第98回「心に咲く花会」子供たちの成長 〜 温かい言葉で ほめる 〜

第98回「心に咲く花会」

子供たちの成長 〜  温かい言葉で ほめる 〜

恵泉女学園の理事会に出席した。 大変、充実した有意義な、多くの学びの時であった。 恵泉女学園の創立者は、新渡戸稲造(1862-1933)から学んだ河井道(1877-1953)である。 それが筆者が理事を依頼された理由ではなかろうか?弁護士の先生から、『種を蒔く人になりなさい』のサインを依頼された。「本日は、ご著書にサインをして頂きまして、ありがとうございました。ー 今日も感じましたが、なるほど、独特の口調で語られる先生の言葉は、胸にストンと落ちる魔力をもっております(笑)。」との励ましのメールを頂いた。

特別支援学校の高等部の生徒向けの「がん教育」に赴いた。 ソーシャルディスタンスをとるために、広い体育館で開催された。

『授業の目標』は、

  • がんの現状や、がんの種類と その特徴、原因と予防、治療法などについて 正しく理解する。
  • がん患者の生きる姿を教えていただき、命を大切に 今を生きることを 考える。

『講義の内容』は、

1)がんに関する正しい知識や予防・早期発見のための注意点

2)先生が出会った患者さんとのエピソード

であった。 早速、養護教諭の先生から、「今日は 本当にありがとうございました。 そして、学校のこと 生徒のことを 温かい言葉で ほめていただき感謝申し上げます。 正直申しまして、大学の先生のお話を うちの生徒たちが どのように受け止めるのか 心配しておりました。 しかし、想像していた以上に真剣に聞き、理解していたことに 非常に驚きました。 このような学習の場を先生に作っていただいたおかげで、子供たちの成長を 感じることができました。 また、自分自身も 先生の今日のお話から、改めて どのように老いてどのように死んでいくのかを 考えていく必要があることを感じました。– 自分にとっても、有意義な時間となりました。 本当に、遠方の本校まで来校していただき ありがとうございました。」との 感動的なメールを頂いた。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です