第15回『一億本の向日葵』 ~ものがたりを聴く~

第15回『一億本の向日葵』

~ものがたりを聴く

先日14日㈮に開催された東京試写会に続いて、松本では16日㈰にがん哲学ドキュメンタリー映画「がんと生きる 言葉の処方箋」の試写会を開催した。松本がん哲学みずたまカフェでの撮影などにご協力頂いた方々との再会はとても喜ばしいものであった。今は亡き方と映画を通して再会できたことも、悲しみと喜びを一緒に運んで来てくれた。

「ものがたり」。この映画には多くの「ものがたり」が収められている。本当に唯一無二のかけがえのない「ものがたり」。観る人の心にはきっとそれぞれの「ものがたり」と重なりながら届くのではないか。

今月で18回目を迎えた松本のカフェでも、本当に多くの方の人生の「ものがたり」が語られている。日常の中ではあまり語られることのない“どう生きてきて、どう生きていくのか”という対話を可能にしているのは、やはり“がん”という共通のキーワードの存在と、『がん哲学』の場である。そして、実はその恩恵を一番受けているのは、誰でもない主宰者の私である。参加者の皆さんの人生の「ものがたり」は、いつも感動や様々な学びを下さり、私の視野を広げ続けてくれる。『がん哲学外来メディカルカフェ』のような場が増え、人生の「ものがたり」を安心して語ることができ、人生のかけがえのなさを実感できたら、きっと明日の見え方も変わってくる。

樋野先生は「いい人生は、最期の5年で決まる」と語られている。

人生の「ものがたり」の最終章はどんな風に描かれるのか。それはきっと最期の5年を意識しながら、丁寧に生きる毎日の「ものがたり」の積み重ねなのではないかと思う。

樋野先生の「がん哲学」、「言葉の処方箋」、そしてこの映画のメッセージが多くの方に届き、「ものがたり」に心に咲いた花が添えられますように。

映画ポスター

ひまわり担当🌻斉藤智恵美

第17回『心に咲く花』 ドキュメンタリー映画『がんと生きる 言葉の処方箋』試写会

第17回『心に咲く花』            

ドキュメンタリー映画『がんと生きる 言葉の処方箋』試写会

樋野先生

「がん哲学外来映画製作委員会」主催のドキュメンタリー映画『がんと生きる 言葉の処方箋』試写会に赴いた(TCC 映写室に於いて)。90分の映画であった(添付)。長野県、群馬県、千葉県も、参加されて、会場は、満席であった。

 

早速、「先生、ありがとうございました! この映画は、がん患者やそのご家族の方々のためのみならず、全ての人に見て貰いたい映画です。誰しも なんらかの悩みを持ちながら 生きています。悩んでも仕方ない事も悩んでしまいます。万民がそうだと思います。特に悩み症の人にこそ観て貰いたいですね。先生が言われてる、ほっとけ!精神で前向きにポジティブに 何とかなる精神の大切さを痛感しました。航大君に会いたくなりました。水泳大会の場面では、泣いてしまいました。」、「がん哲学外来カフェにいらしていた、お2人の明るいお顔が 今は天国なんだと思いまして、辛く悲しいひと時でした。映画に協力して逝ったお二人に感謝し私も元気になります。ありがとうございました。」、「今日は試写会に参加ができ感謝します。日頃の先生が仰っていることが、画像になったと実感しました。試写会の後に、何人かの方が感想を述べられた中に、がん患者のみでなく‥。全ての人に見て欲しい。」、「早く、スタッフの皆さんにも 見せてあげたいと思いました。」、「映画の先生が とても素敵で、表情も抜群でした。」、「映画は大変素晴らしいですね。がん哲学外来メディカルカフェが 全国に広がり医療維新を感じました。」等々の温かいコメントを頂いた。

 

名古屋の『どあらっこ』代表の中村航大 君、長野県の『心に咲く花』会の代表の齋藤智恵美 様、福井県済生会病院で、「がん哲学外来・カフェ」主催の宗本義則 先生、千葉県で「がん哲学外来・カフェ」主催の春日井いつ子 様の映像は、大いに感動した。本当に、生涯の忘れ得ぬ 大切な 想い出となろう。

