第39回『心に咲く花』 「心の宴会」 〜 「人間の劣化」を防ぐ 〜

第39回『心に咲く花』

「心の宴会」 〜 「人間の劣化」を防ぐ 〜

樋野先生

土曜日、早稲田大学 エクステンションセンター(中野校)での 春季5回連続講座『がんと生きる哲学』に赴いた。今回は、第5回目であった。「正常細胞 と がん細胞の違い」をスライドを用いて説明した。『職場が がん化する原因「人間の劣化」を防ぐ方法は「がん哲学」に学べ! 〜 がん細胞の発生・成長過程に 人間社会を重ねて考える 〜』 、『「がん哲学外来」に見る 現代の日本社会の病理 〜 暇げな風貌で、偉大なおせっかいを焼く、がん病理学者の進言 〜』を語った。その後『がん哲学』(EDITEX)のpage 42,43の「人間社会のがん化 〜 がん細胞のリハビリ 〜」を朗読した(添付)。多数の質問で、教室は、大いに盛り上がった。秋季5回連続講座は10月から開講とのことである。中野セントラルパークで、聴講者と楽しい充実した昼食の時をもった。

 

それから、『<がん哲学外来> 第84回7周年スペシャル お茶の水メディカル・カフェ in OCC』に向かった。7周年スペシャルとして、バイオリン、ピアノの心に響く演奏がなされた(添付)。筆者は、『「いばらの道」と「宴会」の違い』を語った。『1人でも楽しめる「心の宴会」です。好きな音楽を聴いたり、書物の中の 感動的な言葉を反芻したりして、満ち足りた気分に浸ることである。』、

まさに、「人生いばらの道、されど宴会」で、「いばらの道を 進む原動力」になろうと!日曜日の夕方は「宴会:第5回池袋カラオケ大会」が企画されている。

第36回『一億本の向日葵』 ~細胞の個性を感じられたら~        

第36回『一億本の向日葵』

~細胞の個性を感じられたら~   

がん哲学外来のドキュメンタリー映画『がんと生きる ことばの処方箋』が、5月3日~新宿武蔵野館で、5月12日~名古屋シネマスコーレで上映されています。本当に多くの方が足を運んで下さり、連日満員だとお聞きしております。映画を観て下さった方からご感想やエールを頂き、この映画が観る方の心に大切なものを届けている存在であることを改めて実感している今日この頃です。そんな状況にギャップを感じながら、今日は子ども大縄跳び練習に付き添い、子どもたちと一緒に無邪気に楽しんで大縄跳び30回を目指して頑張りました。

 

2人に1人ががんになる時代。よく耳にするキーワードです。その統計的な数字は、かけがえのない“個”の存在の集合であることを、私はがんに罹患したことで感じられるようになりました。たとえその“2人に1人”のひとりになってもならなくても、命の火が消えるまで生きていく“私”という存在にはかわりはありません。「ただただ懸命に“宴”の気持ちを持って生きている今」という時間が重なっていく。その事をたくさんの出会いから学びました。私たちの体も想像もできないほどの細胞の集合体ですが、国や世界、地球にとって私たちは体の細胞の一つ一つに近い存在です。統計の中、集合体の中に含まれると、個性は見失われるのかもしれません。

 

私は自分の体にがんができたことを知った時から、自分の細胞の個性、特にがん細胞の個性に、なぜか心が惹かれるようになりました。予定していた手術を一度キャンセルした時、私は主治医の先生と看護師さん、両親を前に「このがんからの声を聞きたいのです。」と正直な気持ちを伝え、本当に驚かれ、そして心配をかけました。ですので、それから2年間、がん哲学と出会うまで、このことは誰にも話さず、自分の中にしまっておきました。がん哲学に出会い、樋野先生が著書の中で書かれていた「がんは不良息子のようなもの」「がんの賢さに学べ」という言葉と出会った時、喜びが溢れたのを覚えています。私という存在がかけがえの存在であるように、一つ一つの細胞、そしてがん細胞もかけがえのない存在であると、まるで自分自身を認めてもらえた、この世に意味を持たない存在などないと教えてもらえた、そんな気がしたのです。

 

がん細胞自身が自分という存在が、この大きな集合体の体に悪影響を与えている事実を知ったら、きっと悲しい気持ち居たたまれない気持ちになり、自分の存在を恨むだろうな・・・。がん細胞からも学ぶ姿勢を貫く樋野先生の顕微鏡からがん細胞を見つめるまなざしは、がんに悩む私たちに向ける温かなまなざしと同じなのかもしれない、だからこそ人は“言葉の処方箋”から自分の生き方を変え得るものを受け取っていくのかもしれない、そんな風に思うのです。

