【重要】ホームページ移転のお知らせ

いつもたくさんのご訪問に感謝いたします。

樋野興夫先生コラム『心に咲く花』会は、下記のブログで引き続き運用することとなりました。

新URL

https://kokoronisakuhanalife.hateblo.jp/

今後とも、『心に咲く花』会を、よろしくお願いいたします。

2021年5月24日

第144回「心に咲く花会」「すべてを始動される原動力」 〜 「汝の義務を尽くせ」 〜

第144回「心に咲く花会」

「すべてを始動される原動力」 〜 「汝の義務を尽くせ」 〜

東京女子大学の理事長と恵泉女学園の理事長との面談の機会が与えられた。  両校は新渡戸稲造(1862-1933)との縁があり、筆者は、さりげなく、両校の理事を務めている。  来年(2022年)は 新渡戸稲造生誕160周年記念である。  『「東京女子大学(1918年創立)& 恵泉女学園(1929年創立)」合同シンポジウム 〜 今、再び、女子教育 〜 』が企画される予感がする。  実現したら歴史的快挙であろう!  新渡戸稲造は幕末、盛岡に生まれている。  札幌農学校に学び、卒業後は東大に入学するが、この面接試験で将来の希望について「我太平洋の架け橋とならん」と答えたという逸話を残している。  しかし新渡戸稲造は 東大の学問レベルに満足せず、アメリカに留学する。  帰国後、母校である札幌農学校の教授に就任、教育と研究に勤め、また北海道開発の諸問題の指導にあたるが、体調を崩してカリフォルニアに転地療養をすることになる。  このカリフォルニアでの療養中に書き上げ、刊行したのが、『武士道』である。  また学問・教育の世界では、東大教授と第一高等学校校長の兼任、東京女子大学学長などを歴任した。  そして第一次世界大戦後、国際連盟設立に際して、初代事務次長に選任され、世界平和、国際協調のために力を尽くしている。  国際連盟事務次長時代の新渡戸稲造が設立した知的協力委員会である。  世界の幸福を願い、世界中の叡智を集めて設立した知的協力委員会には哲学者のベルグソンや物理学者のアインシュタイン、キュリー夫人らが委員として参加、第一次世界大戦後に困窮が著しかった各国の生活水準の調査や知的財産に関する国際条約案を検討し、各国の利害調整にあった。  この知的協力委員会の後身がユネスコである。  新渡戸稲造が、愛読したカーライルの『サーター・リサータス:衣装哲学』の『“Do thy Duty, which lies nearest thee, which thou knowest to be a Duty”(汝の義務を尽くせ。  汝の最も近くにある義務を尽くせ、汝が義務と知られるものを尽くせ)』の言葉の復学である。

2021年5月16日は、「東久留米がん哲学外来・カフェ」に赴いた。  東久留米市の広い会場で、人数を制限し開催された。  個人面談もり、大変、貴重な、有意義な時でした。  早速、「今日も素晴らしい時間をありがとうございました。  また今日は面談までしていただき 本当に感謝しております。  話をいっぱい聞いていただき 心が落ち着きました。  先生の言葉を胸に、これからも頑張って行きたい思っております。」との励ましのメールを頂いた。  その後、同じ会場、読書会であった。 「新渡戸稲造『武士道』(岩波文庫、矢内原忠雄訳)と内村鑑三『代表的日本人』 (岩波文庫、鈴木範久訳)を交互に読み進めております。 ―― 樋野先生のユニークで わかりやすい解説と さり気なく語られるメッセージに励まされ、人生の生きる意味を あらためて考えるひとときになります。」とチラシには紹介されている。  今回は、内村鑑三『代表的日本人』の「西郷隆盛」の3章「維新革命における役割」の箇所でった。  「すべてを始動される原動力」の学びの時であった。  内村鑑三(1861−1930)は、札幌農学校で新渡戸稲造と同級生であり、学んだ水産学を生かすべく国に奉職したのち、アメリカに留学し、帰国後、いくつかの学校で教鞭をとるが、いわゆる「不敬事件」が社会問題化し、一方、自身も病を得、教壇から去ることになる。  しかし不遇をかこつ何年かの間に数多くの著作、論説を発表し、これらは教育や文学、芸術などを幅広い分野に影響を及ぼした。  ちなみにこの時期に書かれた『Representative Men of Japan』(『代表的日本人』)は、新渡戸稲造の『武士道』とならぶ、世界のベストセラーになった。  「コロナ時代」求められている人物像は、「内村鑑三」、「新渡戸稲造」では、なかろうか!

第143回「心に咲く花会」「人間学」は世界共通である 〜 「国際的地位を高むる途」 〜

第143回「心に咲く花会」

「人間学」は世界共通である 〜 「国際的地位を高むる途」〜

2021年5月6日 ルーテル学院大学での『現代生命科学』授業に赴いた。  今回は、教科書『カラーで学べる 病理学』の『病理学の領域』&『細胞・組織とその障害』の箇所を音読しながら、多数の質問を受けながら進めた。  大変、充実した時であった。  「教育」の5ヶ条、(1)幅の広さ(2)弾力性に富む(3)洞察と識見のひらめき(4)示唆的な学風(5)「人間力のあるケア」の実践であろう。  また、筆者が若き日に 読書を通して学んだ『新渡戸稲造の言葉』(下記)が、「現代生命科学」にも生きる「理念」であることを痛感した。

『人生は百貨店のようなものだ』

『人間活動の目的は世界の開拓にある』

『つらいことがあっても顔には出すな』

『状況の悪いときこそ明るい面を見よ』

何故か、筆者の「ロンドンの旅」(2014年)(添付)の文章が鮮明に思い出された。  

「がん哲学カフェ in UK & 緩和ケアの祖を訪ねる旅」(毎日新聞夕刊 2014324日付け「がん哲学外来」海を越えて)を行った。  324日は、緩和ケアの発祥であるSt. Joseph’s hospiceの見学・セミナーに出席した。  特に「First Contact Team」、「Volunteering」のコンセプト&内容には、大いなる感動を覚えた。  「患者視点のチーム医療」の在り方の学びであり、日本国の遅れも痛感した。誇りを持って、役割を遂行されている、数百人の多数のボランテイアの生き生きとした風貌には、人間の使命をも感じた。  325日は、Charing Cross Hospitalの敷地内にあるMaggie’s Centreを訪問した。Centre Headのお話を伺い、存在の目的と意義を学んだ。  自由に、ふらーと立ち寄れる相談の場があることは、患者・家族にとって、大いに慰めされることであろう。  326日は、現代ホスピスの祖と言われるCicely Saundersが始めたSt.Christopher’s hospiceの見学・セミナーに出席した。  特に「Nursing」、「Social Work & Bereavement〈死別〉」について教育の大切さを学んだ。  ロンドン大学では、まず、Death Caféの提唱者のお話を聴き、その後、6〜7名の小テーブルに別れて対話し、休憩を挟み、私は、講演『「がん哲学~われ21世紀の新渡戸稲造とならん〜」(「Cancer Philosophy I want to become the Nitobe Inazo (18621933) of the 21 century〜」)』の機会が与えられた。  会場一杯で、在英日本人、英国人も、全くと言ってよいほど、ご存じない「がん哲学&新渡戸稲造」の話を熱心に、聴いて下さった。  「がん哲学&新渡戸稲造」は、現代の世界情勢と、混迷感のある時代において、日本国の存在を語るのに、極めて良いテーマであると、実感する時となった。  「人間学」は世界共通である。  「チアフルな顔付を以て人に接し、見ず知らずの人に対しても、ーー、それがーー日本の国際的地位を高むる途である、」(『余の尊敬する人物:矢内原忠雄 著(岩波新書)』「新渡戸博士」より)。

まさに、人生は、想い出づくりである。

第142回「心に咲く花会」Genotype, Phenotype, Dramatype 〜『自らの強みを基盤にする』 〜

第142回「心に咲く花会」

Genotype, Phenotype, Dramatype 〜『自らの強みを基盤にする』 〜

2021年4月29日(「昭和の日」の祝日)ルーテル学院での『現代生命科学』の2コマの講義(14:30-16:10、16:20-18:00)に赴いた。 今回は、初回の授業であったので『がん病理学』の総論的な講義をした。 [『がん病理学』 は「がん」に関しての学問で、 『形態』 、 『起源』、 『進展』などを追求する学問分野である。 当然がん研究者だけのものでなく、一般社会の人々の為の学問でもある。 がん病理学者が『がん』 をどの様に考えるかは、とても大切なことである。 なぜなら『がん』に対する概念が世界観、人生観、ひいては日常の決断や行動をも時には決定するからである。「がん」の『起源』 と『進展』を学ぶことは、ある意味では人生の意義と目的の『静思』 へとも導くものと考える。これこそ、『がん病理学者の社会貢献』 である]と語った。

「発がんの連盟的首位性 〜 Genotype, Phenotype, Dramatype 〜」については、『「適時診断と的確治療」:初期条件がある範囲にあると、初期の変異が経時的変化とともに 分子の相互作用によって、様々に拡大し、将来予測が不可能になる。  これは初期のわずかの変異で大きな効果が出ることを意味する。非平衡状態にあり外部と相互作用する開かれた複雑系では、初期状態(Genotype)が同じでも、外部から、意識的に適時に介入すれば、ある特異点(Phenotype)で分岐し 多様性のある制御(Dramatype)が可能になるはずである。 病気はDramatypeなる故に、予防、治療が成立する。』と説明した。

筆者の「癌学事始」は、人生邂逅の3大法則 ~良き先生(重心)、良き友(外心)、良き読書(内心)~ と下記を紹介した。

  • 山極勝三郎(1863-1930)

段階ごとに辛抱強く 丁寧に仕上げていく 最後に立派に完成する

  • 吉田富三(1903-1973)

自分のオリジナルで流行をつくれ ~ 顕微鏡を考える道具に使った最初の思想家 〜

顕微鏡でみた癌細胞の映像に裏打ちされた「哲学」

 「がん細胞で起こることは人間社会でも起こる」=がん哲学

3. Alfred G. Knudson(1922-2016)

「競争的環境の中で個性に輝く5箇条」

(1)『複雑な問題を焦点を絞り単純化する』

(2)『自らの強みを基盤にする』

(3)『無くてならないものは多くない』

(4)『無くてよいものに縛られるな』

(5)『Red herring(相手をその気にさせて間違った方向に行かせる)に気をつけよ』

授業の達成目標は、

1)『世界の動向を見極めつつ歴史を通して今を見ていく』

2)『俯瞰的に「人間」を理解し「理念を持って現実に向かい、現実の中に理念」を問う人材の育成』

3)『複眼の思考を持ち、視野狭窄にならず、教養を深め、時代を読む「具眼の士」の種蒔き』

教育の目的は、1)「真の知識」、2)「あらゆる識別力」、3)「真にすぐれたものを見分ける」の実践であろう!(添付)

第141回「心に咲く花会」 「現在を的確に認識し、未来を志向する」〜 「意志の共鳴」 〜

第141回「心に咲く花会」
「現在を的確に認識し、未来を志向する」〜 「意志の共鳴」 〜

第110回日本病理学会総会(2021年4月22日〜24日、新宿の京王プラザホテルに於いて)に出席した。 今年は、北川昌伸 大会長(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 包括病理学分野 教授)のもと、テーマは、『病理学の挑戦 ― 伝統的学問からインテリジェントパソロジーまで』であった。 大いに勉強になった。「病理学者は生涯書生」・「病理学者は社会の優越者ではない」・「病理学者は自己犠牲が伴う」は、まさに、「病理学者の3ヶ条」であろう。「本質的な人間教育の見直し」は、病理学者の時代的役割であろう! 「現在を的確に認識し、未来を志向する=病理学」を極めること

は、「森を見て木の皮まで見る」ことである、マクロからミクロまでの手順を踏んだ「丁寧な大局観」を獲得する「厳粛な訓練」の場でもある。まさに、日本病理学会総会は、「意志の共鳴」の集いである。