映画ポスター

第14回『一億本の向日葵』 ~ヤドリギから学ぶ~

第14回『一億本の向日葵』

~ヤドリギから学ぶ~

ヤドリギ

 

「松本がん哲学みずたまカフェ」を開催する際に、よくお借りしている「あがたの森文化会館」は、ヒマラヤ杉に囲まれた「あがたの森公園」内にある重要文化財「旧松本高等学校」校舎を保存しながら、市民の教育文化活動に活用している施設である。とても趣のある建物で、「がん哲学カフェ」を行うのには、ぴったりだと感じている。いつもお借りする2階の部屋の窓は昔ながらの木製の大きな窓で、そこからは公園内の木々を眺めることが出来る。この季節になると、木々の葉っぱは落ち、少しもの寂し気な雰囲気になるが、ところどころに『ヤドリギ』を見つけることができる。大きな木に半寄生しながら生長し、木々全体が弱々しく見えるこの時季に独特の存在感を放ち、青々と球を描くその姿に、子どもの頃は何だか怖さを感じていたが、大人になり改めて意識をしたヤドリギは別の視点を与えてくれた。昨年の冬に、一人の参加者の方が落ちていたヤドリギの枝を持ってきてくれたことから、松本がん哲学カフェでも話題に上がり、話はヤドリギの寄生からカッコウの托卵にまで及んだ。「人間の社会は、ヤドリギの寄生やカッコウの托卵のような行為に対してあまり寛容ではない。」「もしその生態的宿命を背負ったヤドリギやカッコウに正論をぶつけてしまったら、きっと生きるすべを失ってしまう。」「自然界ではその特徴がそうあるものとして、ありのまま受け入れられている。善悪を判断しているのは、人間だけ。」そんな風に話が進んだ。“寄生される側の負担”“托卵時に自分の生んだ卵を落とされ、別の卵を託される側の苦しみや悲しみ”ばかりに気をとられていた私にとって、自分の持つ“正しさ”に疑問を持つきっかけとなった。樋野先生が伝え続けて下さっている「正論より配慮」。自分の価値観を一度傍らに置き、俯瞰的な目で見ることが、配慮への第一歩だと改めて感じた。今後も「正論より配慮」への視野を広げ、学んでいきたい。

 

ちなみに・・・

ヤドリギは12月24日の誕生花。花言葉は、氷雪の中でも緑を保つという特徴から「忍耐」「困難に打ち克つ」「克服」、ロマンチックなものだと「キスして」もあるとのこと。

実は素敵なヤドリギ。今度木の下を通るときには、何だか温かなものを受け取れそうです。

ひまわり担当🌻斉藤智恵美

第16回『心に咲く花』 ゲノム時代の到来 〜『がん教育の在り方:がん哲学 エッセンス』〜

第16回『心に咲く花』

ゲノム時代の到来 〜『がん教育の在り方:がん哲学 エッセンス』〜

樋野先生

 

ラジオNIKKEI第1『大人のラヂオ』(樋野興夫のがん哲学学校)のコーナー

毎週金曜日11:35−12:30

毎週土曜日20:30−21:25(再放送)

が、12月7日に放送された。今回、松本市からスタジオ入りされた『心に咲く花』会 代表の斉藤智恵美氏のご発言にも大いに感動した。早速「本日放送の西口さんゲストの大人のラヂオ を今聞きました。心にしみる放送ですね。」との温かい励ましのコメントを頂いた。

 

12月8日(土)早稲田大学中野校 オープンカレッジでの 5回連続講座『がんと生きる哲学 〜 医師との対話を通して「がん」と生きる方法を考える〜』に赴いた(早稲田大学 エクステンションセンター に於いて)。テキスト『がん哲学』(EDITEX)を用いて、今回は、受講者と、『ミクロの世界の知恵 〜 「がん哲学」の提唱 〜』(ページ16,17)と『ゲノム時代の到来 〜 人は宇宙を内包する 〜』(ページ18,19)の箇所を輪読し、多数の質疑応答をしながら、楽しい・充実した時を過ごした。終了後は、慶應義塾大学での公開シンポジウム『多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェショナル)」養成プラン 〜 未来がん医療プロフェショナル養成プラン 〜』で、講演『がんを哲学する』の機会が与えられた。 『がん教育』の在り方の学びとなった。