ひまわり担当🌻齋藤智恵美

第38回『心に咲く花』 朝日新聞の『天声人語』の紹介記事 〜 「心の楕円形」〜

第38回『心に咲く花』

朝日新聞の『天声人語』の紹介記事

〜 「心の楕円形」〜

樋野先生

2019年5月12日付の 朝日新聞の『天声人語』に、筆者の紹介記事が、掲載されていたとの連絡を頂いた。驚きである。「心の楕円形」が キーワードであったようである。記者の真摯な熱意には、大いに感動した。新宿武蔵野館での映画「がんと生きる 言葉の処方箋」も、鑑賞されたようである。「楕円形の心」が、今年の流行語になる予感がする。全世界の人類のテーマでもあろう。

「真理は楕円形である」の内村鑑三(1861〜1930)の言葉は、19歳の読書から学んだものである。『真理は円形にあらず、楕円形である。一個の中心の周囲に描かるべきものにあらずして、 二個の中心の周囲に描かるべきものである。— 人は何事によらず 円満と称して円形を要求するが、天然は 人の要求に応ぜずして 楕円形を採るはふしぎである。― 患難の坩堝(るつぼ)の内に燃え尽くす火に 鍛えられて初めて実得し得るものである。』(内村鑑三)。

筆者は、「がん病理学者」として、生命現象を、「交感神経 vs 副交感神経」、「がん遺伝子vs がん抑制遺伝子」、「正常細胞 vs がん細胞」の両極のバランスの研究を40年続けてきた(添付)。その過程で、2004年に『がん哲学』を発行し、さらに、2008年には、『治療だけでは患者を救えないと考え、思い悩む人々を言葉で励ます「がん哲学外来」』を順天堂大学で開設したと紹介されいている。「天の将に 大任をこの人に降さんとするや、―――真の名誉は 天の命ずるところを 果たすにあり」(新渡戸稲造『武士道』第12章)が、鮮明に思い出される日々である。偶然にも、ここは、本日の定例読書会の箇所である。自分の思いを超え 人生の不思議さを 実感する日々である。

樋野先生の夢

第35回『一億本の向日葵』 ~「決める」こと~

第35回『一億本の向日葵』

~「決める」こと~

新元号「令和」になり、ゴールデンウィークも何となくお祭りのような明るい雰囲気に包まれています。新しい年を迎える時のように、これからをどう生きようかと心新たにする人も多いのではないでしょうか。私自身もそのような気持ちを抱きつつ、この数日を過ごしております。そんな中「決める」ということについても考えました。日常の中には「決める」という行為が散りばめられています。何時に起きて、何を食べて、何を着て、何をする・・・など、私たちの活動は「決める」ことから始まっています。言われてやったので自分で決めたつもりはない!と思うような出来事であっても、そこは委ねることを決めるという行為があります。私にとって「決める」という行為は怖いことでもあり、腹が決まることでもあります。逆に言えば「決めない」ことは楽でもあり、また不安と向き合い続けることでもあります。10代の頃、私はジェットコースターに乗るのが好きでした。(今も好きですが)何度も乗って経験したことですが、ジェットコースターの椅子に完全に身を任している時に比べ、背もたれから少し背を放し、前のめりに手すりを掴む方が、不思議と恐怖感は和らぎます。私はそれを「怖い怖いと抵抗している時が一番怖い=ジェットコースターの法則」と言っていますが(笑)、同じ状況であっても抵抗している時には恐怖感はどんどん増し、逆に自分から飛び込む姿勢になった時に、恐怖感は和らぐのです。これはジェットコースターに限ったことではなく、今回書いている「決める」ことについても同じように感じています。「決める」ことには、それに伴う利益も不利益も両方受け入れる覚悟が必要なのできっと怖さを感じるのでしょう。しかし「怖い。怖い。」と決められずにいる時に一番恐怖を感じているのではないでしょうか。「決める」ことはそれだけでもすごい影響力を持っているのだと感じています。

――自由を得るための道は、今そこにいる状況から逃げ出すことではなく、そこに踏みとどまり、考えうる限りの知恵を出し努力をし、不自由を楽しめるように変えてしまうこと。考えて工夫をし、今いる環境で自分を納得させる道を見つけること。それこそが自由を得るということ――精神科医であり、「生きがいについて」などの著書を執筆された神谷美恵子氏は著書の中で、自由についてこう語っていました。

決めることも決めないことも自由であるけれど、決めることの先に本当の自由が存在しているのだと深く考える機会となりました。そしてジェットコースターの法則(笑)の体感は、今までもこれからも、勇気を出して飛び込み、前のめりに取り組むことへの勇気を与えてくれています。