筆者は、2010年 今回と同じ会場で、大会長として第99回日本病理学会総会を開催した。 当時の文章に『「第99回日本病理学会総会(2010年4月27日〜29日)(東京・新宿の京王プラザホテル京王プラザホテル)「広々とした病理学-深くて簡明、重くて軽妙、情熱的で冷静-」が無事終わった。 過去最高の参加人数であったとのことである。 驚きである。『病理の100年を振り返って』(菅野晴夫 先生) の特別企画(添付)、特別講演「科学の一般性、物語の一般性『2.5人称の視点』が拓くものー」(柳田邦男 氏)は、ともに1000人会場が一杯であった。 多くの病理学者に大いなる感銘を与えた。 主催者として感無量であり、涙なくしては語れない! 市民公開シンポ(4月29日)「がん医療-時代は何を求めているか?」(添付)も参加者が大幅に上まわり700人会場を1000人会場に変更した。 霞富士雄 先生『乳がん手術はどんどん小さくなっている』、有井滋樹 先生『肝がんにならない、負けない方法』、立花隆 氏『がんと私』の講演で会場の熱気が、ひしひしと伝わって来た。 パネルデスカッションも素晴らしかった。 筆者は「臨床医と患者・市民」との「懸け橋」として『がん哲学&がん哲学外来』を語った。 現代は、如何なる領域・分野においても、「陣営の外」に出て、境界に立ち、隙間を埋める「懸け橋」が求められているのではなかろうか? 本当の「隙間」は「人間の幅」であり、人間の勇気ある一歩によって、渡れるものと感ずる今日、この頃である。「広々とした病理学」は「悠々と謙虚」を生み「対立的な違いを対称化」し「未来への懸け橋」となることであろう。」とある。 また、『医学界新聞』では、『第99回日本病理学会が4月27-29日,京王プラザホテル(東京都新宿区)にて樋野興夫会長(順大)のもと開催された。 わが国病理学の1世紀の集大成として,「温故創新」と「未来への懸け橋」となる学術集会をめざした今学会では,1200題を超える演題が並んだ。本紙では,肝細胞癌研究の歴史的背景から最近の進歩までを6人の演者が報告した,シンポジウム「肝細胞癌の基礎的研究と病理診断 ― 歴史と最近の進歩」(座長=慶大・坂元享宇氏,帝京大・福里利夫氏)のもようを紹介する。』の記事が掲載されていた。 忘れ得ぬ懐かしい貴重な想い出である。

第140回「心に咲く花会」 『つもり違い10ヵ条』 &『ブスの25箇条』〜繋がりが生まれる〜

第140回「心に咲く花会」
『つもり違い10ヵ条』 &『ブスの25箇条』
〜 繫がりが生まれる 〜

2021年4月16日 本庄早稲田の「本庄がん哲学カフェ」での講演会に赴いた(本庄教会[1888年10月20日が、教会設立記念日]に於いて)。  筆者が、最初に訪問したのは2018年であったろうか?  コロナ時代の今、まずは、『コロナの時代を生きる5か条』(添付)を語った。  講演後は、真摯な多数の質問もあり、牧師、参加者の皆様の 暖かいおもてなしには、大いに感動した。  筆者は、どこの講演でも紹介するのは、若き日、故郷(鵜峠)に居た時、出雲大社の土産店で見つけた『つもり違い10ヵ条』と、約20年前に知った宝塚音楽学校の舞台裏に貼られている『ブスの25箇条』(添付)である。  家族全員が見られるように、トイレに貼って置くようにと、何時も さりげなく語る。  大爆笑である。

『つもり違い10ヵ条』

『高いつもりで低いのが教養』

『低いつもりで高いのが気位』

『深いつもりで浅いのが知識』

『浅いつもりで深いのが欲望』

『厚いつもりで薄いのが人情』

『薄いつもりで厚いのが面皮』

『強いつもりで弱いのが根性』

『弱いつもりで強いのが自我』

『多いつもりで少ないのが分別』

『少ないつもりで多いのが無駄』

人生の『つもり違い10ヵ条』を「高らかに語る人物になれ!」と話す。

『ブスの25箇条』

笑顔が無い

お礼を言わない

おいしいと言わない

精気がない

自信がない

ぐちをこぼす

希望や信念がない

いつも周囲が悪いと思っている

自分がブスであることを知らない

声が小さくいじけている

何でもないことに傷つく

他人に嫉妬する

目が輝いていない

いつも口がへの字の形をしている

責任転嫁がうまい

他人を恨む

悲観的に物事を考える

問題意識を持っていない

他人につくさない

他人を信じない

人生においても仕事においても意欲がない

謙虚さがなく傲慢である

人のアドバイスや忠告を受け入れない』」

自分がもっとも正しいと信じている

存在自体が周囲を暗くする』」

「『ブスの25箇条』のような人間には ならない」ようにと、冗談を交えながら 語ることの需要性を実感する今日この頃である。  いろいろな 繫がりが生まれる講演会は、大変有意義な貴重な時である。  筆者の定例読書会に用いる内村鑑三 著『代表的日本人』に 取り上げられている上杉鷹山(1751-1822)の「為せば成る 為さねばならぬ 何事も為らぬは 人の為さぬ成りけり」が、今回は、鮮明に蘇ってきた。

第139回「心に咲く花会」教育の原点 〜 理念の育成 & 目的の訓練 & 方法の提示 〜

第139回「心に咲く花会」

教育の原点 〜 理念の育成 & 目的の訓練 & 方法の提示 〜

昨日(2021年4月10日)「白血病から復帰し、競泳日本選手権で4冠を飾った池江璃花子 選手」が、映画『がんと生きる言葉の処方箋』を観賞され、葉書が届いた」との連絡を 野澤和之 映画監督から頂いた。  大いに感動した。  また、野澤和之 監督から、映画『がんと生きる言葉の処方箋』に登場された名古屋在住の中村航大君が大きく記載されていた 中日新聞朝刊(4月7日付)が送られてきた。  NHKスペシャル番組(2021年4月10日)、朝日新聞朝刊(4月11日付)にも 池江璃花子 選手が、大きく取り上げられていたとのことである。  素晴らしい人生の繋がりである。  筆者は、池江璃花子 選手との面識はないが、大学関係者からは、

1)絶頂期から闘病、一度はあきらめた五輪代表

2)努力は報われる・・・と、結果 先日の代表選考会で五輪キップを獲得

3)多くの人がインタビューに涙したのでは・・・

4)まだ二十歳、活躍を期待したいアスリート

です と 教わった。  また、ラグビーの福岡堅樹 選手が、順天堂大学医学部に合格し 医師になる道を進むとのことである。  栃木県在住の方からは、「ラグビーの福岡選手、在学中に 樋野先生からの講義受講の可能性は、如何でしょうか?」との心温まるメールを頂いた。  スポーツ選手も、さりげなく『がん哲学』に 興味を待たれて来たようである。  時代の大きな流れを痛感する日々である。

2021年4月10日オンライン講演会(Svenson 本社に於いて)に赴いた。  早速、参加者から「今日は、スライドは見れたのですが…先生の姿を見る事が出来ず、お声だけ聴いてました。途中は音が途切れて残念でしたが、ーー先生の声に癒されました。」との 励ましのメッセージを頂いた。  涙無くして語れない!  筆者のブログを読まれた、イギリス在住の方から、『日本の1万円札予定「渋沢栄一」氏、そして日本を変化させていった歴史的なお方達、そして同じく樋野先生は今の時代を良い方向に変化させようとされていて、いつも感動しております。偉大な方達は皆 “先見の明”と“凄まじい行動力” があり、本当に素晴らしいと思います。』との 心温まる励ましのメールが日本時間の深夜届いた。  まさに、

1)理念の育成: 「先見性と器量」

2)目的の訓練: 「正論より配慮」

3)方法の提示: 「個性と多様性」

は、「教育の原点」であろうか!

第138回「心に咲く花会」「平然と咲いている」 〜さきがけ〜

第138回「心に咲く花会」

「平然と咲いている」 〜さきがけ〜

2018年9月長野県の齋藤智恵美 氏によって立ち上げられた『心に咲く花会』は、この度、東京都の安田正人 氏が、単行本化され、HPは、娘様の真理恵 氏に バトンタッチされることとなった。 まさに、「不連続の連続性」である。

2021年4月2日は、『井の頭恩賜公園の旅』であった。大変貴重な時となった。 次回は、『多摩霊園の旅』とのことである。 多摩霊園には、「内村鑑三(1861-1930)、新渡戸稲造(1862-1933)、南原繁(1889-1974)、矢内原忠雄(1893-1961)」の墓がある。 筆者は、小学校の卒業式の来賓の挨拶「少年よ、大志を抱け」(1887年札幌農学校のクラーク博士の言葉)を強烈に覚えている。 人生の起点である。 その後、「内村鑑三 & 新渡戸稲造」へと導かれ、「南原繁 & 矢内原忠雄」との出会いが与えられた。『武士道』(新渡戸稲造)と『代表的日本人』(内村鑑三)は、座右の書であり、いかに勇気づけ、励まされたことか。 彼らの上には、新島襄(1843―1890)がいる。

2021年4月3日、『21世紀の新島・内村 カタルパ会(Vol.5)』(代表:⽚⼭和久 編集:⾼⼭千春)が ⾼⼭千春 氏から、送られてきた。『令和元年9 ⽉、群⾺県前橋で「21 世紀の新島・内村カタルパ会」が設⽴されました。 新島襄と内村鑑三は群⾺県が誇る教育者、思想家です。『上⽑かるた』(添付)を通じて幼少期から馴染み深い⼈物ではありますが、実際にどのような⼈物であったかを知っている⼈は多くはありません。 カタルパ会は 新島譲と内村鑑三が どんな⼈物だったのかを ともに学んでいく会です。』と謳われている。 また、「庭先の⼀本の梅の⽊、寒梅とでも呼ぼうか。⾵に耐え、雪を忍び、笑っているかの様に、平然と咲いている。 別に、争って、無理に⼀番咲きを競って努⼒したのでもなく、⾃然にあらゆる花の さきがけとなったのである。 まことに謙虚な姿で、⼈間もこうありたいものだ。」(新島襄)が記載されている。大いに感動した。

第137回「心に咲く花会」「良き種」 〜 実を結ぶ 〜

第137回「心に咲く花会」

「良き種」 〜 実を結ぶ 〜

「心に咲く花会」は、長野県松本市の齋藤智恵美氏によって、2018年9月HPが立ち上げれた(kokoronisakuhana.life/author/gratefuldays/)。今日(2021年3月27日)のYahoo検索で、約19,900,000件 とのことである。驚きである。  『心に咲く花』会とは{『心に咲く花』。  それは、誰の心にも咲く花。種類も色も時季もそれぞれ。種が地中で芽を出そうとエネルギーを蓄えるように、私たちの人生もいつでも花が咲いているわけではありません。  自分や家族、身近な人ががんになった時、「もう花なんか咲くわけがない・・・」そんな気持ちを誰もが一度は抱くのではないでしょうか。  それでも『心の花』はいつか咲く。  沈み込んだ地中が深ければ深いほど、その花は凛と美しい。  「がん哲学メディカルカフェ」の中で出会ってきた多くの方々がそう教えてくれました。  そんな『心に咲く花』の種を見つけ、大事に育てていこうというのが、この『心に咲く花』会です。  各メディカルカフェ開催のほか、種を見つける勉強会やイベント、講演会を企画したいと思います。  また顧問の樋野興夫先生によるコラム『心に咲く花』を 定期更新致します。  お楽しみに♪」}と謳われている。  筆者は、顧問を仰せつかって(顧問:樋野興夫先生;RFLJ2018東京上野ですわにゃんと)(添付)毎週、プログを掲載して頂いた。  齋藤智恵美 氏の 真摯な誠実な姿勢には、ただただ感謝である。  この度、単行本化が決定され、今夏には、発行される運びとなった(YOBEL Inc.:発行者:安田正人 氏)。  涙無くして語れない。  また、HPも、娘様の真理恵 氏に バトンタッチされ、継承することとなった。  本当に、不思議な出会いである。 「種子を選べば あとは 大きくなるのを 見ているだけのことで、大きくなる力は むしろ 種子の方にある」(新渡戸稲造;1862-1933)の言葉が鮮明に蘇ってきた。まさに 齋藤智恵美 氏は「良き種」である。  「エッサイの根株から新芽が生え、その根から若芽が出て実を結ぶ」(イザヤ書11章1節)は、安田親子 様であろう。  何事も特異点における「人為的な介入」によって分岐し、その後の方向性が大きく決定される。まさに「開いた扇」のようである。「段階を超える原理」のポイントが ここにある。  「起源に忠実」であること。「なすべきことをなそうとする愛」に基づく「地の塩」は、所をかえて 不死鳥の如く出現するであろう。  「目的は高い理想に置き、それに到達する道は 臨機応変に取るべし」(新渡戸稲造)の教訓が 今に生きる。  「見上げても 見飽きない 楡の木」(新渡戸稲造)になれ!

