第26回『一億本の向日葵』 ~私にとってのがん哲学という場所~

第26回『一億本の向日葵』 ~私にとってのがん哲学という場所~ 集中的にがん治療をしていた頃から、感じていたことがありました。それは、がんと向き合う本人が、「死」について考えた時、または言葉にした時に、その内容がどんなも...