 

講演後、多摩のシンポジウム『がん患者が求める対話』(主宰:市民と介護を考えるカフェ「オリーブの木」恵泉女学園大学多摩キャンパス)に、馳せ参じた。【プログラム】は、パネルディスカッション「がん患者が求める対話 ~ それぞれの活動を通して思う事 〜」、講演 杉山絢子先生(一般社団法人CAN net代表理事、札幌斗南病院腫瘍内科医長)の後、筆者は、「総括、挨拶」の機会が与えられ、『がん哲学 エッセンス』を語った。筆者は、恵泉女学園の理事を務めており、シンポジウム後、恵泉女学園大学学長、教授、事務局長、事務次長との面談の時も与えられた。シンポジウムのスタッフとは、多摩センター駅のレストランで、楽しい夕食の時を持った。来年は、『園芸と医療』のテーマで、シンポジウムが、企画される予感がする。

第15回『心に咲く花』 医療の隙間を埋める 〜 「愛に根ざし、愛にしっかりと立つ者」 〜

第15回『心に咲く花』

医療の隙間を埋める 〜 「愛に根ざし、愛にしっかりと立つ者」 〜

樋野先生

 

武蔵野大学の看護学科の「病理学」の授業に赴いた。多数の学生が、熱心に、聴講してくれた。特に、看護師にとっての「病理学の役割」について語った。「医療の隙間を埋める看護師」の存在は、ますます重要になって来るであろう。

 

新島襄 (1843〜1890) の亡き後、看護師としても働いた新島八重 (1845〜1932) を彷彿した。今日は、群馬県の国立病院機構 沼田病院で「がん市民公開講座 〜 Uターンの受け皿となる次世代の地域医療を目指して〜」(添付)である。渋川訪問看護ステーション、沼田病院の看護師さん達の発表、また聖路加国際大学大学院生で、群馬大学附属病院に勤務されている看護師は「新島八重の現代的意義」も触れられることであろう。筆者にとって、「内村鑑三・新島襄」を生んだ、上毛カルタの群馬県には、特別の思いがある。「愛に根ざし、愛にしっかりと立つ者」(エペソ3章17節)、「決して揺るがされない」(詩篇15篇5節)の学びの時でもある。今週、東大総長を務めた「内村鑑三 (1861〜1930)・新渡戸稲造 (1862〜1933)」を恩師とした矢内原忠雄 (1893〜1961) を記念した「第27回 がん哲学外来 矢内原忠雄記念 本郷通りカフェ」(添付)が開催される。

 

沼田病院シンポジウム本郷通りカフェ

第13回『一億本の向日葵』 ~学ぶこと 心が揺さぶられること~

第13回『一億本の向日葵』

~学ぶこと 心が揺さぶられること~

長野県塩尻市で行われた長野県教育委員会主催の「がん教育研修会」に参加する機会を頂いた。小学校・中学校・高校で、がん教育に関わっていらっしゃる先生方と共に「がん教育」について学んだ。パイロット校の実践報告、日本女子体育大学 教授 助友 裕子先生、NPO法人がんサポートかごしま 理事長 三好 綾氏のご講義、演習やグループワークと盛り沢山な内容であり、その中からたくさんの事を考え、感じさせて頂いた。「がん教育」は「健康教育」の一環ではあるが、「命を考える」という大きな可能性を含んでいる。実践報告の中で流れた先生の温かい涙、「人間誰しも死を迎えることを考えると、年老いることや病気になることを忌み嫌うのではなく、受け入れることも健康教育に含まれるのではないか」という疑問にたどり着いたというお話、体験から語られる「いのちの授業」を受けた子どもの素直な「私を助けてください。」の感想文。どれも心が動かされたからこそ出てきたのだろうと思う。

 

