第84回「心に咲く花会」『逆境を超えてゆく者へ』 〜 人は意志なり 〜

第84回「心に咲く花会」

『逆境を超えてゆく者へ』 〜 人は意志なり 〜

筆者は、今週は、授業『がん学(Basic): がん、発がん、病理学』のビデオ収録を 教室で 1人で行なった。 その後、筆者が、委員長を務める 「第83回 アスベスト中皮腫外来 推進委員会」に、出席した。 2005年「クボタ ショック」(兵庫県尼崎市)から 今年(2020年)は 15年が経過した。 2005年 順天堂大学で、週一回の「アスベスト・中皮腫 外来」を開設した。 現時点では、初診数、再診数 合計7000人 を超えている。 継続の重要性を痛感する日々である。 アスベスト暴露から、潜伏期の長い中皮腫は、現在 全国的に増加している。

国立ハンセン病療養所の長島愛生園に通い 「精神科医:神谷美恵子の実践」についての研究を 進めらている先生から、『樋野先生は、2012年長島愛生園に来られ、「神谷美恵子記念ガン哲学カフェ」を ご講演、哲学カフェを 開催してくださいました。 長島愛生園ではそれから継続して、今も「愛カフェ」として、月に一回、入所者の方々と 外部からの人との 交流の場となっております。 2014年には 岡山市民会館大ホールにて、「神谷美恵子生誕100周年記念」が開催されました。そのおりには 樋野先生、故 日野原重明先生、神谷美恵子次男の神谷徹さんの鼎談などが行われて、1200人の満席の会場にて 神谷美恵子を忍びました。 ちなみに 神谷美恵子の両親の仲人が 新渡戸稲造であり、樋野先生とは深いご縁があります。」と説明され、それを受け取った方は、『2014年、私も 岡山市民会館での講演会に、参加致しました。日野原先生は、ご講演のお時間中ずっとお立ちになって。樋野先生が「すごいです~~ね」と コメントされていたのを覚えています。 二人で斜めになって座っている絵も、会場、笑の渦でしたね。』 と 返答されたようである。 心温まる 微笑ましい ユーモア溢れる会話である。 2020年7月 京都市の立命館大学の国際平和ミュージアムで「長島愛生園の展覧会」を開催されるとのことである。

今は、「コロナ ショック」である。 「コロナ ショック」で、行事予定が中止や延期が相次ぐ。 それゆえに、筆者も、久しぶりに 新渡戸稲造 著『逆境を超えてゆく者へ』、矢内原忠雄 著『銀杏のおちば』、勝海舟 語録『氷川清話』を 拝読する時間が 与えられた。 まさに、『一喜一憂せず、「綽々たる余裕」』(勝海舟)の学びである。「書きしるせ。これらのことばは、信ずべきものであり、真実である」(ヨハネ黙示録21章5節)の 再認識の時ともなった。 今度、齋藤智恵美 代表による 講演会『がん哲学のレッスン 教室で <いのち> と向き合う 〜 人は意志なり 〜』が、企画される(添付)。乞うご期待である。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です