間という動物の孤独感」

私は治療当時、担当医師や家族、身近な友人の言葉を退けて、自分の意思を優先させた時がありました。もらった猶予時間は約3カ月。自分の中で大切にしている感覚と、手遅れになるかもしれないという恐怖、「誰にも弱音は吐けない。もう助は求められない」という孤立感、周囲に心配をかけていることへの罪悪感、色々な思いの狭間で過ごしたこの時間は、臨場感を持って思い出すと今でもキューっと胸を締め付けます。この状況は孤独というよりも、孤立という言葉が合っているかもしれませんが、この3か月間で感じたのは、「存在を脅かすほどの孤独感」。しかし、逆説的であるようですが、それが私の存在の理由でした。生きているから、生きたいから感じる生命体の孤独なのだと思いました。それは決して容易ではなく、大きな辛さを伴う体験でしたが、今もう一度その時点に戻ったとしても、同じ選択をするのだろうと思います。それほどにとてもとても大切な経験でした。それから2年程経って、私は樋野先生の「がん哲学」という言葉に出会いました。その出会いは私にとって、孤独な3か月間の意味を肯定してもらえたという感動そのものでした。

今はインターネットで24時間何かと繋がり続けることができる時代ですが、私たち人間の深くに根強く存在している孤独への怖さは、完全には癒えないのだと思います。それが万人に共通する人間という動物としての孤独感であるからこそ、「この悲しみは私だけのものではない」と腹を据えて向き合う勇気と、他者への共感が生まれるのではないかと思います。

12月15日、22日、29日とSBC信越放送のラジオ番組 中澤佳子さんの『うっぴぃステーション』にゲスト出演させて頂きます♪中澤さんの素敵な声に導かれて、がん哲学について熱く(笑)語ってます。長野県外の方もラジコでの視聴が可能です。

うっぴぃステーション収録風景(左は中澤佳子さん)

ひまわり担当🌻齋藤智恵美