第19回『一億本の向日葵』 ~“自分だけ”例外を外す~

第19回『一億本の向日葵』

~“自分だけ”例外を外す~

 

昨日で『心に咲く花』会が設立して5カ月が経った。私にとって、文字通り“濃い”時間で、様々な事に対してより深く考える癖がついてきたように思う。『心に咲く花』というキーワードを意識しない日はないほど、自分の中に大きな柱となって存在し、常にその視点を持つことを促してくれている。普段、介護という仕事を通して、ご高齢の方、病や障害と共に生きる方と交流の機会を頂いているが、『心に咲く花』という見えない花の種を探す習慣が、こんなにも喜びを運んでくれるものかとつくづく感じる毎日である。

『心に咲く花』は、その人が最も輝く個性であり、その輝きは周囲をも明るくする。そして、その輝きは、使命感を伴うことでより輝きを増す。介護の現場で出会う方々や、カフェで出会う闘病中の方々の中には、社会との間に大きな壁を感じている方が少なくない。それゆえに、自分の中にある『心に咲く花』の種を見失っていたり、“そんなものはない”と思い込んでしまっている場合もある。私自身もその気持ちがとてもよく理解できる。“個性”というと、際立ったもの、大それたもののように感じ、社会に提供できるものなど何もないという思いが重くのしかかってくる――――。

私は時々、家族性・進行性の病による重度心身障害を抱えた高志さん(当時20代)と過ごした日々を思い出す。病気の進行により、意思疎通が難しかった高志さん。病による過度な筋肉の緊張で歯を食いしばり辛い表情をしているか、その緊張を和らげるための薬によりウトウトしているかの繰り返しであったが、元気な頃に接していた方から「高志さんは水戸黄門が大好きだ」と聞いていた私たちスタッフは、高志さんとの活動時に、本気で水戸黄門の歌を歌った。時にはかつらをかぶって、時にはタンバリンを持って。女性にとっては高いキーで歌うか低いキーで歌うか難しい曲だが、“高志さんの笑顔が見たい”その一心で歌った。

「高志さんが笑った!」

声はない。静かにゆっくりと口角があがり、白い歯が見えた。

笑顔がこんなにも幸せを届けてくれる。思い出すだけでも、何とも滑稽な私たちの姿に笑いが込み上げてくるが、この経験をした私は、心から溢れ出た笑顔は、『心に咲く花』の芽であり、周囲を本当に明るくするということ、それがどんな人の中にも存在すると知ることができた。今現在接している方々の笑顔からも、どれだけ多くの喜びを頂いているかわからない。ただ困ったことに、“自分だけ”は例外になりやすい。「私が楽しんで、心から笑うことが周りの人を幸せにする」なんて信じられないのである。これはきっと多くの方が感じられているのではないかと思う。今年は私の、多くの方の“自分だけ”の例外が外され、暖かくなる頃にはたくさんの『心に咲く花』の芽が見られるように、日々土壌を柔らかくすることに励みたい。

ひまわり担当🌻齋藤智恵美

第21回『心に咲く花』 正しい動機 〜『種を蒔く人になりなさい』〜


第21回『心に咲く花』

正しい動機 〜『種を蒔く人になりなさい』〜

樋野先生

週末の「東久留米 がんセミナー」(成美教育文化会館大研修室に於いて)は、会場は、満員であった。感激した。佐々木淳 先生(医療法人社団 悠翔会 代表理事長)の基調講演『これからの医療と介護のカタチ』の内容は、大変、新鮮で、大いに勉強になった。続いて、筆者は、特別講演『メディカルビレッジの構築に向けて 〜 医療の協働体 〜』の機会が与えられ、人類の進むべき「医療の協働体」の東久留米市モデルについて、語った。質疑応答も、大変、活発に行われた。各種の職業のスタッフの熱意には、感服した。懇親会も、大いに盛り上がった。今後、定期的に、異分野の交流として、継続される予感がする。

 