 

ひまわり担当🌻齋藤智恵美

カフェ最新情報(5月)

*~*~*~*~*~*~*~*~*

5月4日(土)

『佐久ひとときカフェ』

時間:午後2時~4時

テーマ:「いのちのスープ」を通じて語りませんか

(話題提供 丸山範子さん)

場所:佐久市民創錬センター

*~*~*~*~*~*~*~*~*

5月18日㈯ 

『軽井沢 あうんの家』

時間:午前10時半~12時「まなびば」

テーマ:「がんについて語る」(油井さん)

    午後2時~4時「かたりば」

場所:軽井沢追分521 あうんの家 にて

担当:荻原菜緒

*~*~*~*~*~*~*~*~*

5月18日㈯

『がん哲学外来 八ヶ岳メディカルカフェ』

時間:午後1時半~3時半

場所:日本基督教団 八ヶ岳伝道所 

山梨県北杜市高根町箕輪2265-3

参加費:300円

担当者:清水美穂、山本護牧師

*~*~*~*~*~*~*~*~*

5月25日㈯」

『松本がん哲学みずたまカフェ』

時間:午後1時半~3時半

テーマ:『不安の受け止め方と対応」

(講師:中村章人先生 「心の相談支援室」主宰)

場所:松本市勤労者福祉センター

参加費:200円

担当者:齋藤智恵美

第37回『心に咲く花』 「優しい眼差し と 真摯なご配慮」〜 「寄り添う」の実体験 〜

第37回『心に咲く花』

「優しい眼差し と 真摯なご配慮」〜 「寄り添う」の実体験 〜

ミモレ 樋野先生

 

夕刊朝日新聞(2019年5月1日)の柏木哲夫先生(淀川キリスト教病院名誉ホスピス長)の『よい最期はよく生きた先にある』の記事の中の「在宅ケアをかなえるには、現実的な新しい支援の仕組みと、今以上に公的な予算が必要になると思います。」の記述は、大変 示唆に富むものであった。早速、柏木哲夫先生から「樋野先生 新聞記事に対するコメントありがとうございました。」との温かい ご返事を頂いた。齋藤智恵美 代表からは『以前、樋野先生と柏木先生が ご一緒に出された ご本も読みました。「ユーモア」についても学ばせて頂いています!』との 大いに勇気付けられ、励まされる お言葉を頂いた。

 

いよいよ「平成から令和へ」の幕開けである。思えば、2016年 皇居で、wifeと「上皇」と「上皇后」と面会する機会が与えられた。御二人の「優しい眼差し と 真摯なご配慮」が、走馬灯のように蘇る。他者への「寄り添う」の実体験でもあった。今年の「流行語大賞」は、「寄り添う」が、ふさわしのでは!

 

「新渡戸稲造記念 センター」に出向いた。「新渡戸稲造記念センター」開設記念 市民公開シンポジウムが企画されることが決まった。歴史的大事業である。夕方は「南原繁研究委員会編集委員会」に出席した(学士会館に於いて)。筆者は「南原繁研究会の代表」に加え、この度、「編集委員長」も仰せつかった。「新渡戸稲造・南原繁」は、筆者の青年時代からの基軸でもある。

 

本日は、新宿武蔵野館での「がんと生きる 言葉の処方箋5月3日(金)公開」に赴く(添付)。その後は「今は亡き父の『7周忌』」で、島根県 出雲大社鵜峠に、wifeと息子と帰郷の為、羽田空港に向かう。今回の映画は、まさに「今は亡き父への 天国への 大いなるプレゼント」に 成る のでは なかろうか!