RFLJ2018東京上野ですわにゃんと

第136回「心に咲く花会」二つの義務 〜 自分の生活を全うする義務 & 社会に貢献する義務 〜

第136回「心に咲く花会」

二つの義務 〜 自分の生活を全うする義務 & 社会に貢献する義務 〜

週末(2021年3月20日)は、兵庫県の加古川バプテスト教会での『高井裕子召天記念会』に赴いた(添付)。  高井裕子 氏は昨年(2020年3月19日)47歳で逝去さ逝去された。  筆者は、2020年6月13日に、講演に赴いた(添付)。  今回は、第1部は、「召天記念会」で、「高井裕子 氏のスライド、写真、思い出、ピアノ&フルート特別演奏、梅谷悟 牧師のメッセージ」であった。  まさに、高井裕子 氏は、「わたしは、世の光です。  わたしに従う者は、決してやみの中を歩むことがなく、いのちの光を持つのです」(ヨハネ8章12節)の生涯であった。  本当に素晴らしい時が与えられた。  第2部で、『がん哲学カフェ in 播磨』代表の穂積修司 牧師が、筆者を紹介してくださり、講演の機会が与えられた。  純度の高い多数の質問には、大いに感激した。  また、『がん哲学学校 in 神戸メデイカル・カフェ』代表の神戸薬科大学の横山郁子 先生と学生さんも参加され、学生さんの真摯な態度と質問には、大いに感動した。  筆者の本を購入された参加書も多数おられ、サインをした。

往復の新幹線の中で、丁度3月19日に送られて来た『蜘蛛の子よ 〜 詩と随想集』(吉田富三著;「浅川町吉田富三顕彰会」発行)を読んだ。  参考文献には「菅野晴夫:『吉田富三先生の想い出』(2012年)、北川知行、樋野興夫編『日本の科学者吉田富三 〜 生誕100年記念』(2005年)が記述されていた。  「思いやり」、「助け合いより いたわり合い」、「医療の姿」、「二つの義務:1)自分の生活を全うする義務  2)社会に貢献する義務」の復習の時であった。  まさに「勇気を与えてくれる貴重な詩と随想集」で「がん専門医としての知識や御経験を生かして、がんに関する医学的に正しい知識」の原点である。  『国手とは「国を医する名手の意」、名医また医師の敬称とあり、「医師は直接、間接に、国家の命運を担うと思うべし」とのことである。  医師の地上的使命と同時に「日本の傷を医す者」』(矢内原忠雄1893−1961: 1945年12月23日の講演)が鮮明に蘇った。  『蜘蛛の子よ 〜 詩と随想集』の表紙の「吉田富三(1903-1973)」の姿は、「考え深げな黙想と 真摯な魂と輝く目」である。  これこそ、現代に求められる「学者の風貌」ではなかろうか。  「目的は高い理想に置き、それに到達する道は臨機応変に取るべし」(新渡戸稲造1862−1933)の教訓が 今に生きる。

第135回「心に咲く花会」「ちびた鉛筆」 〜 「自由にして 勇気ある行動」 〜

第135回「心に咲く花会」

「ちびた鉛筆」 〜 「自由にして 勇気ある行動」 〜

2021年3月8日長島愛生園歴史館チャンネル (https://youtu.be/ws73dDagS90 )を 拝見された牧師から「素晴らしいなと 思ったことは、お話の内容もさることながら 先生のお話しなさるご口調が、同じで、どこでも、変わらずに 周りの方に接しなさるお姿に 教えられました。」との 心温まるメールを頂いた。  また、2021年3月10日「矢内原忠雄記念 本郷通りカフェ」での『Clubhouse』について、「先日のクラブハウスは 多くの知り合いが 聴いていたみたいです。 チビた鉛筆の話が 良かったと言っておりました。」との 励ましのメールを頂いた。  筆者は、講演では、何時も、「わたしは ちびた鉛筆です」(マザー・テレサ)について 語ることにしている。  「自分に与えられた紙に、ちびた鉛筆で書くのが、人生」&「気にすることなく やり続けなさい」&「何かをやろうとするときに 必ず邪魔をする人がいる」&「人に プレゼントとして自分を与える」と、また、東大農学部長であった林良博 先生からの「一周遅れの先頭の責務」を語る。  「先頭に立ち、しんがり」を務める「器量」&「度量」&「国際性」を備えた「人物」出でよ!  

国手とは「国を医する名手の意」、名医また医師の敬称とあり、「医師は直接、間接に、国家の命運を担うと思うべし」とのことである。  医師の地上的使命と同時に「日本の傷を医す者」(矢内原忠雄: 1945年12月23日の講演)が蘇った。  1860年代遣米使節団 (勝海舟らがいた) が、ニューヨークのブロードウエイを行進した。彼らの行進を見物した 詩人ホイットマンは、印象を「考え深げな黙想と 真摯な魂と輝く目」と表現している。この風貌こそ、現代に求められる「学者の風貌」でなかろうか。 筆者は、最近、『言葉の処方箋』で 講演する機会が与えられる。  さりげなく、『言葉の処方箋』が、世に浸透して来ているようである。  まさに、『紙と鉛筆』効果である。  若き日に、癌研時代の恩師から「『紙と鉛筆』で、どこまでScienceが語れるのか 学ぶ為に、留学せよ」と言われたことが筆者の原点である。  『「時代を動かすリーダーの清々しい胆力」としての「人間の知恵と洞察とともに、自由にして 勇気ある行動」』(南原繁著の「新渡戸稲造先生」より)の文章が 思い出される今日この頃である。  「世の中を動かす人物」の資質である。

2021年3月8日 長島愛生園の人びと 講演会 「生きがいについて~愛を以てこれを貫く~」の動画はこちらから

第134回「心に咲く花会」「分断」の橋渡し 〜 「欣然たる面貌、快然たる微笑」 〜

第134回「心に咲く花会」

「分断」の橋渡し  〜 「欣然たる面貌、快然たる微笑」 〜

毎日新聞の医療プレミア特集『「コロナとがん」を考える』(https://mainichi.jp/premier/health/article s/20210303/med/00m/100/012000c)が送られてきた。  拝読された方々から『質問の “では、つらくなったとき、どのようにすれば「いぬのおまわりさん」に出会えるものでしょうか。” ユーモアが ありますね。』、「本当に感謝な記事ですね。  まさに このコロナ禍に 必要なメッセージを お語りになっていていると 強く感じます。  引き続き、多くの方々を 励ましていかれます様に、益々のご活躍を お祈りしております。」、『コロナで さまざまな考え方があり、それが「分断」のようになっている傾向がありますが、樋野先生の「言葉」が 橋渡し になればいいなと 思っています。』、などなど 心温まる多数のコメントが寄せられた。  イギリス在住の方からもメールが頂いた。  驚きである。

筆者に新設看護学部の『病理学』の授業の機会を与えて下さった東京情報大学 特命副学長(看護学部担当)加納佳代子 先生が この度 退任される運びとなり、下記の「加納佳代子 先生の3ヶ条」を送った。

1)「他人の感情を尊敬することから生ずる謙遜・慇懃の心」

2)「濃やかな配慮の人」

3)「欣然たる面貌、快然たる微笑」

早速、「がん哲学外来さいわいカフェin茨城・筑西」代表の海老澤規子氏から、ニーモア溢れる絵葉書が届いた(添付)。  大いに、感激した。  『がん哲学学校in 神戸:第35回メデイカル・カフェ:樋野興夫先生くる! 東京からZoom開催の講演「医療者の使命 〜 愛を持ってこれを貫く 〜」』に 赴いた(添付)。  講演後、4組の個人面談も行なった。  大変充実した、有意義な時であった。  筆者の誕生日(3月7日)に、葛飾区保健所の『令和2年度「健康教室 〜 がんと向き合うひとのために 〜」で講演『医療者の使命 〜 温かい配慮と真摯な誠実な働き 〜』を 依頼された(添付)。  新渡戸稲造 (1862-1933)の「われ太平洋の懸け橋とならん!」(1883年)と 筆者の「われ21世紀の新渡戸とならん」(2003年)は、120年の経過である。  時代は、「人知を超えて 進んでいる」を 実感する日々である。

第133回「心に咲く花会」どんな状況でも前進できる人物 〜 尺取虫運動に学ぶ 〜

第133回「心に咲く花会」

どんな状況でも前進できる人物 〜 尺取虫運動に学ぶ 〜

2021年2月18日発信された 朝日新聞デジタル(解決できなくても解消はできる #コロナを生きる言葉集 [新型 …] )が、昨日(2021年2月26日)朝日新聞夕刊紙面の1ページに掲載されたようである。  早速、「本日の朝日新聞(夕刊)拝読しました。  素晴らしいお言葉は コロナ禍で沈んでいる人々が勇気を出して 頑張ってゆけると思います。」、「朝日新聞夕刊の1面に載るなんて、素晴らしいですね!  コロナ禍で 鬱的な人たちの心に届きますね。」などなど 心温まるメールを頂いた。  アメリカ在住の娘からは、ユーモア溢れる タイトルの訳「Anxiety & worries can’t be resolved, but they can be eliminated.」が届いた。  大いに感激した。

  今日(2021年2月27日)は、池袋で、『がんサポートナース養成講座』で、講義『医療者の道 〜 尺取虫運動に学ぶ 〜』を依頼された(添付)。  筆者のふるさと鵜峠(人口40名)の隣の村は鷺浦である。  2つ村の真ん中にあった 鵜鷺(鵜峠 + 鷺浦 = 鵜鷺;うさぎ)小学校も 鵜鷺中学校も 既に廃校になった。  筆者は、坂道を登校中、『尺取虫』を毎日 見たものである。  『尺取虫運動』(添付)は、『自分のオリジナルポイントを固めてから、後ろの吸盤を前に動かし、そこで前に進む』&『がん細胞も、尺取虫運動である』&[『尺取虫』のように、どんな境遇、状況でも 確実に前進できる人物になれ]と癌研病理時代に学んだものである。  「癌細胞の病理」と「人間社会の病理」の共通性である。  まさに、『医療者の道 〜 尺取虫運動に学ぶ 〜』である。  『チャウチャウ症候群』認定の3か条にも『尺取虫運動』が、謳われている(添付)。今年、6月 島根大学医学部で講義を依頼され、帰郷の予定である。  『尺取虫』との再会が楽しみである。

第132回「心に咲く花会」「解決できなくても 解消はできる」 〜 愛と正義の十字路 〜

第132回「心に咲く花会」

「解決できなくても 解消はできる」 〜 愛と正義の十字路 〜

2021年2月18日10:00am発信の 朝日新聞デジタル(解決できなくても解消はできる #コロナを生きる言葉集 [新型 …] )を拝読された方から『「解決できなくても解消はできる」すごく納得しました。  本当にその通りではないかと思いました。  悩みがあったら 解消に努めたいと思います。』、「ちょっとめげたことがあり、元気づけられました。  確かにそうですよね、それにとらわれてしまっては 前に進めないと思います。  解消が必要ですよね。」、「先生、写真、とっても素敵です!」、「ご無沙汰しています。  良い記事ですね!」、「このお言葉を このように紹介されると 改めて、含蓄のある素晴らしい意味が 込められていることを 痛感します。」、「スタッフに シェアさせていただきます。」、「不安や悩みは、『解決』することはできなくても、『解消』することはできる」と言う。同意見です。  私は、いいつも解消しているのだと 納得しました。」などなど 多数の励ましのメールを頂いた。  大いに感激した。

今週(2021年2月18日)、第77回『がん哲学外来メデイカル・カフェ@よどばし』(淀橋教会に於いて)で、「神谷美恵子(1914 – 1979)さんの言葉で、樋野先生の心に とどまっているものを 教えてください。」との質問を受けた。  2014年、神谷美恵子生誕100年で、故 日野原重明 先生(1911 – 2017)と神谷美恵子次男神谷徹 氏との講演会が鮮明に蘇ってきた。  新渡戸稲造(1862 −1 933)は、神谷美恵子の両親:前田多門(1884 – 1962)の仲人であった。  また、昨日(2021年2月19日)、山梨県在住の方から、『笛吹市春日居郷土館 小川正子(1902 − 1943)記念館』の資料が送られてきた。  小川正子は 山梨県生まれで、医師として長島愛生園で、「ハンセン病患者の救済に生涯を捧げた」とある。  小川正子は1938年肺結核で、1年間 長島愛生園で療養中に まとめた手記が『小島の春』で、ベストセラーになり、のちに映画化され「小川正子」の名前が 広く知られるようになった とのことである。  1943年に 小川正子は、41歳で逝去し、 墓石の裏には『生きてゆく日に 愛と正義の十字路に立たば 必ず愛の道に就け』の言葉が、刻まれている。  筆者は、この度、「長島愛生園」主催の講演会で、講演『「生きがいについて」〜 愛を以てこれを貫く 〜』を 依頼された。  不思議な人生の流れを痛感する日々である。  今朝、群馬県の牧師から「樋野先生 21世紀のパウロ ですね。」とのユーモア (you more) 溢れるメールが届いた。

第131回「心に咲く花会」『がん教育』 〜 「因幡の白兎」、「桃太郎」、「アルプスの少女ハイジ」 〜

第131回「心に咲く花会」

『がん教育』 〜 「因幡の白兎」、「桃太郎」、「アルプスの少女ハイジ」 〜

2021年2月10日 長年の共同研究者でもある、量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所 副所長 柿沼 志津子 先生の「第26回 難病・遺伝医学セミナー」に出席した(順天堂大学に於いて)。  大変有意義な講演であった。  筆者は、「ゲノム網羅的解析による遺伝性がんの制御機構の解明 〜 天寿がんの時代に向けて 〜」の研究テーマを展開したいものである。  筆者は、『20世紀はがんを作る時代であった。  日本は化学発がんの創始国である。  21世紀はがんを遅らせる研究で、再び世界をリードする時である。  「がんの原因論」を明確し、「がんの制御」の根拠を示し、「がんの進展阻止」の実際を示す。  Intentional Delay: 天寿がん実現』(添付)と、授業で 何時も語る。

今日(2021年2月12日)は、世田谷区立 奥沢小学校6年生に『がん教育』の授業『がんになっても 自分らしさを失わないために 大切なこと』に赴いた(添付)。  生徒に「因幡の白兎」、「桃太郎」、「アルプスの少女ハイジ」の「現代的意義を述べよ!」と 質問してみた。  生徒の真摯な 誠実な姿には 大いに感動した。  筆者の授業は、大学生は 睡魔に襲われるが、同じスライドを使用しても、小学生は 一人も寝ない。  質問もある。  不思議である。  「ビジョン & ドリーム」を失うと、周りに人がいると、人間は寝るのであろうか!?  玉野麻衣 校長先生からは、「今年も 樋野先生のお話を伺うことができて 感激です。」との 心温まる 励ましのメールを頂いた。  「教育 = 風貌を診て、心まで診る = 病理学」は、「対面授業」の原点でもあろう!

