第100回『一億本の向日葵』~二つとしてない、同じ花~

第100回『一億本の向日葵』 ~二つとしてない、同じ花~ 約2年前の2018年9月に開設したこの「心に咲く花」会のHP。開設と同時に、始まった樋野興夫先生のブログ「心に咲く花会」、それを追いかけるように始めた「一億本の向...

第98回『一億本の向日葵』~自分だけのいのちの音~

第98回『一億本の向日葵』 ~自分だけのいのちの音~ 2014年の7月に乳がんの診断を受けた時、私の頭の中に一番最初に浮かんだ言葉は、「よし、もっと幸せになろう」でした。がんの診断に対してショックというよりは、おっとっと...

第78回『一億本の向日葵』~今思い出すこと~

第78回『一億本の向日葵』 ~今思い出すこと~ ともだちって かぜがうつっても へいきだって いってくれるひと。 ともだちって いっしょに かえりたくなるひと。 ともだちって おかあさんや おとうさんにも いえないことを...

第77回『一億本の向日葵』~AERA「時代の肖像 樋野興夫」を読んで~

第77回『一億本の向日葵』 ~AERA「時代の肖像 樋野興夫」を読んで~ 私が樋野先生と初めてお会いしたのは、2017年7月軽井沢でのことです。その月から住まいのある松本市で、がん哲学外来メディカルカフェを始めることが決...

第76回『一億本の向日葵』~その存在が明日への希望になる~

第76回『一億本の向日葵』 ~その存在が明日への希望になる~ 2月11日に名古屋にて開催された「どあらっこがん哲学外来メディカルカフェ」の3周年記念に、息子と一緒に参加させて頂きました。この日はドキュメンタリー映画『がん...

第75回『一億本の向日葵』~今ここに在るという安らぎ~

第75回『一億本の向日葵』 ~今ここに在るという安らぎ~ 先日、母の通院に付き添いました。祖母(母の母)を亡くして間もないこともあるのだと思いますが、食欲不振や震えなど、今までに見られない症状が出ていたため、受診すること...

第74回『一億本の向日葵』~ベッドサイドのがん哲学~

第74回『一億本の向日葵』 ~ベッドサイドのがん哲学~ がん哲学で語られるような対話がベッドサイドでも自然とできる社会にいつかなることを、がん哲学の活動に関わり始めた頃から、ずっと思い描いておりました。私がそのように考え...

第73回『一億本の向日葵』~平行して存在するいのち~

第73回『一億本の向日葵』 ~平行して存在するいのち~  1月25日㈯は今年最初の松本がん哲学みずたまカフェでした。暖冬と言えど冷たい風の吹く中、14名の方がカフェに参加して下さいました。あがたの森文化会館の木造の教室に...

第72回『一億本の向日葵』~祖母とのお別れ~

第72回『一億本の向日葵』 ~祖母とのお別れ~ 昨年7月に脳出血で意識不明となり、寝たきりで過ごしていた祖母が今月の15日に突然旅立ちました。小康状態であったものの、まだこの時間が続いていくと思っていた私たち家族にとって...

第71回『一億本の向日葵』~教室の机でいのちを考える~

第71回『一億本の向日葵』 ~教室の机でいのちを考える~ 今後、学校の教育現場で子供たちががんについて学ぶ“がん教育”が始まっていきます。現在は試験的にパイロット校での授業が行われている段階の地域が多いのですが、2人に1...