ヤフーニュースに掲載『小学校でのがん教育、予防知識より心構えが大事』

名古屋で開催されている日本初の子どもたちが立ち上げたがんカフェ『がん哲学外来メディカルカフェ どあらっこ』に参加したさやかちゃん(12歳)が、お母さんのがんをもっと知りたい「お母さんの応援団になる!」と夏休みの自由研究でがんについて30ページに及ぶ大作を書き上げたことを紹介。記事の中で、樋野先生も『がん教育』について語られています。

『小学校でのがん教育、予防知識より心構えが大事』

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です