第130回「心に咲く花会」『人生から期待される生き方』 〜 利他的で ジョイフルな人 〜

第130回「心に咲く花会」

『人生から期待される生き方』 〜 利他的で ジョイフルな人 〜

今朝(2012年2月6日)、アメリカ ワシントン在住の方から「樋野先生の学校である、順天堂大学で4年生を迎え、一生懸命学んでいます。・・・がん哲学外来の樋野興夫 先生は、私も著書を拝読し、大変感銘と癒しを受けました。  敬愛する先生です。・・・樋野先生のように、優秀なだけでなく、心温かく患者さんに 寄り添えるドクターになってもらいたいと 願っております。・・・」との文章が届いた。  大いに感動した。  「電子計算機時代だ、宇宙時代だといってみても、人間の身体の出来と、その心情の動きとは、昔も今も変わってはいないのである。  超近代的で合理的といわれる人でも、病気になって、自分の死を考えさせられる時になると、太古の人間にかへる。  その医師に訴え、医師を見つめる目つきは、超近代的でも 合理的でもなくなる。静かで、淋しく、哀れな、昔ながらの一個の人間にかへるのである。  その時の救いは、頼りになる良医が 側にいてくれることである。」(吉田富三 1903-1973)は、人類開闢以来の永遠のテーマであろう!

医療者の二つの使命

1)「学問的、科学的な責任」で、病気を診断・治癒する。  これは学者的な面。

2)「人間的な責任」で、手をさしのべる。  これは患者と温かい人間としての関係。

「病気であっても 病人でない社会」をつくる。  人生に期待すると いつでも失望に終わる。  存在自体に価値があり『人生から期待される生き方』(主婦の友社 2017年発行)である。  筆者は、「何のために がん哲学外来を やっているか」と時々 質問される。  「患者の個性を引き出すために、個性を引き出されると、自分は人のために 何かをやるようになる。」と答える。

来週(2021年2月12日)、世田谷区の小学校で『がん教育』の授業を依頼されている。  「二人に一人ががんになる時代。  文科省は新学習指導要領に がん教育を明記し、2021年度から中学・高校で授業」とある。  小学校の『がん教育』は、知識でなく、心構え が大切であろう!  『「がんは怖い病気から がんと共存する時代に なってきた。  正常細胞とがん細胞は風貌が違う。  風貌診て心まで見るのが病理学。」&「怒ったチャウチャウ犬、疲れきったチャウチャウ犬、カンファタブルなチャウチャウ犬。  一夜にして変わる。 これが顔つき。  顔立ちは 持って生まれたものだから 変えられない。  顔つきは 自分の責任で一夜にして変えられる。  チャウチャウ犬も 人生考えてるよ!  一人で 静かに部屋に閉じこもって 考える習慣をつけるといい。  そうすると疲れて外に出れる。  日本人は70%のレベルで中途半端に悩んでいる。  そして、一日中悩んでいる。」』と話すと 生徒は笑う。  「利己的で ハッピーな人よりも 利他的で ジョイフルな人の方が人生は輝く」を実感する。  これが、真の教育ではなかろうか!。  最近、『チャウチャウ症候群認定証』が 大変好評のようで、先日も10名超える希望があった。  不思議である。  翌日は板橋区で、成人向けの講演である(添付)。  「同じ条件の中にいても、あるひとは 生きがいが感じれなくて悩み、あるひとは 生きるよろこびにあふれている。このちがいはどこから来るのであろうか。」(神谷美恵子 1914-1979)の学びの日々である。

第129回「心に咲く花会」『チャウチャウ症候群 認定証』 〜 自分のオリジナル ポイント 〜

第129回「心に咲く花会」

『チャウチャウ症候群 認定証』 〜 自分のオリジナル ポイント 〜

映画『がんと生きる言葉の処方箋』応援チャンネルから、「ナースの人たちの応援チャンネルです。  戸田裕子様、米中京子様、小川恵美様 登場 (https://youtube.com/channel/UCc4rcVO_bMtoKYyUaSjIxLg ) 」の連絡を頂いた。  真摯な愛情豊かな 御3人のメッセージには、大いに感動した。  今回で59回達成とのことである。  今年中(2021年)に100回記念誌が発行される予感がする。  

昨日(2021年1月30日)、『メディカルカフェin東白楽』1周年記念講演会に、Zoom参加された『がん哲学外来さいわいカフェin茨城・筑西』代表の海老澤規子 氏から、{樋野先生の講演(『患難が忍耐を生み出す 〜 試練とともに、脱出の道 〜』)も 自宅にいながら拝聴することができ、贅沢なチャウチャウ時間となりました。  また、Zoomの画面の向こうに、お茶の水でお世話になった岡田さんが笑って手をふって下さったり、桜カフェの須磨さんが会場にいらしたりしてほっこりしました。  Zoom参加の方々も、リアルでは お会いしたことはないけれど、オンラインカフェで ご一緒させていただいたことのある方や メールでつながっている方々が多く、とても くつろいだ チャウチャウ気分となりました。「がん哲学外来」に関わらせていただいて 生まれた出会いに 感謝いたします。  おまけに、昨日の言葉の処方箋に 茨城の風景写真をコラボしてみました。『患難が忍耐を生み出す 〜 試練とともに脱出の道 〜』には、希望がありますね。感謝致します」}とのコメントと、絵葉書が送られてきた(添付)。  海老澤規子 氏は、昨年、『チャウチャウ症候群 認定証』を授与されている(添付)。  まさに「尺取虫運動 = 自分のオリジナル ポイントを固めてから、後ろの吸盤を前に動かし、そこで前に進む」(添付)の実践である。  これこそ、『あなたは そこにいるだけで 価値ある存在』(2016年、KADOKAWA発行)である。

第128回「心に咲く花会」高き自由の精神 〜 愛ある者は 勇敢なる者である 〜

第128回「心に咲く花会」

高き自由の精神 〜 愛ある者は 勇敢なる者である 〜

2021年1月23日(土)午前中 東京都文京区 礫川小学校 6年生の授業『がん教育』に赴いた。  早目に到着したので、校長先生と、有意義な対談の時が与えられた。  礫川小学校は、1873年(明治6年)創立とのことである。  授業は、広い体育館で、開催された。  

1) 人生邂逅の3大法則 ~ 良き先生、良き友、良き読書 ~

2) 『真理は円形にあらず、楕円形である。  一個の中心の周囲に 描かるべきものにあらずして、二個の中心の周囲に 描かるべきものである。  人は何事によらず 円満と称して円形を要求するが、天然は 人の要求に応ぜずして 楕円形を採るはふしぎである。 患難の坩堝(るつぼ)の内に燃え尽くす火に 鍛えられて初めて 実得し得るものである。』(内村鑑三)。

3) 「最も剛毅なる者は 最も柔和なる者であり、愛ある者は 勇敢なる者である」とは、「高き自由の精神」を持って医療に従事する者への普遍的な真理であろう。「他人の苦痛に対する思いやり」は、医学、医療の根本である。

を 語った。 

また、母を亡くして 悩んでいるクララ(クララ・ホイットニー)に対して、勝海舟の奥さん(たみ)の言葉『悲しい時んは 私達の所へいらっしゃい、一緒に泣きましょう、そしてあなたが 仕合せな時には 一緒に笑いましょう。  さあ勇気をお出しなさい、—— これから先の長い年月のことは考えず、今日という日以外には 日がないと思って ただ毎日をお過ごしなさい』は、「訪れる人を 温かく迎い入れる」原点であろうとも語った。  生徒から、真摯な多数の質問が多数あった。   大いに感動した。  将来医師になりたい生徒もいた。大変充実した授業であった。

午後は、「川口がん哲学カフェ『いずみ』開所4周年記念講演会」に向かった(添付)。  講演『あなたは そこにいるだけで 価値ある存在 ~ がんは人の体は侵しても、心まで侵せない』の機会が与えられた。  早速、「冷たい雨の中でも、地域の方々がいらしてくださいました。  初参加者も数人おられました。  感謝です。  樋野先生のご講演は、いつもの通り絶好調。  質疑応答も、真摯な言葉が交わされたと思います。  お花を活けてくれた方が、樋野先生をイメージして活けたそうです(添付)。」との暖かいメセージを頂いた。

想い出に残る貴重な 2021年1月23日(土)となった。

第127回「心に咲く花会」精神的デフレが進む現代 〜 道を踏めば 必ず道は固まる 〜

第127回「心に咲く花会」

精神的デフレが進む現代 〜 道を踏めば 必ず道は固まる 〜

「柏がん哲学外来」スタッフの福原 俊二郎 氏から、筆者の著作リスト(32冊)が送られて来た(添付)。  大いに感動した。  最初の本は、2003年11月10日 発行:イーグレープ  発売:いのちのことば社 である。「この本は、樋野興夫 先生が日本学会事務センターの広報誌『Scientia』に連載した文章を まとめたもの。  序文の中で、樋野興夫 先生は「所詮われわれには、死ぬときは『畳1枚ほどの墓場』しか残らない。  『勇ましく高尚なる生涯』の生き様を見せるしかない。  精神的デフレが進む現代、『愉快に過激にかつ品性』を合言葉に 新渡戸稲造と吉田富三(がん病理学者)の総合ビジョンを 問い直す機会になれば幸いである。  がん哲学の普遍化の第1歩である。」と 述べておられる。  『樋野先生は、すでに2001年から「がん哲学」を提唱されていたのである。』とある。  今年(2021年)は、ちょうど20年である。  まさに、不思議な時の流れである。

柏木哲夫 先生(淀川キリスト教病院 名誉ホスピス長、相談役)からは、「先生の旺盛な執筆力に脱帽です。  先生との共著が そのうちの一冊と言うのがうれしいですね。  私も、内容はともかく、出版した本の数は47になりました。 47年前に 年に一冊づつ出版するという約束を 自分自身にして、なんとか 今年までは 約束を守りました。  50冊まで頑張ろうと思っています。」との暖かい激励のメールを頂いた。  筆者が理事を務める東京女子大学の安田隆二 理事長からは、「東京女子大学では、新1年・2年生のリベラルアーツの課程で、数十冊の本を読ませることを検討しています。立教や東京工業大学の教養課程で行われているそうです。  樋野先生のご著作の中から、これを東京女子大学の1年生に読ませたいと思われるご本はどれでしょうか?  18歳の若い女性で、自身にとっては がんが未だ遠い存在の学生が大半ですが、家族身近な人に がん患者がいらっしゃるかもしれません。  がんと関係なくとも、死と向き合ったり 大きな試練受けることは でて来るかもしれません。   そうしたときに、希望を持って、よく生きるすべを考える契機を 学生に持ってもらえると うれしいことです。  どのご著作を薦められますか?」と「教育の原点」ともなる課題を頂いた。

早速、『目白がん哲学外来カフェ代表』の森尚子氏から、「お勧めは、『がん哲学外来へようこそ』、『いい覚悟で生きる』の2冊を、まず読んでからの全冊ですね。  がん哲学外来の皆様から、「コロナ禍を いい覚悟で生きる」が合言葉になっています。」と暖かいコメントを頂いた。  『がん哲学外来へようこそ』(2016年2月20日 出版社 新潮新書)には、「【あとがき】「がん哲学外来」は誰にでもできます。―― 患者さん自身がお住まいの地域で「がん哲学外来」や「カフェ」を立ち上げてもいいのです。―― 心が豊かになると、風貌が変わってきます。そして 心の豊かな人の風貌は、患者さんを癒やすのです。そして 自分自身さえ癒やしていきます。」。  『いい覚悟で生きる』(2014年11月3日 出版社 小学館)には、「【患者さんが笑顔を取り戻すために医療の維新を目指して】  「やるだけのことはやって、後のことは 心の中でそっと 心配しておれば 良いではないか。  どうせ なるようにしかならないよ。」と言ったのは、勝海舟です。  この言葉の潔さに「いい覚悟」を感じています。―― 私は、今まさに「医療の幕末」に生きていると実感しています。」と記述されている。  「自分に授けられた職務を全うし、天命を喜びつつ その任に当たるのが、人間に生まれた義務である。」&「ひとりでも 道を踏めば 必ず道は固まり、次の者が歩むときに 歩みやすくなり、――」(新渡戸稲造)の実践である。