筆者が倫理委員を務める【新渡戸記念中野総合病院】の、新年1月号【新渡戸記念中野総合病院だより】の理事長兼病院長 入江徹也 先生の『新年のご挨拶』と、副医院長 山根道雄 先生の『新渡戸の言葉』には、大いに感動した。1931年6月11日 東京基督教青年会館(YMCA)での、東京医療利用組合 創立発起人会で、議長を務めた、新渡戸稲造が、「−−−、人に対し何か お役に立たねばと考える。−−− 金力がなくとも 正しい動機によってなされたものは、かように 立派に成功するということを 天下に示さなければなりません。」と挨拶で、述べたことが、再び 鮮明に甦って来た。まさに、『種を蒔く人になりなさい』では、なかろうか。今から、我孫子の教会で、午前中は、『種を蒔く人になりなさい』、午後は、『楕円形のこころ 〜個性を引き出す〜』の講演に赴く。

第18回『一億本の向日葵』 ~カナリアとなる~

第18回『一億本の向日葵』

~カナリアとなる~

新しい年、平成から新たなる時代への大きな変化の年を迎えました。皆さまにとって実り多き一年になることを感じております。本年も宜しくお願い申し上げます。

 

先日、『心に咲く花』会のさくら担当も務めて下さっている星野昭江さんが、運営に携わる『佐久ひとときカフェ』に参加させて頂いた。今回で92回を迎える『佐久ひとときカフェ』と共に歩んできた運営スタッフの方々の“受け入れる力=頑丈な空っぽの器”にはいつも学びを頂いている。今回のカフェでは、小諸市在住の男性が家族性大腸線腫と共に歩んできた半生についてお話をして下さった。今までも、そしてこれからも病と共に歩む。免れない遺伝性の病や、旅立ったご家族への思いや寂しさを抱き生きる中で、それでもいつも穏やかに、愛情深く接して下さるあり方に深く深く感動した。お話の後に、一人ひとり感想を述べた。がん哲学外来市民学会事務局を務めていらっしゃる片桐孝子さんは、「病や苦難と向き合う時間はとても神聖なもの。日常を取り戻していくと少しずつ薄れてしまう。この場はそのことを思い出させてくれる大切な場所。」と語られた。病、大事な人との別れ、苦難と向き合うことは、決して簡単ではない。しかし、感覚や感情が研ぎ澄まされるこの時間は本当に“神聖な学び”を与えてくれるのだと、今まで接してきたたくさんの方々のお話からも実感している。

私自身が病と向き合い始めた頃、“心ない言葉”を投げかけられることもあった。その時に「その言葉は本当だろうか。私がカナリアとなり、確かめよう」と思った。カナリアは、一般的に家庭でも鳥かご等で飼われている可愛らしい鳥だが、いち早く毒ガスを探知する特性(普段は常にさえずっているが、異変を感じると鳴きやむ特性)から、昔は炭鉱の掘削作業時に警報として使用されていたという。感覚や感情が研ぎ澄まされる“神聖な学び”の時、私たちはカナリアのように敏感になり、今までいた社会に生きづらさを抱く。私の場合は、“誤魔化せなくなってしまった”と感じたのである。病、大事な人との別れ、苦難と向き合う、この神聖な学びの時間は、大切な何かを思い出させてくれる。大切な何かを思い出せたのなら、樋野先生から教わった『人生には順境も逆境もない』という新渡戸稲造の教えが自分の中に生きてくる。“思い出した大切なこと”は人それぞれ違うと思うが、きっと生きづらさのある社会で緩衝材の役割、カナリアの役割を果たすのだと私は考えている。

1月5日佐久ひとときカフェ
左から、ダンス教室主宰土屋先生、星野先生、齋藤

ひまわり担当🌻齋藤智恵美

第20回『心に咲く花』 2019年の幕開けの希望 〜 全ての人は“良医”になれるのかもしれない 〜

第20回『心に咲く花』

2019年の幕開けの希望 〜 全ての人は“良医”になれるのかもしれない 〜

樋野先生

 

2019年の幕開けである。

 

今年の正月は、娘夫妻が住むボストンで、wifeと過ごした。ボストンからの帰国の 眠れぬ約13時間の飛行機の中で、筆者は、『サザエさん一家』と『夢をかなえて ドラえもん』の2曲を 何度、何回も聴いた。『サザエさん』の「愉快で、元気」な姿、『ドラえもん』の『迷わないで 靴を履いて出かけよう 大丈夫さ ひとりじゃない 僕がいるから』(作詞:黒須克彦)の歌詞には、大いに感動した。

今の社会に必要なのは、『サザエさん』と『ドラえもん』のように、「輝く夢」を持って、「種を蒔く人になりなさい」では、なかろうか。

 

