「さくら担当・星野」 佐久、私の「がん哲学外来」との出会い 

桜担当の星野昭江による佐久「がん哲学外来の歴史」シリーズ。

一般社団法人 がん哲学外来理事長 樋野興夫先生との出会いから、

『SAKU健康工房』として歩んできた道のり、

がん哲学との出会いによって変化してきたこと

などについて書いています。