第126回「心に咲く花会」「勇ましき高尚なる生涯」 〜 一心に走っているのです 〜

第126回「心に咲く花会」

「勇ましき高尚なる生涯」 〜 一心に走っているのです 〜

2018年8月11日 長野県松本市Mウィングにて 一番右下が笠島由紀さん

2021年も あっという間に1週間が過ぎた。  「今朝(2021年1月6日)、三重県の笠島由紀さん が ご逝去されました。  最後まで、生きて生きて美しかったです。  いつも 樋野先生のお言葉に 励まされておられました。」の知らせを受けた。  早速、「46回目の応援チャンネルで 素敵な言葉の処方箋を紹介いただいた笠島由紀さん、  今回、メッセージを添えて46回目を再配信いたします。ご冥福を心からお祈り申し上げます。」との連絡があった(https://youtu.be/B8Cn5cpp63s)。  野澤和之 監督の、「速効性と英断」には、大いに感動した。

「【中村智志さんのYouTube(47回目)を見てビックリしました‼️  私がお願いした、ハワイアンレイ(花)を付け、私が作ったうちわを持っている 写真が出てきました!  こんなところで繋がっていたなんて、そして 私の無茶振りを喜んでいただき 感謝しかありません。  嬉しくて涙が出ました。  】【入院します。気持ちが すごく沈んでいる中での YouTube収録と 中村さんのYouTubeに、よしやるしかないと 気持ちを奮い立たせてます。  本当にありがとうございます。笠島由紀】」と、今は亡き笠島由紀 様の言葉が送られて来た。

『愛のさざなみ (歌:島倉千代子:作詞:なかにし礼作曲:浜口庫之助)』の「この世に神様が 本当にいるなら  あなたに抱かれて 私は死にたい  ああ湖に 小舟がただひとつ  くり返すくり返す さざ波のように」、『人生いろいろ (歌:島倉千代子:作詞:中山大三郎・作曲:浜口庫之助)』の「いまかがやくのよ  私たち  いまとびたつのよ  私たち  笑いばなしに  希望がいっぱい  希望の中に  若さがいっぱい  人生いろいろ  」が、鮮明に蘇って来た。  まさに、「目標を目指して 一心に走っているのです。」(ピリピ 3章14節)が、「どんな状況でも 楽しみを見つけられた」笠島由紀 様の「勇ましき高尚なる生涯」であった。  タイミングよく、『韓国語版「明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい」(幻冬舎)』が送られて来た(添付)。  次は、「天国での がん哲学外来・カフェ」で再会である。

第125回「心に咲く花会」川の流れに逆らいて泳ぐ 〜 新しいチャレンジの始まり 〜

第125回「心に咲く花会」

川の流れに逆らいて泳ぐ 〜 新しいチャレンジの始まり 〜

Happy New Year!  2021年の幕開けである。

大晦日(2020年12月31日)、wifeと東京都東久留米市の落合川 ―> 黒目川を、川の魚、水鳥を見ながら散策した(添付)。  一生懸命に、川の流れに逆らいて泳ぐ生きる魚と水鳥を観察するのは、大いなる学びの ひと時であった。  さらに、『コロナの時代の生き方を』を静止した(添付)。  夜は、恒例の第71回NHK紅白歌合戦を観た。  無観客の紅白歌合戦の問題点も さりげなく感じた。  昨年は、筆者は、学会、授業も「Zoom」の年であった。  元旦、wifeは、アメリカ行きが コロナ時代で、中止となり 対面出来ないアメリカ在住の娘、孫とZoomで長く話していた。  Zoomの便利さ、有用性も実感した。  物事には、「短所と長所」の両面があろう!  まさに、「心がけにより逆境も順境とされる」(添付)を実感する日々である。  筆者は、元旦は、年賀状の整理をした(添付)。  「さすが 先生の年賀状は シブくて素敵な年賀状ですね。  どうもありがとうございました。  また新しいチャレンジの年が始まりましたね!  今年も先生の言葉を大切に 学んでいきたいと思っておりますので どうぞ宜しくお願い致します。  また お会い出来るのを楽しみにしておりますね。―― 」とのメールも頂いた。  大いに感動した。

第124回「心に咲く花会」「新島襄、内村鑑三、新渡戸稲造」 〜 「先見性と器量」 〜

第124回「心に咲く花会」

「新島襄、内村鑑三、新渡戸稲造」 〜  「先見性と器量」  〜

週末(2020年12月26日、27日)は、wife と雪の万座である(添付)。  本来は「新島襄(1843-1890)没130周年、内村鑑三 (1861−1930)没90周年、新渡戸稲造(1862-1933)、国際連盟事務次長就任100周年記念」の予定(添付)であったが、コロナ時代の為 中止になった。  ユネスコ(1964年)の前身である国際連盟(League of Nations)の下に「国際連盟知的協力委員会(Committee on Intellectual Co-operation)」が1922年に設立された。  哲学者ベルグソン(M.H.Bergson)、物理学者のアインシュタイン(M.A.Einstein)、キュリー夫人(Mme.Curie-Sklodowska)をはじめ著名な有識者12人が委員で、新渡戸稲造がその事務を担当した。

今年(2020年3月7日)「新渡戸稲造の知的協力委員会」にちなんで、『天空 デイサービス 万座』知的協力委員会が、設立された(議長: 市村雅昭 施設長: 齋藤智恵美 雑用長: 森尚子 幹事長: 樋野興夫)。  3月、『2020年メデイカル・ヴィレッジ in 嬬恋村 がん哲学外来カフェin 万座 樋野先生 お誕生日 (1954年3月7日) お祝い会「がんと生きる言葉の処方箋」出演者 懇親会』(万座温泉 日進舘に於いて)に参加した時、 標高約1800メートルでの『Medical Village構想』で、大いに話しが盛り上がり、創刊号:春号発行(2020年5月)の運びとなった。  『天空 デイサービス 万座』ニュースレターは 年4回(春、夏、秋、冬)の発行で、次回は、冬号である。『天空 デイサービス 万座』の『目標、理念、目的、方法』は下記の如く謳われている。

目標

1) 万座への 期間限定型 滞在(兼業・副業)

2) Medical Village (診療所、訪問看護、介護、施設)

理念

医療の協働体 (Medical Village)は、人類の進む方向である。

30年後に実現することを、明日 実現する如く語る 「先見性と器量」 の育成。

目的

1800メートルの万座温泉の『天空 デイサービス 万座』の特異点を

具象的に 「正論より配慮」 を持って議論する訓練。

方法

月1回メール会議を行い、年1回、万座温泉日新館で、Face to face で、

お茶を飲みながら 「個性と多様性」 の提示。

来年、『日本を変える ~ 万座温泉 〜』の出版(『天空 デイサービス 万座』発行)が企画される予感がする。

第123回「心に咲く花会」「21世紀の知的協力委員会」 〜「がん哲学外来メディカルカフェ in 南カリフォルニア」〜

第123回「心に咲く花会」

「21世紀の知的協力委員会」 〜「がん哲学外来メディカルカフェ in 南カリフォルニア」〜

2020年12月17日「新渡戸記念中野総合病院」での、倫理委員会に赴いた。  その後、読書会「新渡戸稲造 著『武士道』」であった。  今回は、第8章「名誉」であった。  事務局長の「音読」は、素晴らしかった。  理事長、病院長、副院長、看護部長、職員らも出席され、大変有意義な時であった。  筆者は、新渡戸稲造記念センター長(添付)して、毎回出席している。  まさに、『「名誉」とは 境遇から生じるものではなく、自己の役割を まっとうすることにある』(新渡戸稲造1862−1933)である。  「新渡戸記念中野総合病院」にとって、新渡戸稲造の『武士道』の読書会は、日本の誇りであろう!  来年は、読書会1周年記念のシンポジウム『今、ふたたび 新渡戸稲造!』が、企画される予感がする。

ユネスコ(1964年)の前身である国際連盟(League of Nations)の下に1922年設立された「国際連盟知的協力委員会(Committee on Intellectual Co-operation)」は、「国際的な輿論を構成する要素である教育、科学、哲学の研究制度及び研究設備を探求し、また国際関係改善のために 各国間における思想や知識の交換を図る方途を 審議することを目的に、国際連盟の諮問委員会として設置され、1922年8月1日に第1回委員会が開催されました。  委員会設立に際して、国際連盟事務局次長であった新渡戸稲造が 幹事長に就任し、哲学者ベルグソン(M.H.Bergson)や、物理学者のアインシュタイン(M.A.Einstein)、キュリー夫人(Mme. Curie-Sklodowska)などが委員を務めました。  委員会は、第1次世界大戦後に困窮が著しかった各国の知的生活水準の調査や、知的財産権に関する国際条約案の検討、各国大学間の協力などを進めました。」と謳われている。  「この委員会には、アインシュタイン(ドイツ・物理学者)、キュリー夫人(フランス・物理学者)等、著名な有識者12人が出席していたほか、その当時、国際連盟の事務局次長であった新渡戸稲造が その事務を担当していました。」とある。  筆者らは、 2012年 「新渡戸稲造生誕150周記念事業」として「21世紀の知的協力委員会」(https://sites.google.com/site/cic21st/) を設立した。

今朝(2020年12月18日)カリフォルニア州ハンティントンビーチ市で、『がん哲学外来 南カリフォルニア メディカルカフェ』が開設されたとの連絡が届いた。  『「がん哲学外来メディカルカフェ in 南カリフォルニア」を立ち上げさせていただきました。  まずはこちらの現地で仲間となってくれる人たちと がん哲学を勉強する会や、がん哲学外来カフェとはどんな会なのかを お知らせする告知活動など プレカフェ・アクションから始めていこうと思っています。  ゆっくりした歩調かもしれませんが、カリフォルニアやアメリカに住む日本語を母国語とする方々が がんと向き合わなければならないときに抱える心の負担に 少しでも寄り添える活動にしていければと思います。』とのことである。 大いに感動した。

第122回「心に咲く花会」考える、実行する、思いやり 〜「自分のいのちの使いみち」 〜

第122回「心に咲く花会」

考える、実行する、思いやり 〜「自分のいのちの使いみち」 〜

今週(2020年2月10日)文京区立指ヶ谷小学校での6年生の授業「がん教育」に赴いた。  校長室には、

教育目標:よい社会を形成する人間をめざして 心豊かで輝く個性をもつ子供を育てる」

考える子

実行する子

じょうぶな子

思いやりのある子

また、生徒の「人の気持ち ちゃんと考え 発言を」の言葉が飾られていた。  生徒の真摯な質問にも 大いに感動した.

『聖書とがん』(イーグレープ)、『生きがいに気づく、いい言葉』(PHP研究所)を読まれた方からの感想が届いた。  {先生の、『聖書とがん』、『生きがいに気づく、いい言葉』拝読しました。  聖書からの引用と解説に、大変勇気づけられました。  ヨブ記や、パウロの話は、特に、でした。  聖書は学生時代に読んでみましたが、なかなか理解するのが難しく、しかし、先生の解説を読むと、納得して、寄り添われている気持ちになります。  『生きがいに気づく‥‥』では、優しい語りかけるような文章で、大丈夫、大丈夫と言われている気がしました。  いのちには、いろいろ「使いみち」があるんだなあと、自分のいのちの使いみち、考えています。』}との心温まるコメントを頂いた。

九州での映画『ドキュメンタリー映画「がんと生きる言葉の処方箋」上映会のアンケートが多数寄せられた。  「ポツリ ポツリ 全ての言葉の処方箋が心に沁みました。」、「樋野先生の言葉が とてもあたたかくて 重みがあり感動しました。」、「コロナ禍で人と人との交わりが希薄になっている中で 今このようなカフェが 病に苦しんでいる人たちや 家族などの生きる力になってることを感じてます。」、「樋野先生の沢山の処方箋の言葉に しみじみと感動しました。」、「樋野先生の沢山の言葉が心に沁みました。」、「先生のお話の最期にいつも「うん うん」と うなずかれる様子に こちらも心から納得し元気をいただきます。」。  大いに感激した。

今日は、第1回『がん哲学堂カフェ』( 東京都中野区;代表:小見山 博光 先生)に赴く(添付)。  名称には、心励まされる。

第121回「心に咲く花会」「広い視野」&「確固とした現実認識」〜「なすべきことを なしたい」〜

第121回「心に咲く花会」

「広い視野」&「確固とした現実認識」〜「なすべきことを なしたい」〜

今日(2020年12月5日)は岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 泌尿器病態学教授 那須保友 大会長による「ZOOMによるウエブ形式 第4回『日本地域医療連携システム学会』(テーマ『コロナ禍における地域医療を考える』)」の開催である。  講演は、 ① 頼藤貴志 先生(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 疫学・衛生分野教授、岡山県感染症対策委員会委員、岡山県クラスター対策班メンバー)による『地域医療と新型コロナウイルス感染症、クラスター対策の経験も踏まえて』、② 山本太郎 先生(長崎大学熱帯医学研究所国際保健学分野教授、岡山県総社市新型コロナウイルス感染症専門家会議座長)による『with コロナの時代、何を考えるべきか?』である(添付)。  極めてタイムリーで、貴重な学び時となろう。  筆者は、講演{『医療者の人材育成』〜立場を超えて集う「交流」の場〜}の機会が与えれた。  那須保友 大会長の「器量」には、大いに感動した。