第34回『一億本の向日葵』 ~喜びはここに~ 

第34回『一億本の向日葵』

~喜びはここに~    

昨年の春、新緑の木々の葉っぱの間からきらきらと木漏れ日が差し込む松本市のあがたの森文化会館の別棟の2階で、私はカフェの準備をしていました。そこには5月3日から新宿武蔵野館で上映がスタートする ドキュメンタリー映画『がんと生きる 言葉の処方箋』 の野澤監督とカメラマンの堂本さんが同行され、テーブルや椅子、お茶を用意する私の姿を撮影していました。そこに静かに入ってこられた年配の女性。準備も一段落していたので少し隣に座ってお話を伺いました。その私たちの様子を見ていて何か感ずるものがあったのか野澤監督は「お母さん、この本お母さんに差し上げますよ。」と撮影時にいつも持ち歩いていた樋野先生のご本をその女性に差し上げたのでした。その方はカフェの語り合いの時間にはいつも「私は耳が遠くて皆さんの声がうまく聞こえないもんですから・・でも皆さんのお顔に元気をもらっています。」とほとんどお話なさらないのですが、遠く離れたところに住む娘さんが乳がんを患い、その娘さんの姿を重ねながらカフェに参加している方々のお話を静かに聴いて下さっているようでした。昨年の8月11日に樋野先生をお招きして講演会を開催した時にも、「こんな素晴らしい先生にお会いできるなんて嬉しい。」と笑顔でお話してくださいました。それから約半年間、その方がカフェに訪れることはなく、カフェの度にその方のお顔を思い浮かべてはどうされているかな・・と思っておりました。また映画『がんと生きる 言葉の処方箋』のことに触れる度に思い出される存在でした。

昨日は4月のカフェ開催日。昨年とは違いカフェの準備も私一人ではなく、お二人の方が手伝って下さいました。一通りの準備を終え、フロアの椅子に座ってミーティングをしていた時、エレベーターの前に立つ一人の女性の後ろ姿に目が留まりました。「あっ!」と思った私はドアのしまったエレベーターを追いかけて階段を駆け上がりました。そしてその姿を見つけ、声をかけました。感極まり思わず二人で抱き合い、この半年間のできごとをお聴きしました。ここに足を運ぶ元気を取り戻すまでにどれだけの道のりがあっただろう・・・とお顔を見せて下さったことに心から感謝の気持ちと喜びが溢れました。カフェで色々な方とお話して笑顔を見せて下さったその帰り際、「監督さんは元気?手術したばかりだって言っていたから気になってね。」と野澤監督の事を気にかけて声をかけて下さいました。「もうすぐ上映なので、元気に飛び回っていらっしゃいますよ。」と返すととても嬉しそうに「良かった。」と答えられました。月に一回のカフェ。毎回お会いできることは奇跡かもしれない。そう思わずにはいられない出来事でした。

映画上映まであと数日。

がんと生きる 言葉の処方箋上映の情報はこちら

この映画がたくさんの方の明日の力になりますように。

2019/4/27松本がん哲学みずたまカフェ

ひまわり担当🌻齋藤智恵美

第36回『心に咲く花』 不思議なタイミング〜「新渡戸稲造記念センター 長」&「南原繁研究会 代表」就任〜

第36回『心に咲く花』

不思議なタイミング〜「新渡戸稲造記念センター 長」&「南原繁研究会 代表」就任〜

ミモレ 樋野先生

土曜日の午前中は、5回シリーズ{早稲田大学 エクステンションセンター 中野校 春学期講座『がんと生きる哲学 〜 医師との対話を通して「がん」と生きる方法を考える 〜』}の、第4回目の講座であった。午後は、東中野キングス・ガーデンでの「がん哲学外来 東中野メディカルカフェ:ひとりで悩まず 話してください:4周年記念講演『楕円形の心』」に赴いた。夕食会は、筆者の「新渡戸稲造記念センター 長」&「南原繁研究会( nanbara.sakura.ne.jp/ – キャッシュ ) 代表」の就任( 研究会代表のあいさつ )の話題で大いに盛り上がった。

 

ラジオNIKKEI第1 毎週金曜日 11:35~12:30毎週土曜日 20:30~21:25(再放送)4月26日放送【大人のラヂオ】(otonanoradio)「樋野興夫のがん哲学学校のコーナー」を拝聴した(添付)。「今回は、―― 文部科学省選定のドキュメンタリー映画『がんと生きる 言葉の処方箋』に 焦点をあててお送りします。ゲストは、ドキュメンタリー映画監督の野澤和之さん。野澤監督を囲んで、映画制作のエピソード等を披露いただく。また、映画に ご出演をされた方々の、映画撮影時のエピソード等をお話しいただく。尚、5月3日の新宿武蔵野館の公開初日では、伴わせて、樋野氏、野澤氏等によるトークショーも開催されます。」と紹介されていた。名古屋での映画「がんと生きる言葉の処方箋」特別試写会に招かれた(添付)。全て本当に不思議なタイミングである。