年末、会津若松で講演した時の新聞記事(福島民報)『取材メモから 〜 言葉の処方箋 〜』が送られて来た。そこには、『〜 がん哲学外来の提唱者・樋野興夫 順天堂大医学部教授は実例を紹介した。命の期限と向き合う人には「良い人生は最後の五年で決まる」、仕事への早期復帰を焦る人には「病は人生の夏休み」、気力を失っていれば「生きている限り使命がある」。−−− たとえ病根を取り除けなくても、言葉は生きる力を呼び起こせる。だとすれば、全ての人は“良医”になれるのかもしれない』 (新聞記者:柳沼光 氏 より)と紹介されていた。大いに感激した。まさに、2019年の幕開けの「希望」でもあろう。

「万座に咲く花々達」  森尚子さん(目白がん哲学外来カフェ代表)

「万座に咲く花々達」

がん哲学外来カフェin万座クリスマス会(H30.12.21)

年末ながら思いのほか暖かい陽気の中、主人と新宿からの直行便バスに揺られ日進館に向かいました。市村さんにJeanさん、笑顔のお迎えに心が弾み、クリスマス会が待ち遠しくなりました。

クリスマス会は、参加者全員の一斉クラッカーで始まりました。大盃で片山先生が乾杯すると大喝采、一気に盛り上がります。日進館名物の「まごわやさしい会席」に舌鼓です。舞台の特設スクリーンでは、同じ舞台で樋野先生の誕生日会に公演された、がん哲学外来ミュージカルの映像が流されました。色褪せない良き思い出に感謝です。YouTube日進館チャンネルで観られるそうで、たくさんの方に「がん哲学外来」を知っていただきたいです。宴がすすむとカラオケです。まずは樋野先生の18番「くちなしの花」、そして星野ご夫妻のデュエット、土屋さんとお友達による「365歩のマーチ」のダンスと歌、最後は子供達の可愛い「USA」ダンスと賑やかな花がたくさん咲きました。天空の雪降るクリスマス会、笑って歌って食べて踊って、まさに「人生いばらの道されど宴会」のひとときでした。

高効能の温泉、ケイ素豊富なミネラルが含まれた食事、そして何といっても従業員の皆様の寄り添いの心とおもてなし。日本初のメディカルビレッジ実現を切に望み、6月の再会を楽しみに日進館を後にしました。

森さん、彦田さん、斉藤
右から、斉藤、彦田さん、森さん

目白がん哲学外来カフェ代表
森尚子

第17回 『一億本の向日葵』 ~もしかしたら、この時のためかもしれない~

第17回 『一億本の向日葵』

~もしかしたら、この時のためかもしれない~

 

今年も残り一日となった。もし2018年元旦の私に会って、今年一年の出来事を話してもきっと「うそだぁ!」と軽く返されてしまうだろう。また、乳がんと向き合い始めた頃の私に、今の私の心情を話したら、きっと「ほんと?」と涙を流して、目を輝かせてくれるだろう。

『がん哲学』に出会えたこと、『がん哲学』を通してたくさんの出会いを頂けたことは、私にとって呼吸を取り戻す為の本当に大切でかけがえのない出来事である。そしてこうして、樋野興夫先生、佐久ひとときカフェの星野昭江先生、名古屋のシャチホコ記念カフェの彦田かな子さんと『心に咲く花』会を通して、交流の機会を頂けたことは、“わたし”という小さな枠を超え、個性という「心に咲く花」、使命感という「人生から期待される生き方」を見つめ、考え続ける大きなきっかけであった。『松本がん哲学カみずたまカフェ』でもたくさんの方と出会い、「どう生きるか」を共に考えたひとときの積み重ねは、何事にも代えがたい生きた時間で、そうしたそれぞれの出会いや学びは、応援し支えて下さる方々と、私が想像もしえなかったアイデアを投げかけ、その経過を「素晴らしいですね!」と温かく励まして下さる樋野先生の存在なくてはあり得なかった。“30メートル後ろから見守られている”事を体感した一年間は、感謝の気持ちなくしては語ることはできない。