「器量」といえば、『挑太郎』を思い出す。  鬼ケ島遠征の物語は、子供時代、村のお寺の紙芝居でよく聞かされたものである。  『桃太郎』が『犬・雉・猿』という性質の違った(世にいう犬猿の仲伴)をまとめあげたことを挙げ、世に処する人は「性質の異なった者を容れるだけの雅量」をもたなければならないと 新渡戸稲造は『世渡りの道』(1912年)で述べている。  日本の女性科学者のさきがけである猿橋勝子氏の恩師は「科学者は知識だけじゃいけない。哲学がなければ」と言ったとのことである。  激しく移り変わる混沌とした世界の中で「広い視野」と「確固とした現実認識」と「深遠な歴史意識」をもち、「なすべきことを なしたい」ものである。

第120回「心に咲く花会」「どちらの道をとるか」〜 人生の応援歌 〜

第120回「心に咲く花会」

「どちらの道をとるか」〜 人生の応援歌 〜

昨日(2020年11月28日)は、「お寺」での『「がん哲学外来 こどもメデイカルカフェ みとら」オープン記念講演会』に招待された(真言宗金剛院;東京都豊島区長崎、西武池袋線 椎名町駅から徒歩30秒)。 素晴らしい会場で 大いに感激した。 筆者は、『沈黙の春』(Silent Spring/ Rachel Carson著)(青樹簗一 訳)の最終章17章の「私たちは、いまや分れ道にいる。―――、とにかく、どちらの道をとるか、きめなければならないのは私たちなのだ。」を、さらに 「人は誰でも役割を持って生まれている。 人生“に”期待するのではなく、人生“から”期待されている。 人生は与えられた贈物だから 自分の所有物ではない。」を語った。 懇親会では、『教会でも、お寺でも がん哲学外来を始めよう!』の話で、大いに話が盛り上がった。 来年は、『教会でも、お寺でも がん哲学外来を始めよう!』のシンポジウム、本の出版が企画される予感がする。 早速、「今日は大変お世話になりました。 おかげさまで、『こどもメディカルカフェみとら』の記念すべき日を無事に終えることができました。 航大さん、素晴らしい『ハンサムボーイ=見据える勇気』ですね! 私も感激でした。」、 「今日は、とても楽しい、実りある1日でした。 金剛院は、立地条件の素晴らしい場所ですね。 そして今日一日だけで、私自身、多くの出会いがあり、考えることもたくさんありました。 充実した1日でした。靴を履いて外に出かけると、いろんなことが起こりますね!」との 励ましのメールを頂いた。

『日中医学』(2020.11 Vol.35 No.3)が送られてきた(添付)。 特集:『日中におけるがんの告知 ―― がんゲノム医療時代を迎えて』で、筆者は、巻頭言:『日中の架け橋』〜「日中のがん告知の現状と相違」〜(日本語と中国語)と、『あとがき』を執筆する機会が与えられた。 また、『多発性骨髄腫情報誌 がんばりまっしょい』第16号(2020年11月;日本骨髄腫患者の会)で、筆者の「For Youの特別企画:コロナのいま、あなたに届けメッセージ & Songs」が送られてきた(添付)。「My favorite Songs、人生いろいろ(島倉千代子)」のレコードも同封されていた。「この曲は人生の応援歌。人が思い悩むこころにそっと寄り添う、そんな歌詞、そんなメロデイ。 自分でコントロールできないことに一喜一憂すると疲れるので、演歌を聴いてリラックスして欲しい。 そんなときのお供の一曲にしてください。」と記載されていた。 大いに感動した。

第119回「心に咲く花会」[誠 = 言 + 成] 〜「口に出したことは、必ず実行される」〜

第119回「心に咲く花会」

[誠 = 言 + 成] 〜「口に出したことは、必ず実行される」〜

2020年11月20日 長島愛生園設立90年の新聞記事(朝日新聞)が送られて来た(添付)。  「樋野先生が2012年 長島愛生園で がん哲学カフェを開催された」との連絡を受けた。  8年の歳月が流れた。  「永遠に生き続けることを 教えて いただきました。」との、謙虚なる励みのメールを頂いた。  丁度、今朝、アメリカのアメリカ国立衛生研究所(National Institutes of Health、NIH)/ アメリカ国立がん研究所 (National Cancer Institute)の知人から、メールが届いた。  筆者の恩師への「Next year is 5th anniversary of Drs. Knudson and  Haruo Sugano(they died in 2016)。If we can do something for them including Dr. Sugimura, it is wonderful.」思いを、さりげなく伝えた。

想えば、

2020年  内村鑑三 没90年

2021年  内村鑑三生誕 生誕160周年

2022年  新渡戸稲造 生誕 160周年

2023年  新渡戸稲造 没90年

でもある。

新渡戸稲造は、カナダのビクトリアRoyal Jubilee 病院で、逝去している。  再び、バンクーバーのBritish Columbia 大学 (UBC)とビクトリアRoyal Jubilee 病を訪問したいものである。  筆者にとっては、共に、懐かしい想いでの場所である。  筆者の夢は、再び「ビクトリアの旅」である。  先日(2020年11月19日)は、新渡戸記念中野総合病院での、『音読会:新渡戸稲造著「武士道 第7章「誠」』に赴いた。  [誠 = 言 + 成]であり、「口に出したことは、必ず実行される」の学びの時であった。  まさに、「継続は、人間として大切な行為である 〜 一貫した生き方 〜」 の実践である(添付)。

第118回「心に咲く花会」「to do」より「to be」そして「進んでやれ」

第118回「心に咲く花会」

~「to do」より「to be」そして「進んでやれ」~

今日(2020年11月14日)は、「がん哲学外来メデイカルカフェ@川越 to be café 6周年記念」講演会『「to be」〜「走るべき行程」と「見据える勇気」〜』(主催者:佐野泰道 牧師;霞ヶ関キリスト教会に於いて)である(添付)。 丁度、今日は、第75回「東村山 がん哲学外来メデイカル・カフェ」(主催者:大弥佳寿子 氏; 東村山市市民ステーション「サンパネル」に於いて)、第17回『岡倉天心記念がん哲学外来 巣鴨カフェ「桜」』(代表:山本ひろみ 氏;おんびっと訪問看護ステーション に於いて)との同時開催でもある。  明日(2020年11月15日)は、成田教会の上田博子 牧師から、『奨励:「種を蒔く人になる」』を 依頼された。 人生不思議な、出会いの連続である。

丁度、タイミング良く、雑誌社から、『全国展開する「がん哲学外来」:アスベスト(石綿)が原因の中皮腫の研究をしていた 樋野氏が、病気に悩む患者の思いを受け止める役割が必要と考え、患者の話を聞く「アスベスト・中皮腫外来」を開いた。それをきっかけに、 医療現場と患者の間にある “隙間”を埋める機能が必要と考え、2008年、順天堂大学医学部附属順天堂医院に、不安を抱えた患者と家族に対話を通して支援する、予約制・無料の個人面談を目的とする「がん哲学外来」を開設した。  同外来では、医師とがん患者、家族が30分~1時間対話をし、人生観やがんに対する姿勢を考え、治療を妨げるような要因の解消を目指す。  「科学としてのがんを学びながら、がんに哲学的な思考を取り入れていく」というのが基本コンセプトである。  樋野氏らが展開するもう一つの活動が「メディカルカフェ」である。「がん哲学外来」のグループ版とも言えるもので、医療者と複数の患者がテーブルを囲み、お茶を飲みながら対話をする。  現在、「がん哲学外来」と「メディカルカフェ」は全国約180カ所以上で開設、教会や企業など地域の有志による運営、病院での常設など、開設場所はさまざまである。――」の掲載文章が 送られて来た。「アスベスト・中皮腫外来」(2005年)―>「がん哲学外来」(2008年) の 時の流れを痛感する日々である。  『福岡ホスピスの会 がん哲学外来「ぬくみカフェ」 』代表:柴田須磨子 氏から「書店に行きました。樋野先生の本がいっぱいでした!」(添付)の、激励の写真が送られて来たことが、鮮明に蘇って来た。  『「to do」より「to be」そして、「自分の力が 人に役立つと思うときは 進んでやれ」』(新渡戸稲造)の 「実践の学びの日々」である。

第117回「心に咲く花会」『樋野動物園テーマソング』〜 視野の広さを持って、優雅に かつ 力強く〜

第117回「心に咲く花会」

『樋野動物園テーマソング』〜 視野の広さを持って、優雅に かつ 力強く〜

順天堂大学で、Zoom<大学院特別講義> 『発がん機構』を行なった。  学生からの『「コロナ時代」における「がん患者との面談のあり方」』の質問には、大いに感激した。  コロナ時代、「対面的に 人と人の繋がり」を求める声も多数 寄せられている。

昨日(2020年11月7日)、東村山市(東村山市 市民ステーション「サンパルネ」コンベンションホールに於いて)での、{『樋野動物園』1周年記念誌 ~「個性と多様性」~ 出版記念シンポジウム}の 特別講演『 役割意識と使命感 〜 「新しい自分の発見 & 他人の理解が深まる」〜』 に赴いた(添付)。  東村山市の健康増進課の方も、聴講されていたとのことである。  筆者の講演の前に、「歌のプレゼント『樋野動物園テーマソング』を、田島玲子 氏(クラシカルクロースオーバー歌手)が、熱唱された。 まさに サプライズであった。  会場には、「品性と格調」が 醸し出されました。  早速「昨日は 大変お世話になりました。 樋野先生とお目にかかる事が出来まして 大変光栄でございます。  先生の作られた詩は 読む度に心に響きました。ーーー 歌うのは難しかったのですが 素晴らしい曲を 私が歌わせていただきました事に感謝です。 視野の広さを持って、優雅に かつ 力強く! 益々精進して参りますので、今後ともよろしくお願い致します。」の 心温まる お言葉を頂いた。 また、参加者から、『昨日はありがとうございました。先生の特別講演は 久しぶりに拝聴して とても分かりやすく 心に刻むことができました。  先生に 私が先月28日に出版した「お母さんつばめの日記」贈らせていただきます。  この本の裏表紙に 田島玲子さんの「陽の光」という曲が QRコードをクリックすると聴こえる工夫をいたしました。  是非「ほっとけ ほっとけ」も先生の著書に QRコードをクリックすると 聴こえるようにすると よいかとおもいます。』の 励ましのメールを頂いた。  いよいよ CD販売の歴史的到来の予感がする。  実現したら、歴史的快挙である。  これこそ、「冗談を実現する胆力」の実践では なかろうか!

第116回「心に咲く花会」『未来に生きる君たちに』〜「人生の特別ゼミナール」〜

第116回「心に咲く花会」

『未来に生きる君たちに』〜「人生の特別ゼミナール」〜

長野県大町市にある青木湖(「青木湖学問所」)に、お住まいの南原実 先生(東京大学教養学部 名誉教授)の娘さまより、『南原実回想文集』が届いた。  筆者は、「南原実 先生との出会い」で、寄稿させて頂いた。  南原実 先生  (1930年11月12日〜2013年11月12日) が逝去され、7年が過ぎた。  「南原実 先生の父」は、東京大学総長を務めた「南原繁(1889-1974)」である。  「青樹簗一」の名で、アメリカの海洋生物学者:レイチェル・カーソ(Rachel Carson 1907-1964)の『沈黙の春(Silent Spring)』(1962年)を翻訳された(1974年)。

以前、地球規模保健課題推進研究事業(国際医学協力研究事業)の「環境ゲノミックス・疾病専門部会」に参加する機会が与えられた。  放射線、アスベスト、粉塵などの「環境発がん」について静思する時であった。  「環境問題のバイブル」と言われる、レイチェル・カーソの『沈黙の春(Silent Spring)』を翻訳された「南原実 先生 との出会い」は、「南原繁没30周年記念事業」でスタートした「南原繁研究会」(2004年) 以来、毎年、wifeと一緒にお逢いして、夕食をしながら、親しい深い学びの時が与えられた。 「見識が広く」、「見識の高い方」であり、まさに、筆者にとっては『未来に生きる君たちに』(南原実 著)の貴重な得難い「人生の特別ゼミナール」の時間であった。  『沈黙の春』の最終章「べつの道」の「私たちは、いまや分れ道にいる。」、「どちらの道をとるか、きめなければならないのは私たちなのだ。」は、『がん哲学外来』の原点にもなった。

「南原実 先生」は、東京と長野、秋田にも、それぞれ居を構えておられた。  「南原実 先生」の肝いりで、秋田にて「メディカルタウンのミニシンポジウム」を開催された。  秋田県の北秋田市の阿仁公民館で「これからの医療を考える―がんになってもがんで死なない」シンポジウムに招かれた。  地元の特性をどう活かしていくか、まさに「地方(ぢかた)学」の実践である。  筆者は『がん哲学外来』のタイトルで講演の機会を与えられた。  会場は満員の盛況であった。  忘れ得ぬ人生の良き想い出である。  「時の流れ」を感ずる今日この頃である。  いつか、長野県の『心に咲く花会』の皆様と青木湖を訪問したいものである。

