第14回『一億本の向日葵』 ~ヤドリギから学ぶ~

第14回『一億本の向日葵』

~ヤドリギから学ぶ~

ヤドリギ

 

「松本がん哲学みずたまカフェ」を開催する際に、よくお借りしている「あがたの森文化会館」は、ヒマラヤ杉に囲まれた「あがたの森公園」内にある重要文化財「旧松本高等学校」校舎を保存しながら、市民の教育文化活動に活用している施設である。とても趣のある建物で、「がん哲学カフェ」を行うのには、ぴったりだと感じている。いつもお借りする2階の部屋の窓は昔ながらの木製の大きな窓で、そこからは公園内の木々を眺めることが出来る。この季節になると、木々の葉っぱは落ち、少しもの寂し気な雰囲気になるが、ところどころに『ヤドリギ』を見つけることができる。大きな木に半寄生しながら生長し、木々全体が弱々しく見えるこの時季に独特の存在感を放ち、青々と球を描くその姿に、子どもの頃は何だか怖さを感じていたが、大人になり改めて意識をしたヤドリギは別の視点を与えてくれた。昨年の冬に、一人の参加者の方が落ちていたヤドリギの枝を持ってきてくれたことから、松本がん哲学カフェでも話題に上がり、話はヤドリギの寄生からカッコウの托卵にまで及んだ。「人間の社会は、ヤドリギの寄生やカッコウの托卵のような行為に対してあまり寛容ではない。」「もしその生態的宿命を背負ったヤドリギやカッコウに正論をぶつけてしまったら、きっと生きるすべを失ってしまう。」「自然界ではその特徴がそうあるものとして、ありのまま受け入れられている。善悪を判断しているのは、人間だけ。」そんな風に話が進んだ。“寄生される側の負担”“托卵時に自分の生んだ卵を落とされ、別の卵を託される側の苦しみや悲しみ”ばかりに気をとられていた私にとって、自分の持つ“正しさ”に疑問を持つきっかけとなった。樋野先生が伝え続けて下さっている「正論より配慮」。自分の価値観を一度傍らに置き、俯瞰的な目で見ることが、配慮への第一歩だと改めて感じた。今後も「正論より配慮」への視野を広げ、学んでいきたい。

 

ちなみに・・・

ヤドリギは12月24日の誕生花。花言葉は、氷雪の中でも緑を保つという特徴から「忍耐」「困難に打ち克つ」「克服」、ロマンチックなものだと「キスして」もあるとのこと。

実は素敵なヤドリギ。今度木の下を通るときには、何だか温かなものを受け取れそうです。

ひまわり担当🌻斉藤智恵美

2件のコメント

  1. 第14回のコメントを2019年の4月12日にさせていただきます。
    実は、スペイン人児童文学作家の パッチ ズビザレタ氏 という日本では聴き慣れない
    名前の「読み聞かせや語りが好きで 小学校を訪問しながら作品を書いている」男性作家
    がいます。彼の作品(バスク語とスペイン語 他の言葉にも訳されている)の中に 第14回でヤドリギと並記されているカッコウの托卵 をテーマにしたものがあります。

    その作品は、小学生以上 きっと斎藤さんの息子さんぐらいを想定して書かれています。
    私は、今までは大学でスペイン語を教えていました。そのかたわら、児童向けの本作品を訳して出版社に原稿を見せましたが日本での出版は無理だと断られました。
    今年は、自分の娘の「血小板の急激な減少」という症状のために大学もやめて八ヶ岳伝道所での講演に参加しました。そこで斎藤さんの姿を拝見しました。
    そしてブログを読ませていただいたというわけです。

    なぜやどりぎや カッコウの托卵に興味を持ったかというと、スペインの作家は カッコウの托卵と似た状況を 外国からの避難民に絵本で例えたのでした。
    日本の小学生には、理解できにくいテーマだからと断られた「理由」です。
    癌と同じく、それに見舞われた関係者にとって 托卵された側の気分にしかなれない。
    しかし托卵する側にも それなりの理由があったのだ と絵本は、外国の避難民の立場を
    カッコーの托卵にたとえて訴えようとします。

    絵本の中での話だけだと 私は思っていたのに、斎藤さんが そのことを私に 「いや、
    それだけじゃないですよ」と教えてくださったので 私も驚いております。

    この絵本をお見せしたいのですが、会うご都合を伺ってもよろしいでしょうか。
    私は山梨県在住です。この土曜 日曜は、復活祭の前に相当します。月曜から水曜までは
    ヴェトナム人に日本語を教えております。
    明日の土曜日は動けます。その後では、来週の木金土 以降になりますが
    ご都合はいかがですか?

    1. 佐藤美智代様

      こんにちは。先日は八ヶ岳伝道所での温かなひとときをありがとうございました。素敵な空間でしたね。ホームページの「一億本の向日葵」をヤドリギの記事まで遡って読んで頂いたことに、とても感動しております。ありがとうございます。お嬢様のご病気でとても心を痛めていらっしゃると思います。八ヶ岳カフェでの分かち合いの時間が、佐藤さまの一助となりますように。そしてお嬢様のお体が少しでも回復されますことを心より祈っております。

      佐藤さまが翻訳されたスペイン人児童文学作家の パッチ ズビザレタ氏のご本、ぜひ一度読んでみたいと思いました。今月20日㈯の八ヶ岳メディカルカフェにもお邪魔したいと思っておりますが、佐藤さまは参加されますでしょうか?もしよろしければ、その時にお会いできましたら、とても嬉しく思います。

      齋藤智恵美

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です