「わたしたちが生きることからなにを期待するかではなく、むしろひたすら、生きることがわたしたちからなにを期待しているかが問題なのだ」(ヴィクトール・E・フランクル『夜と霧』)

 

がんになる前に『夜と霧』を読んだ時、この一文を何度声に出して読み返しても意味が理解できなかった。しかし、がんと共に生きることになり、樋野先生の著書『人生から期待される生き方』で再びこの一文に出会った時に、スッと胸に落ちた。自分が困難と本気で向き合う時、誰かが困難と本気で向き合う姿を目にする時、大きく心が揺さぶられる。きっと、それは小学生でも、中学生でも、高校生でも、大人でも同じである。そして、その時こそ知識だけでは得られない大きな学びを得るのだと思う。がんと共に生きることは、自分ではコントロールできないものとの共存だけれども、人生がそこに何かを期待してくれているのであれば、応え続けたい。そして、子どもたちと共にそのような学びを発見できるような機会をつくりたいと夢を膨らませた。

ひまわり担当🌻斉藤

第12回「一億本の向日葵」 ~鎧を脱いで飛び込む~

第12回「一億本の向日葵」

~鎧を脱いで飛び込む~

11月23日㈮に順天堂大学で行われた「がん哲学外来ナース部会」全国大会『医療の隙間を埋める看護師の役割~21世紀の医療の隙間を埋めるブリッジ(懸け橋)とならん~』に参加する機会を頂いた。医療者ではない私はどういう立場で話を聞いたのだろう。患者の立場か、がん哲学カフェの主宰者か。東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科 がんエンドオブライフケア看護学分野准教授の山﨑智子先生が、基調講演の中で「看護師としての役割で医療の“隙間を埋める”という思いで始めたが、がん哲学は看護師自身の隙間を埋める活動となっている。」と、がん哲学外来メディカルカフェでのお話をして下さった。また医療者のユニフォーム“白衣マジック”は、患者さんの医療者への信頼感を築く反面、心理的な壁を作り上げ、心を開きにくい状況を作っているともお話をされた。パネリストとして登壇された看護師の皆さんの病院での、カフェでの、自身の人生での経験談は、胸にグッとくるものがあった。病院では、解決が難しい患者の苦悩を、看護師の方々は我がことのように痛みとして感じている。看護師であってもひとりの人間であり、自分の人生の中でも患者と同様に様々なことが起こっている。そのようなお話を聞いているうちに、白衣というのは、ある種の鎧なのだと感じるようになった。自分の痛みを覆い隠す鎧。そして、患者を頼もしく守る鎧。自分の痛みを覆い隠す鎧を脱ぐことはどれだけ勇気がいるのだろう。弱さや痛みがあったら、患者を守ることはできないのであろうか。その問いの答えががん哲学にはあるのだと思う。

がん哲学外来ナース部会の看護師の方々は、まさに勇気を持ってその鎧を見据え、脱ぐことを厭わなかった。そして、患者の痛みに馴れることなく、一緒に痛みを感じ続けてくれている。弱さや痛みを理解している存在が、どれだけ患者の心や存在を癒すか。病院の外で白衣を脱いで“がん哲学外来メディカルカフェ”に身を置き、自分を見つめ、患者、家族の人生に真剣に耳を傾け続ける取り組みが、本当の意味で患者と医療者の両者を守るもっと大きな器という鎧になっている事を目の当たりにし、心から感動を覚えた。一患者としての隙間を埋めてほしいという希望も、カフェの主宰者として実践を学びたいという意欲も隅っこへ追いやり、私個人として、皆さん自身の使命感への熱意とまなざしに心が震えた。

 

「病気は単なる個性」

「病気であっても病人ではない」

 

病気はその人の人生のほんの一部分でしかない。その他の大部分にたくさんの“その人らしさ”“心に咲く花の種”が埋まっている。それに気付くために、患者自身も“病人”という鎧を脱げるような場に身を置くことが大きな癒しとなるのではないか。がん哲学外来メディカルカフェの役割は“安心して鎧を脱げる場所”であり、“互いの人生に学び合い、研鑽を積める場所”であることだと改めて確認した。そして、そんな場所が増え、地域を包んでいったら、どんなにたくさんの“心に咲く花”が見られるだろうと、心が躍る日となった。