第115回「心に咲く花会」『日本メディカルヴィレッジ学会』〜 「事前の舵取り」 〜

第115回「心に咲く花会」

『日本メディカルヴィレッジ学会』〜 「事前の舵取り」 〜

『昨日の、淀橋カフェで録音しました「樋野動物園」テーマソング。  皆さんに聞いてもらいました。  歌いやすく、癒されるメロディーと大好評です。  冗談が小冊子、歌でびっくりされてます。「冗談を本気でやる胆力」ですね。』との励ましのメールを頂いた。

今週末は、第3回『日本 メディカル ヴィレッジ 学会』(福岡県八女市の於いて)と『福岡ホスピスの会』に赴く(添付)。  第1回『日本 メディカル ヴィレッジ 学会・生涯活躍のまち』共催シンポジウム(奄美群島 伊仙町長 大久保明 大会長)は、「徳之島交流ひろば ほーらい館」に於いて開催された。  筆者は、本学会の理事長として基調講演『「がん患者と共に、その心のケアと哲学」〜 メディカルヴィレッジは徳之島だった〜』の時が与えられた。  第2回『日本 メディカル ヴィレッジ 学会』は、2019年10月19日長野県小諸市で開催された。『日本メディカルヴィレッジ学会』は、がんなどの病を抱えた患者 さんやそのご家族が、最期まで 安心して暮らすことの出来る場所(Medical Village)を地域に創り出 すことを目的として設立された。  さまざまな病を抱えた方々、高齢の方々などが 心安らかに暮らせる場所とは、どのような環境であろうか?  人が生きる目的を持ち、自分の居場所を見出し、 自身の人生を大切に生きることができる場所。  そんな営みをサポートするためには、ひとつの村、すなわち「地域の協働体 = 1人の人間を癒すに は、1つの村」が必要であろう。

人間は、自分では 「希望のない状況」であると思ったとしても、 「人生の方からは期待されている存在」であると実感する深い学びの時が与えられている。  その時、その人らしいものが発動してくるであろう。  「希望」は、「明日が世界の終わりでも、 私は今日りんごの木を植える」行為を起こすものであろう。  「自分の命より大切なものがある」ということを知ることは、「役割意識 & 使命感」 の自覚へと導くのであろう。  「練られた品性と綽々たる余裕」 は 「Medical Villageの真髄」である。  「責務を希望の後に廻さない、愛の生みたる不屈の気性」が「人生の扇の要」の如く甦る。  「ビジョン」 は人知・思いを超えて進展することを痛感する日々である。「目的は高い理想に置き、それに到達する道は臨機応変に取る べし」(新渡戸稲造)の教訓が今に生きる。  『日本メディカルヴィレッジ学会』の存在の時代的意義は、ここにあろう。  『日本 メディカル ヴィレッジ 学会』は、 まさに、「意志の共鳴」 である。  人間の尊厳に徹した医学・医療の在り方を考え、「潜在的な需要の発掘」 と 「問題の設定」 を提示し、「医学 ・ 医療 ・ 教育 ・ 研究」 に「新鮮なインパクト」 を与えることが『日本 メディカル ヴィレッジ 学会』の使命であろう。「日本 メディカル ヴィレッジ 学会」は、人類の進むべき方向の「事前の舵取り」ともなろう。

第114回「心に咲く花会」「世界は どこへ行く」〜 ブレない人物の訓練 〜

第114回「心に咲く花会」

「世界は どこへ行く」〜 ブレない人物の訓練 〜

2020 年10 月17 日(土)13:00~15:00 東京大学ホームカミングデイ(オンライン開催)『南原繁セミナー「世界は どこへ行く」』(主催:南原繁研究会; 学士会館に於いて)に出席した。  『―― 南原繁の講演を聞いて ―― 南原繁が、1969 年に、富山県立小杉高等学校 創校50周年記念講演会で話した「世界は どこへ行く」という 講演録音テープが昨年発見された。  著作集未収録の講演。  このテープの一部を 参加者の皆さんと共に聞いていただいて、明治学院大学 国際学部教授 高原孝生先生に、南原繁の国際政治組織論も加えて、軍縮、非核、国連問題、朝鮮半島問題など、50 年後の今日における問題の解決のために、南原繁の見解が どう活用されるのか、論評していただく。』と謳われている。  南原繁の生の声を 拝聴出来たことは、大変貴重な機会となった。  筆者は、南原繁研究会の代表として、「閉会挨拶」で、『「時代を動かすリーダーの 清々しい胆力」 としての 「人間の知恵と 洞察とともに、自由にして 勇気ある行動」(南原繁 著の「新渡戸稲造先生」より)』を語った。  「いつもと 変わらず ブレない人物の訓練」こそが、「コロナ時代」の心得となろう!  日々勉強である。 

その後『リレー・フォー・ライフ・ジャパン 東京上野 2020』主催のZoom講演「がん哲学外来 ~『寄り添う』 と 『支える』の違いとは ~」(日本対がん協会に於いて)に赴いた(添付)。  真摯な質問もあり、本当に充実した時であった。

長野県では、NHK厚生文化事業団主催で、『がんオンラインフォーラム 〜「がんと生きる」〜』が、企画されたようである(添付)。(https://www.npwo.or.jp/wp-content/uploads/2020/10/dc7ab596b021064b139b89ae82c8ee26.pdf)。  「松本がん哲学みずたまカフェ」代表:齋藤智恵美(パンダ🐼)氏も、パネリストして登場されたとのことである。  『いきるを包む』冊子にも 大きく取り上げらている(添付)。  精力的な活動には、ただただ感服である。  まさに、下記の3か条の実践ではなかろうか!

1)間断なき努力は進歩の要件

2)自分の力が 人に役に立つと思うときは 進んでやれ

3)意志は人なり

第113回「心に咲く花会」「一貫して流れる不思議な旅」〜 日常の行動 〜

第113回「心に咲く花会」

「一貫して流れる不思議な旅」〜 日常の行動 〜

今日は、台風14号で、大雨の中、菊名での講演に向かう。  最近、筆者は、『がん病理学者の社会貢献』 を静思する日々である。  [『がん病理学』 は「がん」に関しての学問で、 『形態』 、 『起源』、 『進展』などを追求する学問分野である。  当然がん研究者だけのものでなく、一般社会の人々の為の学問でもある。  がん病理学者が『がん』 をどの様に考えるかは、とても大切なことである。  なぜなら『がん』に対する概念が 世界観、人生観、ひいては日常の決断や行動をも時には決定するからである。  「がん」の『起源』 と『進展』を学ぶことは、ある意味では人生の意義と目的の『静思』 へとも導くものと考える。  これこそ、『がん病理学者の社会貢献』 である。]を 学生講義、講演で、いつも語っている。

筆者は、以前、勝海舟(1823 – 1899) の屋敷があった赤坂で、講演『勝海舟の胆力 〜 がん哲学外来の心得 〜』に 呼ばれた。   母を亡くして 悩んでいるクララに対して、勝海舟の奥さん(たみ)の言葉;『悲しい時には 私達の所へいらっしゃい、一緒に泣きましょう、そしてあなたが 仕合せな時には 一緒に笑いましょう。  さあ勇気をお出しなさい、—— これから先の長い年月のことは考えず、今日という日以外には 日がないと思って ただ毎日をお過ごしなさい』は、「訪れる人を 温かく迎い入れる = がん哲学外来・カフェ」の原点でもあろう。

筆者の夢は、勝海舟を座長にして、天国で、「がん哲学外来・カフェ」を開催することである(添付)。  これが、「根底を一貫して流れる。長くも不思議な旅」ではなかろうか!

第112回「心に咲く花会」『向き合い方のヒントを探ろう』 〜 『がん哲学学校』

第112回「心に咲く花会」

『向き合い方のヒントを探ろう』 〜 『がん哲学学校』

岐阜県難病団体連絡協議会での講演『病との向き合い方のヒントを探ろう 〜がんの哲学外来から 〜』に招待された(添付)。  会場(岐阜大学サテライトキャンパス)で、偶然にも 岐阜大学医学部の教授 宮崎龍彦 先生に、面談が出来た。  懐かしい想い出となった。  講演会では、それぞれの難病を抱えられている皆様から、多数の真摯な質問があり、大いに感動した。  筆者の『明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい』(幻冬舎)を持参された出席者もおられ、直接お話も伺い、本当に充実した時であった。  名古屋駅の新幹線の乗り場では、また、偶然にも、静岡県立静岡がんセンター総長 山口 建 先生にお会いした。 今回の「岐阜の旅」は、不思議な、出会の連続であった。岐阜駅の『黄金の織田信長の像』を見て、以前に「織田信長記念 がん哲学外来@カフェディアス」に参上したのが、鮮明に思いだされた。  岐阜県には、他にも、『がん哲学外来メディカルカフェ@東美濃「ぬくたぁカフェ」』、「がん哲学外来 つむぎの路 おおがき」、「旬を生きる・惣沼カフェ」が、開催されているようである。 帰りの新幹線の中で、『樋野興夫のがん哲学学校のコーナーをお送りします。ゲストは、メディカルカフェほとり代表・ こいずみ耳鼻咽喉科医院院長の小泉さおり先生。 進行は、樋野興夫先生(順天堂大学名誉教授)、大橋とき子さんです。』の連絡を受けた(添付)。 小泉さおり 先生のお話には、 大いに感激した。 「樋野動物園」の「勇ましき ナルニアのネズミ」を彷彿した。

第111回「心に咲く花会」『「樋野動物園」出版記念 シンポジウム』 〜 「速効性と英断と胆力」 〜

第111回「心に咲く花会」

『「樋野動物園」出版記念 シンポジウム』 〜 「速効性と英断と胆力」 〜

筆者は、都内の「がん哲学外来」、「病理診断」を終えて、「樋野動物園」(2019年10月13日開設)1周年記念誌(添付)の「出版局:阿部友香(🦊)、森尚子(🦍) 、大弥佳寿子(🐑)、三国浩晃(🐅)」による 編集会議に出席した。「樋野動物園」には、 現在 約90匹(人)が入所とのことである。 驚きである。『「樋野動物園」のテーマソング』制作も進められ、 既に、筆者は作詞を終えた(下記)。 現在、作曲家の募集中とのことである。『「樋野動物園」出版記念 シンポジウム』の開催も、11月7日に決定された(東京に於いて)。 皆様の「速効性と英断」には、ただただ感服である。 まさに、歴史的大事業で、これこそ「冗談を本気でする胆力」の人生の修練の場となろう!

第110回「心に咲く花会」「メデイカルカフェほとり」1周年記念講演 〜 真摯な、熱意と情熱 〜

第110回「心に咲く花会」

「メデイカルカフェほとり」1周年記念講演 〜 真摯な、熱意と情熱 〜

今年も、東久留米市立第二小学校6年生(3クラス)の『がん教育』の授業の機会が与えられた。 昨年の授業の模様は、『がん哲学のレッスン』(かもがわ出版)に 記載されている(添付)。 今年も、生徒からの真摯な、純度の高い質問には、大いに感動した。 赤羽根智校長、担任の 神永雅人先生、植木彩乃先生、藤沼明子先生の熱意と情熱には感服した。 『がん教育』の「東久留米市モデル」が、高らかに、提案される予感がする。 来年は、市民公開シンポジウムが、企画されることであろう。

『メデイカルカフェほとり』1周年記念講演会に赴いた(東京カベナント教会に於いて)(添付)。『メディカルカフェほとり』代表:小泉さおり 先生(こいずみ耳鼻咽喉科医院 院長)が主催された。『天空デイサービス 万座』ニュースレター第2号のニュースレターには『「診療所 in 万座」開設 〜 Medical Village構想を夢見て 〜』を 寄稿された。 今回『天空デイサービス 万座』の議長:市村 雅昭 氏が、万座から参加され 大いに感激した。 筆者は、講演で、小泉さおり 先生のラジオ日経の10月2日の番組放送と「樋野動物園」1周年記念誌の「勇ましきナルニアのネズミ」も紹介した。

2020年11月20〜23日「樋野先生と行く北海道 函館・札幌・小樽の旅」(Go To トラベル事業支援対象)が、企画されるようである。 新渡戸稲造『武士道』発行120周年記念/ 新渡戸稲造 国際連盟事務次長100周年記念/ 新島襄 没 130周年記念/ 内村鑑三 没 90周年記念と 謳われている。筆者は、講演『クラーク、新島襄、内村鑑三、新渡戸稲造を学ぶ旅』の機会が与えられるとのことである。 本当に実現したら、歴史的快挙となろう!