「もしかしたら、この時のためかもしれない」樋野先生から頂いたこのメッセージを、がんや苦難と向き合っている時の自分に、“決して今が答えではない。もしかしたら、この時のためかもしれないと思える時がくる”と伝えたい。期待通りに人生が進まないとしても、人生からは温かい期待のまなざしを向けられている。私の小さな想像力の中で生まれた期待をはるかに超える思いもよらない形で・・・。その期待を心で捉え、“今を懸命に生きる”ことを大切にしたいと思えた一年間であった。

 

『松本がん哲学みずたまカフェ』、『心に咲く花』会での活動を支えて下さった皆さま、『一億本の向日葵』を優しく見守って下さった皆さまに心より感謝申し上げます。来年も皆さまにとって豊かな年になります事を祈っております。ありがとうございました♪

ひまわり担当🌻齋藤智恵美

第19回『心に咲く花』 『人生いばらの道、にもかかわらず宴会』〜 脳に染みこんで来るテーマ 〜

第19回『心に咲く花』         

『人生いばらの道、にもかかわらず宴会』〜 脳に染みこんで来るテーマ 〜

 

「2018年 がん哲学外来カフェ in 万座温泉 〜 クリスマス会 〜」に、wifeと赴いた。日進舘の市村雅昭 氏(写真)の『明確な目的』−>『具体的な目標』−>『綿密な計画』には感服した。『心に咲く花』会 代表の齋藤智恵美 氏の ご家族も 参加されていた(写真)。「先生のされている事が、患者さん、その家族、医療従事者、関係者、といったそれぞれの立場の 違う人たちの 気持ちを支え、前向きに進めるようリードされている事は まさに神様が先生にそのギフトを与え、託されたものであり、先生がそれを実践されている事は大いなる励ましと祝福だと思います。」と、本当に身に余る 勇気づけられるコッメントも頂いた。「少しだけ蒔く者は 少しだけ刈り取り、豊かに蒔く者は 豊かに刈り取ります。」(コリントII  9章 6節)が、脳に染みこんで来る、今日この頃である。

新号となる来年は、6月に開催が、「速効性と英断」で決定されたようである。

 

今週、国立病院機構沼田病院での「内村鑑三記念 メディカルカフェ・沼田」に赴いた。スタッフの方との 美味しい昼食の時は、最高であった。今日は、筆者が、客員教授を務める埼玉医科大学総合医療センターブレストケア科での「小江戸がん哲学外来」である。終了後は、スタッフとの忘年会も企画されている。

 

2018年も、いよいよ 終わりでる。時の経つのを、早く感ずる今日この頃である。今年の年末、来年の年始は、娘の住むアメリカのボストンで、家族で過ごす予定である。『人生いばらの道、にもかかわらず宴会』は人類のテーマであろう。

万座温泉①

万座温泉③

第16回 『一億本の向日葵』 ~ことばの処方箋を感じる~

第16回 『一億本の向日葵』

~ことばの処方箋を感じる~

12月22日・23日に、万座温泉日進館で行われた『がん哲学外来クリスマスパーティー』に参加させて頂いた。標高1800メートルに位置する万座温泉は、湯治場としても名高く、泉質の良さ、おもてなしの温かさ、偉大なる自然の包容力が、肌で感じられる最高の環境である。「一人の人を癒すために、一つの村が必要である」という樋野先生の”Medical village “のモデルであることを体感した。クリスマスパーティーでは、歌、ダンス、おいしいお食事を楽しみ、その後は一般の宿泊者も参加できる樋野先生のミニ講演会も行われとても有意義な時間を過ごした。その後の歓談の席で、語り合われたことがとても印象に残った。

 

「ことばの処方箋」。がん哲学や樋野先生についてご存知の方には、とても馴染みなる言葉である。「ことば」は、ある程度だれでも自由に扱うことができるコミュニケーションの道具であり、「処方箋」は医師が処方を書き記した文書を示した言葉である。一般的な要素と専門的な要素が結びついた面白い言葉である。薬は、患者の手元に届くまでに気の遠くなるような過程を通ってきている。病気の研究、薬の研究、診察、診断、などなどなど・・・私には想像もつかない程である。副作用があるからもちろんであるが、それほど精密に慎重に扱われている。だからこそ医師の正確な判断に基づいた処方箋が必要である。「ことば」はどうであろう。歓談の中で触れられた「ことばの処方箋」の話から、処方される「ことばたち」も偉大なる先人たち、樋野先生の恩師、樋野先生自身の様々な研究過程を経て、悩める人の心によりストレートに届くような言葉になっているのだと知った。そして、“相手の必要に共感する”対話が、処方には欠かせない。自分の感情を押し付けては、診察同様に的確な処方はできないことも学んだ。人は言葉によって元気づけられることもあれば、傷つけられることもある。日々何気なく使っている言葉が、「ことばの処方箋」のように自分や周囲を勇気づけるものであったら、日々の出来事の見え方、感じ方も大きく変化するだろう。樋野先生から処方された言葉が、その人の中でどのように作用していくのか。それはまるで、「その人」と「言葉」との人生を紡ぐ協働作業なのではないか。何気ない歓談の中で、たくさんの気付きを頂き、本当に嬉しい時間であった。

