第65回「心に咲く花会」 「優しい おもてなし」 〜 これからの人生は天への贈り物 〜

第65回「心に咲く花会」

「優しい おもてなし」 〜 これからの人生は天への贈り物 〜

『高松宮妃癌研究基金 第50回記念国際シンポジム「がん研究とその成果が導く最適医療の新展開」」(パレスホテル東京 に於いて)に出席した。「純度の高い専門性」は、日々勉強である。「柏がん哲学外来」(柏地域医療連携センター に於いて)に出向いた(添付)。スタッフとの昼食会も、楽しいひと時であった。その後、「新宿東口がん哲学外来 三角形カフェ」(Svenson 新宿東口サロンに於いて)に参上した(添付)。筆者は講演の後、個人面談も行った。有意義な時であった。主催者の「温かい配慮」には、大いに感激した。

「早稲田大学 エクステンション センター」での講座『がんと生きる哲学 〜医師との対話を通して「がん」と生きる方法を考える 〜』に赴いた。テキストは、『楕円形のこころ がん哲学エッセンス』(春秋社)が、用いられた。今回は、「尊いいのち」(ページ22、23)、「ほんものの教え」(ページ224−27)を、受講者の皆様と、朗読しながら、意見の交流を行った。「新渡戸先生のもっとも大切な教えは、To doの前にTo beであった」(南原繁)、「純度が高くなければ、ものごとの本質は伝えられない」で、教室は大いに盛り上がった。終了後は、高校教師を定年退職され ご自宅で、開催されている「第2回モーツァルト記念 がん哲学カフェ in MSA横浜」に向かった(添付)。久しぶりにモーツァルトの曲を拝聴した。チラシには、「これまでの人生は天からの贈り物。これからの人生は天への贈り物。」が、紹介されていた(添付)。高橋ご夫妻の「優しい おもてなし」には、大いに感動した。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です