第109回「心に咲く花会」 『宇宙で花を咲かせる』〜 不思議な人生の流れ 〜

第109回「心に咲く花会」

『宇宙で花を咲かせる』〜 不思議な人生の流れ 〜

この度、『天空デイサービス万座』ニュースレター 第2号『宇宙で花を咲かせる』が、発行された(添付)。 特別寄稿『「診療所 in 万座」〜 Medical Village構想を夢見て 〜』:小泉さおり 医師 (メデイカルほとり代表)、議長:市村雅昭 氏、雑用長:森尚子 氏、 編集長:齋藤智恵美 氏の文章には感動した。 筆者は『種と畑 〜 地上と高地でのヒトの健康寿命 〜』について寄稿した(添付)。この度『聖書とがん』が出版される運びとなった(添付)。『聖書とがん』は、3部構成からなり 第3部には『心に咲く花会』のブログが抜粋され 下記の目次で、記載されている。

第一章 種を蒔く人

第二章 ユーモア(You more)の実践

第三章 心の花

毎週ブログを発信してくださっている、「松本がん哲学みずたまカフェ」 代表でもある 齋藤智恵美 氏には、改めて 感謝申し上げます。

筆者は、今は廃校になった母校、島根県大社町の鵜鷺小学校の卒業式の来賓の挨拶「少年よ、大志を抱け」(1887年札幌農学校のクラーク博士の言葉)を今でも鮮明に覚えている。「一人で 静かに 一時間読書する 習慣」をつけ「内村鑑三、新渡戸稲造、南原繁、矢内原忠雄」の全集を読みあさったものである。 その後「がん哲学」の提唱へと導かれた。 さらに「陣営の外=がん哲学外来」へと展開した。「視野狭窄にならず複眼の思考を持ち、教養を深め、時代を読む」&「目的は高い理想に置き、それに到達する道は臨機応変に取るべし」(新渡戸稲造)の教訓が 今に生きている。 不思議な人生の流れである!

第108回「心に咲く花会」『がん教育の推進』~ 『樋野動物園』出版局の設立 〜

第108回「心に咲く花会」

『がん教育の推進』~ 『樋野動物園』出版局の設立 〜

2人に1人が がんになる時代を迎え、文部科学省は 新学習指導要領に『がん教育』を明記し、「2021年度から中学校、高校での授業を本格化させる。」と謳われている。 今日(2020年9月5日)は、文京区教育員会 教育推進部教育センター『がん教育の推進』事業の依頼で、文京区立 根津小学校での、6年生対象の授業『がん教育』に赴いた。 「1)病気になったとき、人はどのように感じ、何を考えますか?  2)家族は、どのように患者さんを 支えることができますか?  3)周りの人は、どのように患者さんを 支えることができますか?  4)人の支えは、患者さんに、どのような効果をもたらしますか?」 を語った。 講演後、多数のレベルの高い、真摯な質問があり、大いに感動した。 校長先生、副校長先生、担当の先生の、心温まるおもてなし には、ただただ感謝である。 文京区教育員会 教育推進部教育センターの指導主事も聴講されていた。 大変、充実した時であった。  「1)人の欠点を指摘する要はない 人のあやまちは語るには足りぬ  2)理由があっても腹を立てぬこそ 非凡の人  3)心がけにより 逆境も 順境とされる」も 述べた。  また、「個性と多様性」の意義を『樋野動物園』を示しながら具体的に説明した。  資金ゼロの、バーチャルな [『樋野動物園』出版局]の設立が予感される(事務局長:🐹  編集長:🐼  広報部長:🐏  雑用部長:🦍  財務部長:🐘  渉外部長:🐅  総務部長:🦊」)。 そして、新刊:[『樋野動物園』1周年記念 冊子] (編著:阿部友香、森尚子、大弥佳寿子)  さらに 新刊:『勇ましき ナルニアのネズミが語る 医療』(著者:小泉さおり)が、[『樋野動物園』出版局]から、発行されるのでは なかろうか!  『がん哲学外来さいわいカフェ in 茨城・筑西』代表:海老澤 規子 氏からは、ニューモア溢れる カレンダーが送られて来た(添付)。大いに感激した。

第107回「心に咲く花会」『天は開いている ~ Medical Village (診療所、訪問看護、介護施設)〜』

第107回「心に咲く花会」

『天は開いている ~ Medical Village  (診療所、訪問看護、介護施設)〜』

『天空 デイサービス 万座』ニュースレター 第2号『宇宙で花を咲かせる』が、齋藤智恵美 編集長のアイデアで、9月発行される。 乞うご期待である。  筆者は、『種と畑 〜 地上と高地での ヒトの健康長寿 〜』のタイトルで 寄稿する機会が与えられた。 思えば、『2020年メデイカル・ヴィレッジ in 嬬恋村 がん哲学外来カフェin 万座 樋野先生 お誕生日 (3月7日) お祝い会「がんと生きる言葉の処方箋」出演者 懇親会』(万座温泉 日進舘に於いて)に参加した時、 標高約1800メートルでの『Medical Village構想』で、大いに話しが盛り上がり、創刊号:春号発行(2020年5月)の運びとなった。 議長:市村雅昭 氏 施設長:齋藤智恵美 氏、 雑用長:森尚子 氏である。 不思議な出会いである。

筆者が、最初に万座に行ったのは、1998年であろうか!?  その時の夢は、万座 Medical Village  (診療所、訪問看護、介護施設)構想であった。 今年の12月26日、27日、万座で、「新島襄 没130周年、内村鑑三 没90周年、新渡戸稲造 国際連盟事務次長 就任100周年」記念講演会が、企画されている。 合わせて、「診療所 in Medical Village 万座」 開設記念講演会が開催される気配がする。 本当に、実現したら、歴史的大事業となろう! 来年は、今年の記念講演会を踏まえて『日本を変える ~ 万座温泉 〜』の出版であろうか!?  タイミング良く、丁度「がん哲学外来さいわいカフェin茨城・筑西」代表の 海老澤規子 氏から 絵葉書が送られてきた(添付)。 まさに、「八方塞がりでも 天は開いている」の実践であろう!

第106回「心に咲く花会」「生きる価値観」 〜 「山の上の一本杉」 〜

第106回「心に咲く花会」

「生きる価値観」 〜 「山の上の一本杉」 〜

筆者のブログを拝読された、北海道在住の方から、下記のメールが届いた。『米中対決や コロナ騒動を始めとして なんだか腰高な世の中になっておりますが 変わらずの先生の構えには 吉川英治の宮本武蔵の結語「波騒は世の常である。 波にまかせて、泳ぎ上手に、雑魚は歌い雑魚は踊る。 けれど、誰か知ろう、百尺下の水の心を。 水のふかさを。」を 感じますが、孤高の境地を求める求道者武蔵ではなく 先生のような伝道者は孤高であってはならないのでしょう。 代表的日本人は 日本精神かくあるべしと 最晩年の枕元に置く精精選の30冊の中に入れるべき名著ですね。』との、激励のメールを頂いた。

また、都内在住の方からは、「コロナ禍になり、人と直接会って話せるのは とても貴重な事だと感じています。 Web開催のカフェが良い方、直接会って話したい方と、カフェを選べる時代になりましたね。 先生のさりげない優しさは、直接面談された方たちにこそ 伝わると思うので、―― 感染症対策をしっかりして 開催される事が大切だと感じています。」との心温まるメールを頂いた。

 日曜日の午後は、定例の『東久留米がん哲学外来・カフェ』&『読書会』である(添付)。 2007年から 新渡戸稲造 著『武士道』と内村鑑三 著『代表的日本人』を交互に 音読会を行っている。「内紛、外圧、生きる価値観の喪失」が 漂うコロナ時代、「意識改革」と「視野の広がり」を持ち、『「孤立した 山の上の一本杉」ように「強い風当たりの中で 生きる」』の訓練・実習の時では なかろうか!

第105回「心に咲く花会」「ユーモアを持って、冗談を 本気で実現」 〜 10年後、30年後に分かる 〜

第105回「心に咲く花会」

「ユーモアを持って、冗談を 本気で実現」 〜 10年後、30年後に分かる 〜

福井県済生会病院の『メデイカルカフェ10周年記念式典』のニュースレターが 大変好評のようである(添付)。『この度は 福井県済生会病院メディカルカフェ10周年記念に たくさんのメッセージを贈って下さり、ありがとうございました。 先生からのメッセージスライドを 参加された皆さん、食い入るように 見られていました。 特に、樋野動物園に「私も樋野動物園に入りたい」と 興味を持たれた方が 多かったように思いました。 樋野動物園、どこまでも 大きくなりそうですね。』、『「がん哲福井三姉妹」との命名、ありがとうございます。 さて、樋野動物園での希望動物名ですが、私以外にも動物園に入りたいスタッフ、カフェ参加者さんがおりますので、皆様にも希望を聞いてみたいと思います。』とのメールを頂いた。 驚きでもあり、喜びでもある。「樋野動物園」管理人(森🦍)からは、『「樋野動物園」新しい仲間の入園、楽しみです。』の 心温まるコメントと 写真が送られて来た(添付)。

思えば、福井県済生会病院のカフェの名称は、「浅井三姉妹記念 福井がん哲学外来」で、NHK大河ドラマ(2011年)に由来する。 その時代を いかに、「ユーモアを持って、冗談を 本気で実現」したかは、10年後、30年後に分かることを、実感する日々でもある。 まさに、『いい覚悟で生きる』(小学館)、『種を蒔く人になりなさい』(いのちのことば社)の実体験である。 この度、60歳以上の高齢者向けの講演『種を蒔く人 〜 偉大なるお節介 〜』を中野区で依頼された。 本当に 不思議な出会いの連続である。

第104回「心に咲く花会」 ニューモア溢れる「堅忍不抜の精神」 〜 成就の要件 〜

第104回「心に咲く花会」

ニューモア溢れる「堅忍不抜の精神」 〜 成就の要件 〜

日本対がん協会の中村智志 氏から「大弥さんのお話を伺い、また東村山のカフェに参加して、地域のカフェの意義を再認識しました。 お茶の水のような大きなカフェの良さとも一味違う、少人数ゆえに実現できる世界がありますね。 東京・東村山で『がん哲学外来メディカル・カフェ』を主宰する大弥佳寿子さんが 乳がんと告知されたのは、1999年。夫と幼い息子2人と暮らしていた中東のカタール・ドーハでのことでした。 出国直前の検査では「異常なし」だったのになぜ? — 再発転移を経て21年。 フルコースの治療を受けながら、がんとの向き合い方が変わっていき、誰もが集えるカフェを開きます。 汲み取れることがいっぱいの物語はこちらです。」とのお知らせを頂いた。 大いに感動した。祝賀会を開きたいものである。

また、福井県済生会病院の宗本義則先生から、「本日、メデイカルカフェ10周年記念式典を おこないました。  コロナの影響で 大々的にはできませんでしたが、皆喜んでいました。 樋野先生のスライド、ニュースレター、-――などしました。 コロナがなければ 先生に福井まで来ていただこうと思っていましたが残念です。 福井新聞・日刊県民福井の2社の取材がきました。」との 心温まるメールを頂いた。 ニューモア溢れるニュースレターも送って頂いた(添付)。ただただ感服である。 今回、「事に就きては 脇目もせぬこと 堅忍不抜の精神は成就の要件」(新渡戸稲造)『「堅忍」は意志がきわめて強く、じっと堪え忍ぶこと。 我慢強いこと。「不抜」は固くて抜けない意。』が 鮮明に蘇ってきた。人生学びの連続である。

第103回「心に咲く花会」『ゴリラ・サル・パンダ症候群』 〜 温かく迎え入れる 〜

第103回「心に咲く花会」

『ゴリラ・サル・パンダ症候群』 〜 温かく迎え入れる 〜

今週も、順天堂大学で、120名の出席でZoom授業を行った。 前半の『病理学概論』(90分)では、今回は「感染症」、「腫瘍」のテーマの講義であった。先週のクラスの120名の「課題レーポ」も拝読した。 学生の真摯な態度と回答には、大いに感激した。 後半の『がん医療科学』(90分)では、『楕円形のこころ 〜 がん哲学エッセンス 〜』を 音読し質問を受けながら進めた。 最近の「安楽死」の話題も含め、人生に関する質問も多数あり、有意義であった。

国立リハビリテーション学院での『病理学』の授業に赴いた。 今回は、「感染症」、「炎症」、「腫瘍」のテーマであった。 学生の真摯な姿には、感動した。 卒業したら、障害者のリハビリの職業に就きたいとのことである。まさに、「訪れる人を 温かく迎え入れる」心構えの学習の時であった。

この度、『ゴリラ・サル・パンダ症候群』が、指定されたようである(添付)。「ゴリラ = 無頓着な程に大胆、サル = ハンサムウーマン、パンダ = 小さなことに 大きな愛をこめる」 とのことである。 大いに感動した。また、『三角形の「重心 = 信じる心(空っぽの器)・ 内心 = 自分を見つめる心(内側を支える)・ 外心 = 他者を見つめる心(外側を支える)」』 も 「ゴリラ🦍」から送られてきた(添付)。 まさに、「冗談を本気である胆力」で、「ユーモア(You more)の実践」であり、歴史的大事業となろう。