4/26放送 ラジオNIKKEI収録記念写真

第33回『一億本の向日葵』 ~感情を経験する覚悟~

第33回『一億本の向日葵』

~感情を経験する覚悟~

私たちは生きる中で、日々の中で様々な感情を体験していると思います。嬉しいことや楽しいことだけでなく、悲しいこと苦しいことなど、こと細かく見ていけば1時間の中でもきっとあっちやこっちといろいろな気持ちを体験しています。そしてそこには必ずその気持ちを引き起こす出来事や考えがあります。私の日常で言えば・・・息子が新しい算数セットを持ち帰ってきて、その中の細かい道具一つ一つ計150個に名前シールを貼らなければならない。想像するだけで少し面倒だなという気持ちを味わいます。しかしその直後には、息子のふざけて踊る姿を見て楽しい気持ちを味わう。これらの感情の行き来は日々の中でもよくある出来事ですので、そこに感情があることでさえ改めて意識をする人は少ないかもしれません。しかし、その感情の引き金となる出来事によっては、その感情の存在感はとても大きくなり、手に負えない、手放したいと思うこともあります。もう何年も前ですが、悩みを抱えていた私の友人が立てた新年の目標がとても印象的でした。彼女の立てた目標は「平常心」。何があってもぶれない心で居たいと話すのを聞いていて、なるほど・・と思ったのを今でも覚えています。私も日々感情に振り回されていますが、そんな時の私の特効薬は樋野先生の言葉の処方箋「ほっとけ ほっとけ 気にするな」です。それでもまだ気持ちが落ち着かない時には、ご講演でお話して下さる新渡戸稲造の言葉「センス・オブ・プロポーション=大切なことを大切だ、どうでもいいことをどうでもいいと優先順位をきちんとつけられるバランス感覚を養う。」を思い出し、「これは私にとって重要で大切なことだろうか?」と自問します。するとたいてい場合、ほっとけることだと気が付きます。しかし自分にとってとても重要でほっとくことができない出来事も時にはあります。そんな時には「一日一時間の静思」がいいと樋野先生はヒントを下さいます。一人静かな場所で自分にとって重要なことにとことん向き合う。そこにはそれに伴う感情にもとことん向き合うという意味が含まれていると私は思っています。普段は尻込みして触れないようにしている感情。その感情の存在を許す覚悟。揺れ動く感情、一番恐れていた感情の存在を受け入れる覚悟が、大きな流れの中でバランスを崩さず平常心を保つ方法なのかもしれません。

4月20日に参加させて頂いた八ヶ岳のメディカルカフェで、がんを患う家族を支える方々のお話を聴いて「がん哲学」はカフェの時間以外にもずっと続いていると改めて感じました。暖かい陽ざしの中、とても充実した時間を過ごしました。

ひまわり担当🌻齋藤智恵美

第35回『心に咲く花』 “学者”の定義 〜 心に咲く 言葉の処方箋 〜

第35回『心に咲く花』

“学者”の定義 〜 心に咲く 言葉の処方箋 〜

ミモレ 樋野先生

週末の土曜日は、5回シリーズ{早稲田大学 エクステンションセンター 中野校 春学期講座『がんと生きる哲学 〜 医師との対話を通して「がん」と生きる方法を考える 〜』}の、第3回目の講座であった。今回の箇所は、教科書『がん哲学』(EDITEX発行)の 30ページからの『睡眠中の遺伝子、活動中の遺伝子 〜 違いに意義あり 〜』・『がんの告知 〜 問われる医師の人格 〜』・『吉田富三の言葉』あった。受講者の方との昼食後「鎌倉 明月院」での、講演『すべて時にかなって 〜 人生の季節 〜』に向かった(添付)。多数の参加者で感激した。楽しい夕食の時もあり、湘南鎌倉総合病院 乳腺外科部長 田中久美子 先生 をはじめスタッフの方々の企画力には 大いに感動した。講演前に散歩しながら「明月院」の歴史を探索した。来年は、紫陽花の満開の6月に 開催されるようである。

北鎌倉から電車で帰京中、奈良在住、京都在住の方から、毎日新聞夕刊(2019年4月20日付け)1面の映画『がんと生きる 言葉の処方箋』の記事が送られてきた(添付)。また、今朝の朝日新聞(2019年4月21日付け)の教育面(全国版)には名古屋の「どあらっこ」が大きく紹介させているとのことである。

 

日曜日の午後は、定例の「東久留米 がん哲学外来・カフェ」(CAJに於いて)である。Wifeが参加者に菓子を用意してくれた。その後は、定例の読書会(東久留米駅前のインド レストラン ルチアに於いて)である。今回の読書会の箇所は、「『代表的日本人』(内村鑑三著)の四 中江藤樹 4 近江の聖人(121ページ〜)」である。“学者”の定義の学びである。『第1回がん哲学外来 毛利台メディカルカフェ〜 特別講演 〜 “心に咲く花”〜 心に響く言葉の処方箋 〜」』 (毛利台3丁目 自治会館に於いて)が、企画されている(添付)。

朝日新聞 どあらっこ