智恵美写真

ひまわり担当🌻斉藤

第14回『心に咲く花』 小さな一歩 〜 大きな飛躍 〜

第14回『心に咲く花』
小さな一歩 〜 大きな飛躍 〜

樋野先生

勤労感謝の日、「がん哲学外来 ナース部会」 全国大会『医療の隙間を埋める 看護師の役割 〜 21世紀の医療の隙間を埋めるブリッジ(懸け橋)とならん 〜』(順天堂大学に於いて)が開催された(添付)。多数の参加者であった。長野県からは、『心に咲く花』代表向日葵 と サクラも参加され 大変嬉しかった。

福岡での『がん哲学外来「ぬくみカフェ」』の講演に赴いた(添付)。会場は、満員であった。福岡空港に、教授を定年退職され、現在、福岡にお住まいの 山村研一 先生が、 お迎かいに来て下さった。山村研一 先生とは「Expression and replication ofhepatitis B virus genome in transgenic mice. Proc Natl Acad Sci U S A86: 207-211,1989」の共著論文もある。筆者が、Philadelphia 時代には、家に訪問して下さった。早速「今日は大変有難うございました。本当に 面白かったです。また機会があれば、聞きに行きたいと思います。」と 温かい励ましメールを頂いた。『がん哲学外来「ぬくみカフェ」』代表の柴田須磨子 様と『福岡ホスピスの会』顧問で、ホスピス病院の「みどりの杜病院・院長」の原口勝先生が、福岡空港まで、見送って下さった、本当に充実した一日であった。羽田に向かう飛行機の中で、アームストロング宇宙飛行士の『一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍である「That’s one small step for a man, one giant leap for mankind」』 の言葉が、鮮明に 甦ってきた。

ぬくみカフェ→11月24日ぬくみカフェ

第13回『心に咲く花』 人生の醍醐味 〜「学んだ事を 語り伝える」〜

第13回『心に咲く花』

人生の醍醐味 〜「学んだ事を 語り伝える」〜

樋野先生

昨日は、早稲田大学中野校 オープンカレッジでの 5回連続講座『がんと生きる哲学〜医師との対話を通して「がん」と生きる方法を考える〜』に赴いた(早稲田大学 エクステンションセンター に於いて)。

目標:がんと ともに暮らすことを知り、がん患者と対話し、がん患者に 寄りそう方法を 受講者自らがみつけ、笑顔になることを めざします。

講義概要:『がん哲学』とは、生きることの根源的な意味を 考えようとする患者と、がんの発生と成長に 哲学的な意味を見出そうとする医師との対話から 生まれました。病理学者としての立場から、科学としての癌学には 哲学的な考え方を 取り入れていく領域がある との立場に立ち『がん哲学』を提唱しています。日本人の半分が がんになる時代、好むと好まざるとにかかわらず、多くの人が がんと一緒に生きる方法を 見つけなければなりません。授業では 教科書の読みあわせと 解説をしつつ、受講者とのディスカッションを中心に 講義をすすめます。がんとともに生きている患者さん、がん患者の家族や身近に患者がいる人、医療従事者等のがん患者に 寄りそいたいと思うかた すべてが対象です。

テキスト:『がん哲学』(EDITEX)

と、案内・紹介されている。

今回は、受講者と、『「がん哲学」の気概 〜 ミクロの世界で マクロの世界を思う 〜』(ページ12,13)と『「天寿がん」の時代に向けて 〜 名詞の世界から形容詞の世界へ 〜』(ページ14,15)の箇所を輪読し、多数の質疑応答をしながら、楽しい・充実した、90分の時を過ごした。「学んだ事を 語り伝える」ことが、人生の醍醐味となろう。

今日は、今から、川越東武ホテルに於いて、埼玉医科大学総合医療センター 消化管・一般外科 教授 石田秀行先生の企画の 市民公開講座である(添付)。

市民公開講座 がん哲学 川越