ひまわり担当🌻斉藤智恵美

第18回『心に咲く花』 『人を見る目』〜 役割を持たれて生きられている 〜

第18回『心に咲く花』

『人を見る目』〜 役割を持たれて生きられている 〜

樋野先生

 

会津若松にある  千円札の野口英世(1876~1928)の「青春広場」を訪問する機会が与えられた。野口英世の手紙には、大いに感動した(添付)。まさに、「人生 順境も逆境もない」(新渡戸稲造)である。

野口英世

 

名古屋の中京テレビ報道局から、下記が送られて来た。

2018年12月18日(火) 15:50~19:00 中京テレビ「キャッチ!」内で放送

http://www.ctv.co.jp/catch/

Yahoo!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181219-00010006-sp_ctv-l23

中京テレビ HP

https://www2.ctv.co.jp/news/2018/12/19/34728/

 

「早速、がん哲のことや 先生のことを お話ししている方々にお知らせしました。」、「航大くんの 可能性を見抜かれた先生の『人を見る目』は やはり凄いとあらためて思いました。」、「先生との出会いで 彼の人生は大きく変わり、そして彼がまた多くの人の心を救う。素晴らしいです。」、「中京テレビの中村航大さんの記事を読ませていただきました。役割を持たれて生きられている姿は輝かしいですね。」

 

筆者が、理事を務める東京女子大学のクリスマス会に招待された(THE TOKYO STATION HOTELに於いて)。教職員による演奏会には感激した。筆者の教室の忘年会であった(本郷のレストランに於いて)。大いに盛り上がった。今年も、残り10日になった。時の経つのが、早く感ずる、今日この頃である。

第15回『一億本の向日葵』 ~ものがたりを聴く~

第15回『一億本の向日葵』

~ものがたりを聴く

先日14日㈮に開催された東京試写会に続いて、松本では16日㈰にがん哲学ドキュメンタリー映画「がんと生きる 言葉の処方箋」の試写会を開催した。松本がん哲学みずたまカフェでの撮影などにご協力頂いた方々との再会はとても喜ばしいものであった。今は亡き方と映画を通して再会できたことも、悲しみと喜びを一緒に運んで来てくれた。

「ものがたり」。この映画には多くの「ものがたり」が収められている。本当に唯一無二のかけがえのない「ものがたり」。観る人の心にはきっとそれぞれの「ものがたり」と重なりながら届くのではないか。

今月で18回目を迎えた松本のカフェでも、本当に多くの方の人生の「ものがたり」が語られている。日常の中ではあまり語られることのない“どう生きてきて、どう生きていくのか”という対話を可能にしているのは、やはり“がん”という共通のキーワードの存在と、『がん哲学』の場である。そして、実はその恩恵を一番受けているのは、誰でもない主宰者の私である。参加者の皆さんの人生の「ものがたり」は、いつも感動や様々な学びを下さり、私の視野を広げ続けてくれる。『がん哲学外来メディカルカフェ』のような場が増え、人生の「ものがたり」を安心して語ることができ、人生のかけがえのなさを実感できたら、きっと明日の見え方も変わってくる。

樋野先生は「いい人生は、最期の5年で決まる」と語られている。

人生の「ものがたり」の最終章はどんな風に描かれるのか。それはきっと最期の5年を意識しながら、丁寧に生きる毎日の「ものがたり」の積み重ねなのではないかと思う。

樋野先生の「がん哲学」、「言葉の処方箋」、そしてこの映画のメッセージが多くの方に届き、「ものがたり」に心に咲いた花が添えられますように。

映画ポスター

ひまわり担当🌻斉藤智恵美