第55回『心に咲く花』 がん征圧・がん患者支援チャリテイーイベント リレー・フォー・ライフ

第55回『心に咲く花』

がん征圧・がん患者支援チャリテイーイベント リレー・フォー・ライフ

土曜日の午後、「がん征圧・がん患者支援チャリテイーイベント リレー・フォー・ライフ・ジャパン 2019信州まつもと」に 招待された。今年の活動テーマは、『「わ」いろいろな わ を見つけよう』であった (信州スカイパーク内 やまびこドーム に於いて)。 筆者は、ステージで、講演『アルプスの少女ハイジの現代的意義 〜 無邪気に喜んで小さなことに愛を込める 〜』をする機会が与えられた。講演後は、テントの中で、中村美幸 氏(本当の愛と幸せを届ける講演家)とのミニ対談「絶望から始まる希望」であった。帰りには、ドームの外で、夜空を見上げた(添付)。「月、土星、木星」を眺め 感激した。まさに、「宇宙からの 3姉妹」の様相であった。今回は、実行委員長:石塚眞一氏、副実行委員長:齋藤智恵美氏の熱意、心温まる おもてなし には、大いに感動した。今回は、大変、貴重な忘れ得ぬ想い出の1日となった。

日曜日の午後、定例の「東久留米がん哲学外来」(CAJに於いて)であった。秋号のニュースレター『心のSpring water(湧き水)』も、大いに話題になった。その後、読書会に出席した(インド レストラン ルチアに於いて)。今回、新渡戸稲造 著『武士道』(矢内原忠雄 訳)第14章 「婦人の教育および地位」であった。「差異 = 区別」vs「不平等 = 差別」の違いについての復学であった。日々学びである。また、筆者の読書歴「南原繁―>内村鑑三―>矢内原忠雄―>新渡戸稲造」と そのきっかけ(浪人時代に出会った人物:東大法学部の学生の時に、南原繁との邂逅) でも、大いに盛り上がった。まさに「もしかすると この時の為」である。次回は、内村鑑三著『代表的日本人』(鈴木範久 訳)である。

1件のコメント

  1. こんにちは!私は以前カフェにお伺いした、北原美千子と申します。すっかりご無沙汰しております。斉藤さんその後頑張っていらっしゃいますね。!なかなか出来る事ではありません。尊敬します。
    実は息子は8/1日永眠致しました。今はまだまだ深い悲しみが、心の底にしずんでいて、普通にしているようでも、笑っていても、悲しみという重い物体が、常にずっしりと、存在しています。
    県の森へお邪魔してから、私の中でいろいろ心の変化がありました。もう哲学カフェにはお邪魔することは無いと思いますが、一度だけ斉藤さんとお話しする機会がもてたらなぁと考えています。斉藤さんもお仕事されているのでお忙しいでしょうし、私も今は季節的なアルバイトをしていますので、今すぐというわけにはいきませんが、斉藤さんのお時間ができる時があったら、ご連絡いただければ有難いです。慌てません、宜しくお願い致します。
    お逢い出来ます事、楽しみにしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です